スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ヒシ食う鳥のあなるものを

新潟にある水禽天国、福島潟に来ております。
本土に台風が接近している影響で天気がいまひとつですが、
いきなりオオヒシクイやチュウヒ、ハクチョウなどが見られて大興奮。
それにレンジャーさんに案内してもらえることになりました♪
鳥、鳥と騒いでおりますが、ここは植物がものすんごいです。L師が来たら喜ぶだろうなぁ。



ミゾソバが満開♪
こんなに可愛いのにミゾの傍に生えるんでミゾソバ、、そのままやん。別名は”うしのひたい”葉っぱが牛の額に似ているかららしい、どんなんやねん。蓼科イヌタデの仲間なんでもれなく実は花びらに見えているのはガク。



カンムリカイツブリ(Great crested grabe)♪
おおおお〜〜〜グリーブ!!はぁはぁ、大興奮。

IMG_1529_20141023092657abd.jpg

ものすごく遠いところにキセキレイが居るのを発見。
左奥が普通のハクセキレイで中央のわかりづらいのがキセキレイ。腹と尻が黄色くて背中はグレーでプライマリがダークカラー、白いアイラインがはいっています。もっそいビレオ(Vireo)っぽいです。
和歌山でもキセキレイはぼちぼち見かけたのでまた証拠写真撮る機会もあるやろかい、と思っていたが結局この一枚だけ。取らぬ皮、いや、撮らぬ鳥のなんとやら(あはははは)。



オオタカ(Northern Goshawk)
やった!ジュブナイル、ヤングなゴスちゃん発見。かっちょえー。
狩りへたくそそうな感じで、いまいちターゲットを決められずそこらへんの鳥をおわえまわしておりました。

IMG_1498_2014102309265119a.jpg

さらに近いところ、畑の細い杭にたかってキョロキョロ
マヌケな姿でも、、やっぱりかっこいいゴス

IMG_1501_2014102309265296d.jpg

しつこくしつこく追いかけ回す母兵衛(笑)。
が、見られ慣れているのかあまり気にしていない様子。カメラフレンドリーな子ぉだわ。やっぱり若いからかねぇ。

IMG_1510_201410230926579ab.jpg

忘れずに潟来亭にも寄ってみた。
中には誰も居らず、、、ええんか?誰もおらんでええんやろか?と微妙にドキドキした。
外観も素敵だが、中がこれまたファンタスティックなので福島潟にお越しの際は忘れずに寄ることをおすすめします。

IMG_1509_201410230926549c0.jpg

レンジャーさんに色々質問したり、
色んな興味深いお話を伺って楽しい時間をすごしました。
なにがいちばん印象に残っているかというと、ヒシ
そう、ヒシクイ(雁)の名前はこのヒシ食う鳥ちゅうことでヒシクイ

IMG_1541.jpg

これは芽が出た後の殻です。忍術のマキビシの元になったというだけあってかなりケンチョが立っていて握ると痛いです。ヒシはホテイアオイに似た葉柄がスポンジ状になってて水面にぷかぷか浮かんでいる浮き草、といっても完全な浮き草でもなくて長い茎が底に繋がってアンカーになっているらしい。。地元紀の川でも仰山見られます。芽が出る前のヒシはけっこう美味しいそうで、通りがかりの近所のおっちゃんが「小さいころによく食べた」とおっしゃってはりました。アッサリした栗みたいな感じらしい、、それは食べてみたい(←栗好き母兵衛)。栗に似ていてこれだけぎょーさんあるんやったら、きっと地元のお菓子とか名物品にあるだろうと思い、ビュー福島潟(螺旋の福島潟ミュージアム)に戻った時に1階の受付のお姉さんに尋ねてみた。が、残念ながらヒシを使ったお菓子や食べ物は販売されていないらしい。が、そこでお姉さんが、潟来亭で茹でヒシを食べることができますよ!と教えてくださった。が、残念ながらすこし前に潟来亭に誰も居なかった旨を伝えると、直ぐに電話をかけてくれた、、
潟来亭て電話ついてたんや、、ま、そりゃそうか(笑)
すると、どうやら今まさに茹ではじめたところらしい。しかも茹でるのにかなり時間がかかるらしい。ま、間に合わんわな。丁重に御礼を言い残念だが諦めることにした。
そして、ビュー福島潟の有料スペースでライブカムを操作できるから是非やってこい、と雁晴れ舎で他のバーダーさんにすすめられていたので階上の有料ミュージアムエリアへ。展望にはスポットが設置されていて自由に使えるのと、なんといっても屋上から見る福島潟の全景はすばらしい!!それに展示や好きに見る事ができる各シーズンの潟の様子のビデオなど、非常に面白かった。

