スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

スエーデンの谷

本日最高気温11℃、最低気温7℃、曇ときどき小雨
ミネソタ・ツインズ(MBA)のジョー・マウワーがMVPに決まりました!おめでとうジョー!
ミネソタンでも聞いたことがないかもしれない、アイディアルコーナー(Ideal Corners)という場所にミネソタで一番変わったミュージアムがあります。
Ideal Golf
店なんか博物館なんかよーわからんこのお店、行ってみたくても何故か探すのが大変だという噂(あはははははは)。店主さんは、「あんまり儲けにはならん」と言っていた(爆)。
ゴルフ好きならいっぺん探してみる?



   <ツインシティズを歩こう6>

スエーデンの谷とデイトンのブラフ地区

Swede Hollow, Dayton's Bluff

dayton1118

さて、ツインシティズを歩こう♪ツインシティの片割れ、州都セントポールに足を伸ばしました。
セントポールダウンタウンと目と鼻の先にある自然、スエーデンの谷です。
ここは最初スエーデン人移民が入植した地区でセントポールの東に位置します。

ちょっとスプーキーな奇妙で不思議な場所、瘴気が漂っているような、ほんとに映画『スリーピーホロウ』の首なし騎士が出てきそうです(笑)。

出発点:バス停“7 St E & Payne Av St.Paul”
車はスタート地点に10台ほどの公園無料駐車場があります。
スエードカフェ向かいにメトロポリタン大学のキャンパス駐車場が一日250円ほど。
(グーグルマップ左にある黄色い人形をドラグして地図に置くとストリートビューになります♪)。


1123map



約3.2キロ、30分チョイのコースです。


start1118

スタート地点の駐車場です♪先ずはぐるりと回りながら下り、7thストリートの下をくぐります。





music1118

道路を渡るとミネソタミュージックカフェ(Minnesota Music Cafe)があります。




さてさて、ちょっと歩きますと、アーチが見えてきます。

arch1118

 Seventh Street Improvement Arches

昔はここを4レーンの鉄道が通っていました、ダルースとセントポールを結んでいました。1884開通。
現在はアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録されています。

 Swede Hollow
このミシシッピ川に流れこむPhalen Creekはここに入植した移民にスエードホロウ(Swede Hollow)と呼ばれるようになりました。最初の入植者はエドワード(Edward Phalen),フォートスネリングの元軍人で1841年にこの谷の北のはずれに丸太小屋を建てます。。彼は1844年、70ドルでWilliam Dugas(セントポールではじめて製材工場を建てた人)にこの土地を売りはらいます。そして1850年代~1860年代の間に製粉所と醸造所がこの小川に建設され、1865年、最初の鉄道がこの谷を通ります。華やかな時代。
この初期産業はスエーデン移民たちをよびよせます。後、スエーデン人たちが成功しこの地を去ったことにより、この曲がりくねった小川に沿って建てられた粗末な掘っ立て小屋に住んでいた他の移民たちが、スエーデン移民たちの住居地だったところに移っていくことになります。
その後、この地区は廃れていき、残された建物は1956年に廃棄処分になり撤去されました。1973年、この地区の住民とセントポールガーデンクラブがSt.Paul Division of Parks and Recreationとともにこの土地を公園として造成し、現在に至ります。


この公園では犬のリードは2フィート(180センチ)以内と定められています。


hollow1118

「規則は守るんよ♪」 by十兵衛




さて、この右手を覗き込むと50メートルほど下に緑色のクリークと小道が見えます。なんか出そう(爆)。

swadehollow1118

 こんなん、、夜中にみたらオモロイかもねえ(あははは)。

正体見たり枯れ尾花。

そういえばアメリカではなぜか心霊写真や幽霊がこっそりブーム中です。
SyfyチャンネルのGhost HuntersやDiscoveryチャンネルのGhost Labが人気。
スエードホロウにも怪談があります。
上記に出てきたこの谷、最初の入植者エドワード・フェランはミネソタで初めて殺人事件として法廷で争われた人物として有名なのです。1839年にビジネスパートナー殺害事件で起訴され、本人もまた旅行友達に殺されます。今でもクリークの周りを歩くエドワードさんがみられるとか、
  、、(゚Д゚)