IMG_4595.jpg

オオヒシクイの実物大、リアルオオヒシクイの標準体重のぬいぐるみ。
やっぱり鳥やねぇ、哺乳類でこのサイズだと20キロぐらいになるかと思いますが、なんとたったの5キロです。ウィングスパンが140〜170センチで5キロですわ、でも猛禽なんぞに比べると重いですよねぇ、水禽。
その後、朝出会ったおっちゃんおすすめのライブカムでチュウヒや他の鳥をスポットしまくり非常に興奮した(笑)。
 満足して1階に戻り売店(かなりお店スペースが広く充実しています)でポケットタイプの福島潟の植物図鑑と越後亀紺屋の朱鷺柄手ぬぐいなどを購入(手ぬぐいコレクター、といっても眺めるわけではなく使う派)♪
御礼を言うて駐車場で車に乗り込み、さぁ、道路に出ようか、というときに
受付のお姉さんが走ってきた!

IMG_1542_20141023093752ff3.jpg

なんと茹でたてのヒシ、持って来てくれました(感涙)
出会う人、バーダーさんたち全員それはそれは親切で良い人ばっかりな新潟!
Niigata Nice!!
ヒシ、オオヒシクイ気分で直ぐに食べてみましたら、アツアツのホクホク!!これは美味い。すこーし苦みがあってそれがまた美味しい。どうやろねぇ、蒸したクワイと栗の間ぐらいか。
とても嬉しい体験でした。

1220734276.jpg

ちょっと雨が酷くなってきたので昼飯ところへ向かいます。
新潟紀行つづく
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

オオヒシクイの福島潟へ

とうとうやってきました!
台風の影響で小雨がちらほら、天気もどんぐもりですが外は歩けます。
写真的にはどもならん天気ですが、鳥見にはそないに問題はありません。



福島潟ですんよ〜〜〜〜〜♪
もーーーすばらしいラグーン、鳥が居らん筈がないというムードがもわわーんと漂っています。
ここは日本一のオオヒシクイ(Middenorff's Bean Goose)越冬地。約271ヘクタールの面積に220種類以上の野鳥、450種類以上の植物を観察することができます(もちろん季節による)。

IMG_1389_2014102304512622a.jpg

とりあえず先ず潟のほうに向かう。やっぱりこのタイプのポストが多い。
大型水禽のワタリシーズンはまだまだ先で、情報によると前日にはまだオオヒシクイ、白鳥の姿は確認されていません。
まぁ、オオヒシクイは期待せずに、ゴスなどの猛禽を見るのが主たる目的です。

IMG_1390.jpg

福島潟エリアに入ってすぐに潟来亭というよし葺の素敵な無料休憩所がある(トイレつき午後5時以降は有料)。あとで忘れずに寄る事にしよう。

IMG_1399_201410230451291df.jpg

チュウヒ(Eastern Marsh Harrier)
いきなりジュブナイルのハリアーが前方を横切りました♪
多分マーッシュハリアーで間違いないかと思われます。とりあえず猛禽を見るというミッションクリアー(あはは)。