もちろんこの瘴気漂う(ブッ)クリークの近くまで降りていって散策できます。


down1118

降りる? by十兵衛

降りたらしんどいから今日は止めとこね。 by母兵衛



歩いていくと、目の前に赤レンガの醸造所が見えてきて、道は3つに別れます。左の小さなトンネルを抜けてホロウから出ましょう。

smallgate1118

小さなトンネルは異界の出口に見えました。

とどまりたいのか出たいのか、
いきはよいよいかえりはこわい。

名残惜しいが、ホロウを出て現世にもどります。


さて、先ほど見えたレンガの醸造所をぐるりと回ります。

この醸造所は1865年に建てられたHamm's Brewery、日本でもハムビールベアを見た人はいらっしゃるかもしれません。現在、ハムベアグッズが出たらとってもプレミアがつくらしいです。



懐かしいハムビールの宣伝

現在は廃墟になっておりまして、


1118beerfac

ここもまたなんか出そうな感じです(あはははは)。


廃墟を抜け、開けた道路にでると左手に3Mの大きな工場が見えてきます。
※この3Mもミネソタの会社で本拠地はメイプルウッドにあります。
さて、この工場1951年に大爆発がありたくさんの死傷者を出しました。こちらも怪談になっているようです。

ほちほち歩きますと、メキシコ料理のTaqueria Los Paisanosがありまして、その7thストリート道向かいにはManana Restaurante y Pupuseriaがありまして、メキシコやグアテマラやホンジュラスの食べ物、プープー(←英語だとウンコに聞こえる、爆)を食べることができるレストランです。

7thストリートを1ブロック歩きますと、アニマルアークがあります。

animalark1118

 アニマルアークAnimal Ark
 
アニマルアークのジャンク屋(スリフトショップ)があるのですが、ちょっと覗いてみるとEベイで値のつきそうなノベルティな品も転がってました。お宝探しも面白いかも?もちろんペットグッズもたくさん取り扱っています。

一つ目の角、マーガレットストリートを西へ入りまっすぐ歩いていきますと、なんだか映画グランチョリノな感じです。

1118bear

 熊(ハムベアみたいだ)の彫刻が飾ってあったりして面白い(ぎゃははは)。
どうやらこの場所にあった木を切り倒して(理由はしらんが)彫りだされたみたいだった。


この熊の向かいにあるのが、

1118bluff

  ここはハム邸があった場所です。
  HAMM MANSION SITE(←在りし日のお屋敷)

ドイツ移民のTheodoreとLuisgarits Hammは1856年にセントポールに到着し、不幸にもゴールドラッシュ投機により全てを失うまでの間、ダウンタウン近くにビアガーデンとボーディングハウス(宿屋)を経営します。1865年の冬、ある若い家族が小さなKeller’s breweryと製粉書と“セントポールの端の自然”と呼ばれたPhalen Creekを所持することになり、この小さな醸造所をTheodore Hamm Brewing Co.に成長させます。この家族は1886年まで醸造所の近くに住みますが、子供たちが両親のヨーロッパ旅行中に彼らへのサプライズプレゼントにとこの場所にマンションを建てました。レンガ造りドイツのライン川風のマンションは建築家A.F.Gaugerにより総工費20000ドル(約200万円)で建てられます。両親の死語、ウイリアム・ハムとウイリアム・ハム・シニアとその家族がこの屋敷に住みました。
セントポールの発展とともにこの界隈も賑やかになっていきますが、反対にハム邸からは人が去っていきます。ハム家の世代交代によりこのマンションは保養所として使われるようになり、そして、最終的に誰も住まなくなったマンションは1954年の4月21日、火事で焼け落ちました。
公園に残る煉瓦の記念碑はハムマンションの南東の隅にあったものです。
もちろんここにも怪談が、、(あはははは)。

ここもスエードホロウの一角です。見晴らし台が設置されていて、結構な断崖絶壁の上にあることがわかります。スエードホロウのクリーク全体を眺めることができ、さらにスエードホロウの向こう側にはセントポールダウンタウンが見えます。セントポール聖堂も見えて、絶景、お屋敷がたっていたころを忍んで景色を楽しみました。

さて、ハム邸跡を断崖に沿って歩いていくと、下りの階段があります。

1118stairs

写真に見えている突き当りT字の小道を右に行くとスエードホロウの最下層に降りていきます。このコースでは左に歩いて行き、7thストリートにもどります。

7thストリートに出ると、先日紹介したうまい焼き菓子のカフェテリア、Swede Hollow Cafeがあります。カフェの建物を見るために少し7thストリートをもどりますと、

cafe1118

 Stutzman buildingです。とっても可愛くて目立つ建物です。

十兵衛と母兵衛はスエードホロウカフェでお茶とお菓子を楽しみました♪店内はジャズ流れる素敵な空間です♪


end1118

セントポールのダウンタウンを眺めながらはじめにくぐったSeventh Street Improvement Archesの上を歩いて終点です。


 このコースは母兵衛の好みの怪談満載コース♪とっても楽しくお散歩できました。撮影スポットも盛りだくさんです。


・・・・・

先日、爺さんの体調が悪くなりはじめたのはこのコースを歩いた翌日でした。

な、、なんかもってかえってきた?(゚Д゚)


魔よけに爺さんの寝顔

zannennakotoda925

悪いもんが付け入る隙はありません。ご心配なく(ぎゃはは)。


でも
お祓いにポチッとしておいたほうがええかもしれんのんよ↓
人気ブログランキング応援してもらえると爺さん感激
Blog Rankingへ人気ブログランキング

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
ブログ村MIX中型犬
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へブログ村MIX中型犬
いつも応援ポチありがとうございます♪大変励みになっております。

ローリングパーク&彫刻公園

本日最高気温10℃、最低気温-2℃、晴
いやはや、今年は暖冬になると先だって書きましたが、本当にあったかいです。今年が異常というのもありますが、地球温暖化ってほんまなんやなあ、、と感じます。近所のスキー場では17年ほど前まで毎年10月中旬にオープンしていたそうです。最近は11月になっているそうです(今年はいまだオープンしておりませんが、、滝汗)。


 
  <ツインシティズを歩こう5>

ローリングパーク
ウォーカー彫刻公園

Loring Park & The Walker Art Center & Minneapolis Sculpture Garden


spoon1116


ツインシティズを歩こう、といえばここは外せないコース。そう、毎日十兵衛がお参りしている“ご神体”コースです。今まで何度も何度もログにしてきましたが、今回特別スペシャルゲストを招いての特別バージョンおさらい偏です。

ゲストの美しいお三方は
Minnesota BalletのYosukeさんとKaoriさん
Continental Ballet CompanyのYukiさんです。
ありがとうございます。詳しくは昨日のログ

このコースも芸術と自然が融合した、大変すばらしい毎日歩いても飽きないコースです。そう、芸術と自然の融合というと、前回のツインシティズを歩こう4、ミネアポリス美術館周辺と同じ?と思われる方もいらっしゃるでしょう。違うんです、こちらはコンテンポラリーアートと自然との融合、モダンとネイチャ、特に高速道路と道路あわせて16レーンにも及ぶ往来の上にかかる歩道橋Irene Hixon Whitney Bridge, 1988が景色をユニークなものにしています。


出発点:バス停 Lyndale Av S & Vineland Place minneapolis
車はローリングパーク東のウィローストリートが2時間までのメーターパーク
ウォーカーアートセンター駐車場 Vineland Pl
(グーグルマップ左にある黄色い人形をドラグして地図に置くとストリートビューになります♪)。

loringmap1112

約1.6キロ、、立ち止まらなければ30分以内のコースです。

ウォーカー美術館(Walker art center)の前辺りから彫刻公園に沿って歩いていきます。

spoon1110

 彫刻公園南口から見るご神体(Spoonbridge and Cherry, 1985-1988)

このウォーカー美術館はNYのモマサンフランシスコ近代美術館NYのグッゲンハイム美術館D.C.スミソニアンのハーシュホーンとならんでアメリカ五大近代美術館"big five"と称されています。
1879年に大商人Thomas Barlow Walkerによってつくられました。前ビルヂングはこの場所からとても近いところに1927年に建てられましたが、1938年大恐慌のあおりをくって、私立から公立に。
そして、1971年にエドワード・ララビーバーンズのデザインで現在の美術館が竣工しました。敷地面積は69,000平方メートル。
館内に20.21Restaurant & BarそれにGallery 8 Cafeという素敵なレストランバーとカフェがあります。