IMG_1450_20141023045222515.jpg

雁晴れ舎(国指定福島潟鳥獣保護区管理棟)
トイレ完備(ここ重要)それに旅行者に嬉しいスポットスコープ設置!!もちろん無料で使用することできますんですよ〜〜〜〜。ものすごく嬉しいですねぇ。
雁晴れ舎の屋上にあがるとちょうど定時観察を終えたレンジャーの方が出るところで、「オオヒシクイ3羽来ました。今年初です。」と教えてもらいました♪
俄然目の色かえて気合い入れてスポットを覗きます。

IMG_1402_20141023045131c6d.jpg

鴨系水禽は残念ながらシーズン前でしょぼしょぼ、
カルガモ、マガモ、コモラント、ピンテール、ウィジョン、ユーラシアンティール、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、ショベラーなどが居ました。
まぁ、そんなに血圧上がりそうな水禽は居ない。
潟の中程にライブカムらしきものが見え、その傍に

IMG_1466_201410230515584a0.jpg

頭が白いチュウヒが居ました。かっこいー。
チュウヒ2羽目♪
さらに必死こいでスポットしつづけると、、

IMG_1478_201410230452237ba.jpg

ハクチョウが優雅に飛んでいる。
やっぱりハクチョウはでかくて白くて美しい。
この後レンジャーさんに見せたらレンジャーさんもまだ見ていなかったようで福島潟今季初ハクチョウだったようです。
更に探す探す探す

IMG_1448_20141023045132fa6.jpg

居ましたよ〜〜〜〜!
福島潟の外の民家上空っぽいですが(笑)慌ててコンデジで撮った、点みたいやけど(笑)
コンデジ画像では解りづらいですが、スポットで見たかぎり雁なのは間違い無いですし嘴がピンクではなかったのでこれはオオヒシクイなのでは!!とドキドキ。
あとからやって来た地元バーダーのおっちゃんもオオヒシクイではないかと言うてくれまして「ビュー福島潟で写真見てもらったらいいよー、認定してくれるよー。」と教えてくれました。

IMG_4599_20141023052515279.jpg

帰りに水の駅ビュー福島潟(螺旋状のガラスの建物博物館併設)に寄って、係の人に見てもらったらやっぱりオオヒシクイ。認定してもらってクイクイシールを貰いました♪。福島潟今シーズン一番でオオヒシクイ画像ゲットでした(あはははははは、点やけどな)。何処から来たのか、と問われたので正直にミネソタからだと白状しました(ぎゃはは)、色々と鳥の話に花が咲きまして盛り上がりました。すると、なんとレンジャーの方と少し歩きませんか?とのお誘いが!!
お言葉に甘えてもう一度福島潟に戻ることに(ちゅうても道向いですが、笑)
つづくー

20091025063352893_20141023045226bc2.jpg

天気は悪かったが、思いがけずオオヒシクイが見られて非常に満足!

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

トリ見のトリ食い

瓢湖!!もう楽しすぎてなかなか離れられなかったんですが、じわじわと日が陰ってきまして目がしょぼしょぼしてきました。



セグロセキレイ(Japanese Wagtail)
ワグテイルとかキャットバードとかモッキンバードとかなんかとても好きです。
すきっとして可愛いわな、声も良いし。

IMG_1294_20141022095938151.jpg

ゴミ箱まで白鳥な瓢湖、、
なんかメーテルみたいな睫毛(あはは)
オオハクチョウだろうかこの嘴の感じは、
きっとまた来るぞ、瓢湖。こんどは越冬シーズン本番と夏のビッテルンの時期に再チャレンジしたい。そして天気の良い日に(欲張り)
この時期ミネソタよりも日没が早い日本(日本は国内差ほぼ無し)時間が足りん。
暗くなって来たがまだ晩飯には早すぎるのでもう一カ所、鳥屋野というところに連れて行ってもらった。地名からして素敵。