ウォーキングコース地図では彫刻公園のアウトドアギャラリーとStanding Glass Fish, 1986の展示された温室の間を歩いて行きます。時間が有れば是非一つ一つの作品を鑑賞してください♪

生垣と温室に挟まれた道を20メートルほどあるくと突然視界が開けます。



cherry1116

 Spoonbridge and Cherry, 1985-1988

私はこの角度でとることが多いです(正午過ぎに散歩することが多いので光の都合でもあります)。爺さんの右後ろにミネアポリスダウンタウンのビル群、左後ろにセントマリーバシリカ(The Basilica of St. Mary)アメリカで一番古いバシリカが見えます。

basilica1116

セントマリーバシリカまで徒歩1分です。ついでにちらっと覗いてもいいでしょう。無料で中にはいれます。

ご神体を通り過ぎ、北端にあるお花のアーチ(夏場限定)Alene Grossman Memorial Arbor and Flower Gardenを通りぬけ、またご神体にもどってきます。

そして、歩道橋Irene Hixon Whitney Bridgeへ

bridge1110

 立ち止まって写真を撮っていると揺れます。

母兵衛の難所ですが、爺さんは平気です(;´д`)

高くて揺れるところが怖くない人には素晴しい展望になっています。16レーンの道路と左にバシリカ、右にセントマーク聖堂ハナペンメソジスト教会、ウォーカー美術館という美しい建物がいっぺんに目に入ってきます。

church1110

  Hennepin Avenue United Methodist Church


ちょっと寄り道情報♪
ハナペンメソジスト教会とセントマークの間に変わった形(⊥こんなかんじ)の建物があります。看板が妙なところにぽっつりと立っているだけで大変分かりづらいですが、


labellevie1111

La Belle Vie

ここが現在ミネアポリスで一番のレストランです。地中海料理に影響を受けた折衷型フレンチ。
一昨年にはグルメマガジン(Gourmet magazine)でアメリカ・トップ50レストランにも選ばれ、今年は中西部ベストシェフに選ばれました。予約してください、予算は$50~

母兵衛にはあんまし縁のない店です(ブッ)。
実ははじめ宗教の学校だと思ってました(ぎゃははははは)。


閑話休題、
さて、橋を渡りますと、、

って、歩道橋の階段の最後の一段を踏み外して大転倒してしまいました。


爺さんがですが、、(-公-;)
しかもゲストの前で、、


犬としてどうかとおもいます、、(ぎゃははは)。


さて、そんなプティな恥バナはともかく、
この芸術作品の歩道橋をローリングパークのほうに渡ると
母兵衛の好みのレストランたちが見えてきます。


joe1110

 Cafe LurcatJoe's Garageなどなど

このジョーズガレージが大好き。爺さんも一緒に入れます♪夏はルーフトップで飯を食うのがいいですね~~。毎年犬パーティはここで開かれます♪ローリング犬友御用達。
この一角にはダンススタジオFour Seasons Dance Studio(初心者歓迎・色々なクラスがある)、画材屋などがあります。

実はゲストの三人、オフの時はこのダンススタジオで練習されることもあるそうです♪

の、、覗いてみたい(ブッ)

母兵衛も、踊るか、、(また爺さんに心配されるか?爆)


さて、お散歩にもどります。


↓よく見えないが、1883と刻まれています(テニスコートの近くに今月据付られたところ、ホカホカです)。


est18831110

このまるっこいのに書かれているように1883年に、ニューヨークのセントラルパークをもとにミネアポリスのセントラルパークとして造園されました。
夏には月曜無料野外映画鑑賞会、野外劇、ローリングアートフェスティバルやプライド祭(Twin Cities GLBT Pride Festival )になり大変賑わいます。日光浴の水着ギャルたちもたくさん出現します(もちろん水着おっさんたちも、、滝汗)。冬にはそり遊びやクロスカントリースキーを楽しむ人も居ますし、池の氷に穴を開けてつりをする人もいます。
最近では人気テレビ番組Man vs Foodの1stシーズン最終回ミネアポリス偏でこのローリングパークでロケが行われました。

もちろん普段から市民憩いの場としてとっても愛されています。

ぐるりとローリング池(旧名ジョンソン池、母兵衛名ひょうたん池)の周りを歩きながら、犬公園で犬を見たり、素敵な花壇を愛でたり、夏は草バスケットボールをみたり、冬には池の上を歩いてみたり(あはははは)。

loring1116


街中なのに、リスや野うさぎ、野鳥がたくさん♪プティに自然と戯れることができます。そして、犬と出会う確率の大変高い場所です♪そして、十兵衛と出会う確率も大変高いコースです~~~。