トラフズク
ロングイヤードアウルですねぇ。ミネソタで見たら自慢できるフクロウです。たまにL師が見かけて写真を見せてくれるのが羨ましかったんですが、今回初めて自分の目で見られました、ライファー♪



トラフズク
2羽居った♪この辺には4羽居るらしいです。
楽しくフクロウや蜘蛛を観察しながらウロウロ公園を歩きまして、
丁度時間となりました。晩飯タイム

IMG_1369_20141022095941024.jpg

鳥専門店せきとり
鳥見に来て鳥を食う、、
けしからん、、(あははは、滝汗)。ベス(←超愛鳥家/愛生物家で高じてベジタリアンになった)が聞いたらどえらいツッコミを入れられると思います。もうかなり諦められていますが、いつも私の肉食を改宗させようとしています(あははははは)。とにかく鶏好き母兵衛のツボを抑えたお店〜〜〜。
せきとりさんは新潟では超人気店だそうで、後でガイド冊子を見たら載ってました。店内も超満員。

IMG_1373_20141022100121e93.jpg

とりあえず焼き鳥白(皮)と焼き鳥赤(肉と肝)の塩、スープ、それにこの店のシグナチャー料理である半身から揚げを注文。
カワうまーーーーー!!!!
で、待つ事しばし、、

IMG_1374_20141022095942164.jpg

半身から揚げ!
若鳥の半身をカレーベースのナニカをすりこんだのに衣を付けてあげてあります。
実は運ばれてくるまで”半身揚げ”という名前と写真だけで、いつも食うてる8ピースチキンの半分(4ピース分/ブレスト、シングス、モモ、ウイング各1)の量を食う事になるだろうと思っていたんですが、なんのこっちゃない、写真ではサイズがわからりづらいですが、大変小さい。プーサン(Poussin)ですねぇ。柔らかくて美味い。そしてこの衣がまた激ウマ。これなら一羽分ぐらい余裕で食えます、が、人前だったのと他に食べたいものもあったので腹5分目ぐらいを目指しました。
ごちそうさまでした♪おすすめです。
ホテルに帰りまして、またホテル近辺をウロウロして甘いものやらコーヒーを入手。デザートタイムを楽しみながら

IMG_4542_20141022100122c77.jpg

ホテルのコンシェルジュとか瓢湖でもらってきた冊子を読む。
新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里のシジュウカラがとても面白かった!次の日に別の場所で別の号も見つけて全部もらってホテルで読みました、自分のテリトリーだったら定期購読したいぐらいです。
ホテルは万代シルバーホテルで繁華街のど真ん中にあって非常に便利で雰囲気も良かったです。予約するときは喫煙部屋1室しか空いてなかったので、どうなることかと思ったんですが旅行代理店の方に禁煙室希望と伝えてもらっておいたら現地で部屋を替えてもらうことができました。嬉しねぇ。

IMG_1379_20141022095944ed9.jpg

ぐっすり眠って、朝
部屋からレインボータワーが見える。いまは動いてないらしい。
しょぼしょぼと雨が降る、、そうなんです台風が接近中。現在和歌山は暴風圏内とかなんとかでとテレビでやってましたが、新潟はそんなに影響無し。これぐらいの雨は”シャワー”ですねぇ、傘無しで全く問題のないレベルです。台風から逃げる為に新潟に来たわけではないんですが、結果的に逃げてるよな感じです(笑)。
さて、これから憧れのかの地へゴー

20091027084126fed_20141022100124a26.jpg

ぐっすり眠りましたが、相変わらず丑三つ時に起きて目がギンギラになってしまいました。新潟の夜はあっさりと平常通りなのだった(笑)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

後国、越後へ

今年の4月にミネソタに鳥見に来てくれたbiddefordさんにバーディングガイドしていただけることになりまして、越後へゴー!
突然決まったので旅館がどこもかしこも満員(ちょうどイベント中だった為ババゴミの新潟市内)、飛行機も関空発は売り切れ、伊丹からしかない状態。特に心配だったホテルはなんとか旅行代理店でなんとかしてもらいました。長らく旅行代理店は利用したことがなかったんですが、ほんまに有り難いもんですねぇ、ラクチン。