 ウォーカーの前にもどって、こーすお開き♪

run1110

ウォーカー美術館の裏のきもちのよい芝生の広場でYosukeさんとどっさり走った爺さん。

母兵衛、、爺さんしか撮ってませんでした(滝汗陳謝)。


今日も爺さん、下僕が3人(ブッ)
おお張り切りでがんばりました(あははははは)。走った走った♪

ゲストの皆さまお疲れ様でした。ありがとうございました♪またのご参加、お待ちしております♪

なんというか、、下僕じゃないゲストは今までゼロです(あはははは)。
記録更新中;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ


爺さんが一目で下僕化するゲストは現れるのだろうか?


我こそは!と思われる方、一票お願いします↓
↓下僕希望者も希望していないのに下僕な人(ブッ)もポチッと願いします↓
人気ブログランキング←クリック♪ありがとうございます。
Blog Rankingへ人気ブログランキング

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
ブログ村MIX中型犬
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へブログ村MIX中型犬
いつも応援ポチありがとうございます♪大変励みになっております。

MPLS美術館と歴史と自然

本日最高気温9℃、最低気温6℃、曇、雨になりそう
今日は13日の金曜日です、、

昨日ストレスが云々、と書きましたが、

もちろん実生活の話です、まあねえ、この歳でミネソタなんぞで暮していると色々あるんよ。
今日はまたもやストレスの種が増えました。おめでとうございます(トホホ)。爺さんがお世話になっている動物病院のボーディング部門が今年いっぱいで閉鎖になるそうです。
これは十兵衛と母兵衛にはどえらい重大な問題です。早急にリサーチをはじめんとあかん、、(あああ、、、悲しい、胃が痛い)。とりあえず、病院を変えることも視野に入れてリサーチすることにします。


  人(-_-o)拝 ええとこが見つかりますように



さて、気持ちを切り替えて
またもやフェルメールちゃんに会いにいってしまいました。もう、アパートにつれて帰りたいです(オイっ)。
冬になって外出できなくなる前にたくさん歩いておこうと思っている母兵衛、ついでに

 <ツインシティズを歩こう4>

ミネアポリス美術館ウォッシュバーンフェアオーク、芸術と自然の邂逅
Whitter: MIA and Washburn Fair Oaks:


1105mianothside


今回のコースThe Whittierネイバーフッドは芸術と自然、豪邸や公園、過去と現在が混在する大変リッチなウォーキングコースです。

出発点:バス、車ともに"3 Av S & 22 St E Minneapolis"
車は22nd St.Eが無制限路駐OK。あたりの道路はほとんど路上駐車可なので駐車問題は皆無でしょう。ただし、MIA(ミネアポリス美術館)でイベントがある時(めったにない)は苦労します。
(グーグルマップ左にある黄色い人形をドラグして地図に置くとストリートビューになります♪)。


miamap1109



約2.4キロの40分ほどのらくらくコースです。

ますハナペン歴史博物館(THE HENNEPIN HISTORY MUSEUM)からスタートしてウォッシュバーンフェアオークス公園の東側を南、MIAに向かって歩いていきます。


1105downtown

後ろを振り返るとミネアポリスダウンタウンの近代的な風景と手前に少し古びた家屋が並ぶなんとも素敵な景色が楽しめます。

1900年台に入り、お金持ち達はダウンタウン、シティコアからはすこし離れたところに住居を構えだします。そんな休息と憩いの住宅地区としてスタートしました。Whittier地区は現在多種多様な移民グループ、労働者階級、中流階級、若者、芸術家、それに未だに歴史あるマンション(超豪邸)に住まう人々が混在する地区でもあり、バラエティに富んだ景色は一見の価値あり。

MIAに併設された子供劇場Co(The Children's Theatre Company)、それにミネアポリス芸大(Minneapolis College of Art and Design-MCAD)のビルヂングの周りをぐるりと歩きます。
 寄り道コース
26th St Eをそのまま2ブロック歩くとニコレットアベニュー、別名イートストリート、食い倒れ通りのバッドウエイトレスのところに出てきます。少し南へ行くと先日紹介したベトナム料理のQuang、他にもたくさんのレストランやカフェがあります。MIAの中のドミコサンも美味しいですが、すこし足を伸ばしてイートストリートで食べるのも楽しいんよ。

散歩コースに戻ります。
スティーブンスアベニューをMIAの建物にそって北上します。

1106object


 これでいいのだ! by十兵衛

建物の周りにはベンチがあってオブジェなども展示されています。

温かい日のお昼ごはん時には、芸大生たちが外でランチしたり休憩したりしています。まさに芸大生というファッションの人も多くて大変興味深いです♪

aparts1105

アパートや小さなお家たち、とっても趣味の高いお家が多いです。数本、紅葉の木が残っておりました。綺麗なんよ~~。

何軒かは魔女が住んで居そうなお家でとっても可愛い~~~。

1105kinone


大きな木の切り株に彫刻がほどこされていました。

素敵じゃ~~~~。

ミネアポリス美術館、公園の西側を通りマンションたちを拝見♪

注意:ここでいうマンションとは米語のmansion豪華な大邸宅、大豪邸、領主の邸宅のことです。


1105white


マンションなんよ~~♪


これはアルフレッド・ピルズべり邸です。ヒルズべり創設者の従兄弟にあたりるそうです。アルフレッドさんは陶磁器のコレクターとしても有名で、彼のコレクションは今でもミネアポリス美術館に飾られています。

この左奥にちらりと見えている豪邸がヒルズべり創始者のチャールズ・ピルズべり邸、1913年建造。
ピルズべり(The Pillsbury)はミネソタの巨大粉会社、日本でもドゥーボーイ(Doughboy)は有名だそうですね、このこもミネソタ出身です♪

1105red

こちらはユージーン・メリル邸
この界隈で一番古いマンションです(1884年)。

こんなのも素敵ねえ♪歴史のあるマンションは多くが文化財にも指定されているのでメンテナンスが大変だそうです。
ウォッシュバーンフェアオークのマンション一覧はコチラ↓
Washburn-Fair Oaks Mansion District

個人で所有するにはお金がかかるそうで、いくつかのマンションは組織や会社に買い取られています。
マンションといえば、以前住んでいたロードアイランド州のニューポートにあるマンション群は桁が違いました。大金持ち(バンダービルド家などなど)などは税金対策にマンションを美術館にして開放したりしています。豪邸好きの方には超おすすめです。


さて、ぐるりと回ってウォッシュバーンフェアオークス公園に戻ってきます。

1105southoaks

この公園、中央部がすり鉢状になっていて、冬には安全なソリ遊び場になります♪が、雪の酷い日はなにがなんやらわからんようになるので、降ってすぐは雪が落ち着くまであぶないです。

お手軽で大変素敵なお散歩コースです。なんともはやミネアポリスの歴史と文化を感じます。
ミネアポリス美術館に訪れたときには是非ついでに歩いてみてください♪


爺さん、今回もがんばりました。

hidoikao925

やっぱり〆は残念で(あはははは)。


↓爺さんにいいホテルが見つかりますようにとポチッと願いします↓
人気ブログランキング←クリック♪ありがとうございます。
Blog Rankingへ

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
ブログ村MIX中型犬
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
いつも応援ポチありがとうございます♪大変励みになっております。

ニコレットアイランド西

本日最高気温15℃、最低気温2℃、晴、ぽっつら雲ふわふわ
3年前に比べてずいぶんと治安が悪くなったミネソタです。治安と経済状況が密接にリンクしております。さて、日曜日の朝に荒くったい運転の車が郵便受けをなぎ倒しながらさって行った、、というニュースがトップで報じられていました(あははははは、トップニュースて、、)。治安が悪くなったとはいえ、もとがもとなので、、。



  <ツインシティズを歩こう3>

ニコレットアイランド西:
Bridge square, The gateway, Boom Island, Nicollet Island, and the North loop


lighthouse1106

ミネアポリスはこのミシシッピ川の恩恵を受けて発達した都市です。ブリッジスクエアとゲートウェイディストリクト、ニコレットアイランドはまさにミネアポリスのオノゴロ島と言えるでしょう。母兵衛&十兵衛は普段ニコレットアイランドの東側を好みますが、今回西側を歩いてみます。