IMG_1183_20141021085955ed0.jpg

伊丹空港でとりあえずモスバーガーを食う。
ほぼ10年ぶりのモスバーガー、テリヤキチキンと芋とコーヒー。コーヒーの小ささにドびっくりしたが、サンドイッチも芋(Lサイズです、コレ)もすべて試食サイズ(ぶっ)で腰が砕けた。腹の足しにならんかったのでモスバーガーを出てすぐ隣のコンビニでおにぎり2個と大福餅の詰め合わせと柿の種(これから柿の種の里に行くのに伊丹で柿の種なんか?と自分にツッコミを入れた)を入手して乗り込む。

IMG_1196_20141021085956b59.jpg

飛行機嫌いには拷問の小型プロペラ機、、、
セスナよりもマシだが、、この機体を見ているだけで脂汗が出てきます。
エポクリンショック真っ青母兵衛。
が、さして揺れもせんで無事に到着

灼熱の関西(和歌山&大阪)とは打って変わってかなり適温な新潟♪湿度は高いですが和歌山に比べたら天国な気温です。空港まで迎えにきていただいてこれまた非常に有り難いことです。すぐに白鳥サンクチュアリ、瓢湖へ向かうとの事!瓢湖と聞いただけで血圧上がる上がる(笑)

IMG_1245_20141021090000f9f.jpg

ラムサール条約湿地 国指定瓢湖鳥獣保護区
ヒョーコナショナルワイルドライフレフュージてなところでしょうか、
まだシーズンインしていないのですこーし寂しい状態だったそうですが、
ミネソタン的には超レア水禽と全く見る事ができないユーラシア系の鳥ばかりで大興奮。
無口になって双眼鏡を目ぇにつけたまま(あははは)



キンクロハジロ Tufted Duck
ミネソタでも見られますがもっそいレアです。
こんなレア鳥なのに傍に寄ってくる、、、おそるべし瓢湖。



オオハクチョウ (Whooper Swan)
トランペッタースワン(ナキハクチョウ)を見慣れているのでとても小柄で可愛らしい白鳥に目尻が下がる。
白鳥すらものほしげ、、、
100円で餌も売っていたが、どうしても良心がとがめるのと餌をガツガツくらう白鳥は見たくないので白鳥にはがまんしていただく。



コハクチョウ(Tundra Swan)
ミネソタでみられるタンドラは目に黄色いチボがついているだけなので、このBewick'sタイプは非常に嬉しい♪派手やねぇ、解り易くて良い。
残念ながらミュートスワンは居らんかったが、ライファーでもないから地団駄踏みません(笑)。



オナガガモ
ノーザーンピンテール!!!これはミネソタでは超レアてことはないですが、メトロでそんなに簡単に見られる水禽ではないです。こんなにうじゃうじゃ尻尾摘めるほど近いところで見るのは初めてで大興奮。鼻血でるかと思いました。美しい水禽ですねぇ、いいですねぇ、うじゃうじゃですけどねぇ(あはははは)。
興奮していると、餌係の人がやってきて餌を撒いていきましたが、白鳥が少ないせいなのか、それとも瓢湖の白鳥はミネソタのモンテチェロと違ってお上品なのか、、さして諍うことなく色んな水禽が混じって食うてました。で、そこに!!

IMG_1261_20141021090000551.jpg

なんかクイナが居る!!ソラにそっくりやん、ソラよりかなりデカイけど、なんじゃありゃ〜〜!!
と母兵衛大興奮。とりあえず図鑑をめくり倒したが、クイナの類いにはこんなのは居らん。なんなんな??とおもったら、biddefordさんが、、「それはバンの子ちゃいます?」て、、
チーン
Cootのページを見たらありました、ジュブナイルのクート、、、。ま、鳩扱いなクートといえども地元ではブリーディングしないので幼鳥を見た事がありませんで、お初見でございました。とても可愛いが、、可愛いがクートなんで(あはははは、ヒドイー)。
興奮しすぎて喉が乾いたので休憩所に入ってみる。

IMG_1228.jpg

無料白鳥観察舎
中には椅子やらテーブルやらがあり、売店には瓢湖グッズなどが置いてあって、
雰囲気のいいおばちゃんが店員さんを勤め、これまたこの場所にぴったりしっくりイメージ通りのおっさんが2人ほど座っていた。折角なので売り上げに貢献しようと思い、瓢湖の白鳥と水辺の鳥小冊子と瓢湖のある阿賀野市のイメージキャラクター「ごずっちょ」てぬぐいを購入した。ごずっちょて何だろう?とウェブで調べたら五頭山と瓢湖の白鳥を足したキャラクターだそうだ。五頭、、とても意味深な音、牛頭との繋がりが気になる。機会があったらじっくと調べてみたい。



ハシボソガラス(Carrion Crow)
魚を食べていました。瓢湖では水禽よりもカラスのほうが野生的(笑)
長くなってきたので、つづく

20091008095333926s_20141021090011c69.jpg

快適温度の新潟鳥見♪
オフシーズンで、しかも到着して数時間でこの状態てのはすごい。
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

食べたいモンを食べたいだけ食う

今日は蛾2種!

蚊取り線香の後に2枚続けていきなり出します。蛾嫌いな人要注意。



IMG_4522_20141020103539a49.jpg

30日いっぽんぽんでも蚊が居なくならないので、
納屋から蚊取り線香をだしてきてもらって燻す。
もーー蚊にさされまくって異常に腫れてえらいこっちゃになってます。アレルギー体質なので酷いこと。

チョウチョもどっさり見られましたが、蛾も多いです。
なかなか腰を据えてじっくり探せなかったのが残念なぐらい、、
でも、虫を見るにはもう少しちゃんとした蚊ぁ対策が必要ですねぇ。

IMG_4507_201410201021331a8.jpg

ホタルガ
こちらは幼虫(毒有)がサカキを食べる蛾ですが、
この成虫のすばらしさ♪たまりませんねぇ。



ユウマダラエシャク
幼虫がマサキにとっつく害虫ですが、美しいですねぇ。
なんともいえない黄色に羽根がまた鳥糞柄で素敵。

IMG_1082_20141020102135e80.jpg

すこし小腹が空いたのでカップ麺を食べる。
ものすーーごく食べたかったがなかなか食べる機会がなくて漸く実現。

IMG_1084.jpg

こちらが行列和歌山
ラ王の麺に似ているごっつくて食べごたえのある麺。チャーシューがごつくて結構いける。
が、スープがちょいと塩辛すぎてギラギラしててしつこい。

IMG_1083_20141020102136a6b.jpg

こちらは和歌山中華そば
みるからにショボイが、スープが美味しい♪
麺はひやむぎっぽい(あははは)が、2分で食えるのはアドバンテージやねぇ。
どっちにしてもミネアポリスの1◯3スシのラーメンよりも美味いです(ぎゃはは)。