出発点:Hennepin Av & 1 St S Minneapolis バス停
車の場合はニコレットアイランドの西、Island Ave EとIsland Ave Wに4時間の路上駐車ができます。
(グーグルマップ左にある黄色い人形をドラグして地図に置くとストリートビューになります♪)。


mapnicolletisland1109


約3.2キロ、リバーサイドの楽しいコースです。途中に公園が2つ、夏はミシシッピ川をみながらピクニックも楽しいコースでしょう。

start1103

車をアイランドアベニューにとめてボーンアイランド(Boom Island Park)公園に向かいました。

今回特別ゲストhamちゃんにお付き合い願いまして、爺さん下半身強化下僕引っ張り散歩を強行です(あはははは)。

run1106

走る走る~ヽ(´▽`*)ノ

こうして第三者の目で見ると、爺さんもハツラツとしておるのよね。爺さんが走らない原因はやはり母兵衛にあったのだ(爆)。


nicolletisland1103

このあたりからニコレットアイランドを見てみると、大変面白い地質だとわかります。セントアンソニー滝が急速に後退していったわけも分かるというものです。

このあたりは産業地帯として1850年代にはミシシッピ川の水力を利用した7つの製材工場があり1950年代まで大変栄えた地域です。が、建築の変化とともに製材業も斜陽、あいたビルなどに芸術系組織やレストラン、ナイトクラブ、大人系お店、喫茶店などがはいりはじめ、その後、タウンハウスやコンドミニアム、ロフトなどがたくさんあるオシャレ地域となりました。


 ボーンアイランド公園には川見台が設置されていて、たくさんのベンチやゲームチアなどもあります。

ぐいぐい引っ張って走りまくりの爺さんにhamちゃんが怒った。


sithere1106

ちょっとここに座りなさい! BY ham

 爺さん、、効いてないし (-公-;)


ブームアイランド公園にはパブリックリバークルーズの発着場があります。

rivercruises1103

パラダイスクルーズ Paradise Charter Cruises

イベントやパーティ、結婚式などに貸切クルーズするのがミネアポリスっ子の間ではオサレだそうだ。独立記念日やアクアテニアルの打ち上げ花火クルーズなどは人気なので予約はお早めに。


クルーザーを横目でみながら(爆)、プリモス橋を渡ります。

lighthouse1106

この橋からのミネアポリスも絶景♪


橋を渡り、瀟洒なタウンハウス、高級アパルトマンをみながらウエストリバーパークウェイを歩きます。

途中には母兵衛の難所が、、、

swingbridge1106

小っさい橋ですが、、

 ものごっついゆれるんですヽ(;゚;Д;゚;; )

この奥にもう一つ小さい橋(幅1メートル以下)がありそちらのほうが揺れないのでいつも少しだけ遠回りします(あははははは)。


guiguiaruku1106

爺さん、がんばって引っ張っております(ぎゃははは)。

4thアベニューで1stストリートNまで南下してすこしウェアハウスディストリクトを歩きます。

origami1103

この通りにトロカデロ(Trocaderos)、日本料理店オリガミAlliance FrancaiseD'lish(地元食材のお店)などがあり、


swingbridge1106

ミネアポリス連邦準備銀行 Federal Reserve Bank of Minneapolis

向かいに1850年にできたミネソタ中央郵便局のビル(今でも中央郵便局です)。

grainbelt1103

ハナペン橋を渡る。

このグレインベルトの看板もランドマークです♪グレインベルトビール、地ビールで美味しいです。

ニコレットアイランドに戻り、線路(Minneapolis BNSF Rail Bridge)を渡ります。

train1103

運がよければ列車を見る事ができます(レア:これは別の日の写真です)。


夕日の撮影に来てる人もいましたし、デートなアベックもおりました♪。

sunset1106

hamちゃんと爺さんと美しいミネアポリスの夕焼けを見て、ウォーキング終了しました。

ここも素敵なウォーキングコースですが、気の合う友達と一緒に歩くと楽しさも2倍やね。それにとっても短く感じます♪
素敵なひと時に乾杯♪

よって今日は寝顔残念オチは無し(ブッ)。


↓ミネアポリスのサンセットにポチッと願いします↓
Blog RankingへBLOG RANKING

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へブログ村MIX中型犬
いつも応援ポチありがとうございます♪大変励みになっております。