IMG_4536_201410201035410b4.jpg

こんなに暑いとは思っていなかったので着る服がない、、
ちゅうことでユニクロへ行った。写真無し(あはは)
無楽斎さんの白露庵清々で「リラコ」というステテコが良いというのを聞いていたので、まずはそれを探した。が、時既に遅し、、バーゲン棚に少しだけ並んでいるだけだった。700円M、XLサイズ発見、恥ずかしいムーミン柄だったがノーチョイスなのでカンゴに入れてさらに店内を歩くと、男性用のステテコのLサイズだけ残っていたのでそれもカゴに入れる。襟つきのシャツやパンツも数点手にとって試着室へ、、
結果、
リラコ全滅(チーン)、MはビチビチでXLはケツの布があまりすぎてどもならんし柄が変、肌触りは最高だったが。男性用ステテコのLサイズがジャストサイズ、ぴったり(ぎゃははは)なので購入決定。女性用の可愛いズボンは丈が短すぎる、7分丈ブームなのか?それにシャツもすべて袖が短すぎてどもならん(涙)。袖の短いシャツが流行なのか?ようわからんが、他店でユニクロ以外の日本メーカーの服も試着したが全て袖短い、丈短い(とほほ)。もちろん靴屋に行ったが靴は全くサイズなし。久しぶりに思い出しました、、日本に於ける自分のデカさを(とほほ)。和歌山じゃあどもならんねぇ。
ちゅうわけで、ユニクロの男性用ステテコに和歌山城ジャージを来てビーサンを履く婆、、さすがに怪しいかと自分でも思ったが、暑さにはかえられず我慢する。

IMG_4540_20141020103542574.jpg

ユニクロの次はツタヤ
久しぶりにスターバックスのコーヒーを飲んで一息。
前日に新聞の書評欄に上橋菜穂子著『精霊の守り人』について書かれいたのを目にしたのでどうしても読みたくなった。その他に10作ほど必買リストをしたためたメモを店員さんに預けて集めてレジに置いておいてもらうように頼む。その間、好きな作家の新作やら続編やら、平積みになっている文庫をかたっぱしから手に取って行く。もー何時間あっても足りん。
日本の蜘蛛図鑑や昆虫図鑑が欲しかったがフィールドガイド的なものがなく、子供向けのくそデカイのしかなくて断念。これはアマゾンで探したほうが良さそうか、やっぱりジュンク堂に行くべきやな。

IMG_4513_201410201035369c5.jpg

ぶらくり丁
ぶらくり丁のさびれ具合は半端無かった。これは酷い。
和歌浦煎餅を買いに駿河屋さんに行ってみたら、つぶれてました(ガーーーン)。
しらんかった、、8月につぶれたらしい。ちょっとショック。しゃぁないので和歌山城へ、和歌山観光センターにいけば鷹屋か廣田か高田の和歌浦煎餅が入手できるはずだ。最初から先日和歌山城へ行った時に買っときゃよかったか(あはは、ま、近いからええけど)。和歌浦煎餅は定番お土産、プレゼントしてはずしたことはないし、ユダヤ教徒やイスラム教徒でも食べられるのでまちがいなし!
ぶらくり丁もあてなくさっくり見物したが、宮井平安堂はつぶれてるし、バラ(カレー屋)はなくなっているし、アレもないコレも無い、なんにもない、、。もちろん高島屋も撤退してなくなってるし。
ちゅうことで予定変更して近鉄百貨店に向かう。
近鉄百貨店もちょっと危険な香り漂う感じですが(特にアパレル売り場)、デパ地下はかなり賑わっておりまして、デパ地下にてまず551の豚まんを買う。昔は6個一気食いできたもんだが、歳なので4個にした。しかも、一度に2個づつ食べるようにしようと思う(胃を労ろう)。かたっぱしから全部食いたくなるが、厳選しておかずやらなんやらかんやら買うて、

IMG_4520_20141020103537fcc.jpg

泉北堂の食パンというのが仮設売り場で販売されていて、試食してみたらモッチリ非常に美味しかったので即買い。この食パン美味しかったです。知らんかったが和歌山近鉄ではたまにしか売られないらしい、ラッキーしまうま。
それに御座候も忘れてはいけない(笑)。

IMG_4503.jpg

そしてまたもやKYKにてトンカツ(あはは)
今回はロースカツとエビフライとカニクリームコロッケのセットにした。
もちろん白飯で(笑)

1208209827_20141020111112f84.jpg

和歌浦煎餅、アメリカへのお土産にばつぐんです。

今日から北へ向かいます
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。