プロスペクト公園と水の塔

本日最高気温11℃、最低気温-3℃、晴
すっか~~っと晴れました。久々♪
ほどほどに昔(ブッ)に大流行したアメリカテレビドラマの「V」、母兵衛もビデオ屋さんで借りてみました(あははははは、懐かしー)。この「V」がリメイクされて11月7日からスタートする。ちょっと楽しみ♪


 
 <ツインシティズをあるこう~その2>

 プロスペクト公園と水の塔
Prospect Park's Tower Hill Park and Water Tower

watertowerview1102

ミネソタ大学ミネアポリスイーストキャンパスのユニバーシティアベニューを少しセントポールに向いて進むと見えてくるこの建物。母兵衛はいつも和歌山にあった新和歌浦ロープウェイを思い出します(ぎゃはははは)。

出発点:バス&バーチャツアー“University Av & Malcolm Av SE”駅スタート
(グーグルマップ左にある黄色い人形をドラグして地図に置くとストリートビューになります♪公園内には入れませんが、ぐるりと散歩してみてください)。
車ならSeymour Ave SEが路駐無料でとめられるのでその地点からスタート


map1104


約1キロで、ブラブラ歩いても30分とかかりません。夏はランチを食べるのにとってもよさそうです。

十兵衛は裏からスタートしました♪

watostart1102

なぜかしらこういうちょろっとした階段に萌える母兵衛(爆)。

このタワーヒルと呼ばれる小高い丘は1万4000年前に氷河によって造形されたそうです。この辺りに入植し始めたのは1800年代後半、ランドマークのウォータータワーは1913年建造されました。


walk1102

 公園内には楽しい小道♪
爺さんはこういう散歩道が大好き♪

公園の小道を抜けて、ユニバーシティアベニューをちょっと道草(20メートルほど)すると

cupcake1102

 カップケーキ(Cupcake)

その名の通りカップケーキが有名なカフェです。温かい日はラテにカップケーキ持って公園に行くのもいいかも♪
カップケーキの斜め向かいはKSTPのテレビ局です。ツインシティズのニュースや天気予報はここから発信されています(5チャンネルabcのアイウィットネスはここから♪)


さて、公園に戻りちょっと坂を上るとウォータータワーに着きます。

 なんか夕方みたいですが、午後3時です(トホホ)。

watertower1102

このウォータータワー、別名"Witch's Hat"(魔女の帽子)と呼ばれていて、確かにテッペンが魔女の帽子みたいで可愛いです。この丘自体、ミネアポリスで一番標高の高い(約300メートルですが、、滝汗)場所になっていて、さらに塔が約33メートル、IDSセンターよりも高い場所になります。

ここでミネアポリタン(Minneapolitan:ミネアポリスっ子)に耳寄り情報。この塔、実は年に一回、3時間だけですが登ることができます。毎年"Ice Cream Social" の日というメモリアルデーから最初の金曜、大抵夕方の5時から8時ぐらいです。
Prospect Park East River Road←詳しくはこちらで

fromwt1102

もちろん塔に登らなくても絶景♪

一番手前に見えている平たい屋根はプラットスクール(Pratt School)という1898年につくられたミネアポリスで一番古い公立学校です。今でも設立当初と同じ学校運営をしています。
右手の茶色いビル群がミネソタ大学キャンパス、一番背の高いのが医学部歯学部看護学部などが入ったムースタワーです。
左手奥に見えるビル群がミネアポリスダウンタウン、ドームにIDSセンター、ウェルスファーゴセンター、フォシェイタワー(Foshay Tower)などが見えます。

ボエっとコーヒーを飲みながらミネアポリスサンセットを楽しむ、、、


view1102

 って、寒いんよ! by十兵衛

この時期すでに外でジッと動かなかったらちと寒いです(ぎゃははは)。


のぺ~~んと平らなミネアポリスで数少ないアップダウンコースです(ブッ)。とはいえ、鼻くそレベルのアップダウンですので爺さんでもらくらくです。

ただし、雪と氷の季節はやめておきましょう。滑ってそのまま車道にでたら危険です(爆)。

↓爺さんとお散歩♪楽しんでいただけたらクリックお願いします↓
Blog RankingへBLOG RANKING

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へブログ村MIX中型犬
いつも応援ポチありがとうございます♪大変励みになっております。

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。