スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

イタリアンスタイル

昨日のカメラ不具合のその後ですが、
夜にまた写真を撮ってみて、やっぱりおかしい。もう修理に送る用意もしているのにまだ諦めきれず弄る(笑)。で、イライラしてだからデジタルはあかんねん!と癇癪を起こしまして、だからアナログのほうが好きやねんな(私は基本アナログ)とか、カメラに向かってとつとつと説教をたれたりしていて(アホすぎる)、ふと気付きました、ああ、これってデジタルカメラなんやん、、と、、。で、ふとカメラを再起動させてすべて初期化してみましたらば、綺麗スッキリ治りました(あはははははははははは)。もう修理に送ってもなんも直すところもないし、てなわけで一応キャノンに電話をかけて相談してみましたが経過観察することにして修理キャンセルしました。笑える。
さて、
最近クリスマスのお飾りをしなくなったのでちと寂しいですねぇ。

IMG_7094_20141209055356100.jpg

ミネアポリス美術館(Minneapolis Institute of Arts)
いちおう旧玄関(北側)にはツリーが飾られていますが、今年はモダンでちょっと寒々しい感じのデコです。
おしゃれっちゃぁ、おしゃれかもしれんが、、
さみしいかんじ。私的には年末はもっと暖かみのあるデコレーションが好きです。
ちょっと数年前を思い出して、、

IMG_7102_2014120906250570f.jpg

John Washburn Memorial Tudor Room
テューダールーム

20091204113339011_201412090626341a1.jpg

クリスマスの晩餐会の様子が再現されていました。
絵っぽいですが、写真です。

IMG_7103.jpg

MacFarlane Memorial Room

20091204111155221_201412090626337a1.jpg

こちらは玩具
ツリーなどもたくさんあって楽しかったのに、、。
復活を望む声も多いらしいんですが予算の都合でどうにもならないらしいです。

現在の特別展

IMG_7097_201412090553582a3.jpg

Italian Style
1月4日までです!お急ぎあそばせ。
イタリアブランドは今年はやたらと目につきましたが、やっぱりがんばっとるのやねぇ。展覧会に来ているのは私の世代のおばはんが多いんですが、そりゃもう珍しくデ部の少ない事といったらないです!しかもアメリカンにありがちな気合いゼロ服(ジャージとかジーパンにフリースとか)の人がほとんどいません。みなさんオシャレで髪の毛もちゃんとセットして光モンつけて化粧もしていらっしゃいました。こういうのはとても嬉しいです。ま、展覧会の内容からすると当然ですが(あはは)。
ミネソタではあんまり知名度が高くないイタリアンブランドもたくさん展示されていましたが、日本ではおなじみで、特に若い頃バブルだった母兵衛にはほんまに懐かしいデザインが!ああ、これ、、着た事あるがな、って(あはははははは)。

IMG_7098_20141209055400abf.jpg

ここ最近、イタリアンを着る(履く)事が増えました。
メイドインチャイナを買わないようにしているので、選択肢がすくないです(笑)が、セレクトショップなどで目に見えてイタリアンが増えて来たのを感じます。そして存外高価でない、ミネソタなんで服に税金もかからんし。同じ値段で品物がいい、となるとイタリアンに手が伸びるってもんですわ。イタリアンは若い娘よりもおばはんのほうが似合うような気がする、、(あはは)。実際現在の超流行なデザインでなくて30年前でも30年後でも着られそうですからねぇ。そりゃまぁ、ミュウミュウとか若手向きラインもありますが。ともかく、場内のフィルムなどでも言うてましたが、イタリア政府には全く保護されていないファッション業界ですが、イタリアンファッション関係者には古くからファッション業界人としての誇りがあり、最近また若い世代の気合いがはいってきているそうです。ええことやね。ルネッサンス。

IMG_7096.jpg

会場付近ではなんちゃってイタリア旅行写真も撮れます(あははははは)

IMG_7093.jpg

ショップもイタリア特集
特設ショップも出現しています。面白い本が並んでいました。

IMG_7177_20141209063528bf6.jpg

ショップは少し前に大規模改装して、高級志向になりまして、、
土産モン感ゼロになってます。前の品揃えも結構好きやったけどなぁ、、(笑)。

IMG_7178_20141209062509076.jpg

カバがかわいい

1197865103_2014120906251037b.jpg

やっぱりコチっとした服は気持ちいいですねぇ♪
てなことをいうててもここ最近は休みの日はカモフラージュ服(カモ服)なので、勢い平日も普段着はカモ化していますが(あはは)。ミネソタンというよりもグランツブルガー化しているよな(笑)。オンオフの格差がひどくなってます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

天才ちゅうもん

本日最高気温31℃、最低気温21℃、晴/曇
今日から5日間ほど熱波、明日は久々の90Fに届くでしょう。やっぱりステイトフェア近くになると熱波がきますねぇ。30℃超は5日続いて週明けからはまたガックリと気温が下がるという予報です。

今週土曜日8月23日
ローリングパークでチポットレ・フード&ミュージック祭が開催されます。
Chipotle Cultivate Festival
サンフランシスコ/ミネアポリス/ダラスの全国3カ所でやるらしいこのイベント、、なんでミネアポリスにしたんやろか?しかもローリングパークて地味な、、、と地元民ながら心配になりますが(笑)。
入場は無料、チポットレメニューは5〜7ドル、ビールとワインの試飲館はグラス$6から、ビールの試飲は$2、ノンアルコールドリンクは$2。その他フードベンダーも出るそうです。
会場内は柵がとりつけられていますが、これはアルコールを販売するからです。柵の外でアルコールを飲むのは違法になります。気をつけて〜〜。

さて、
ミネアポリス美術館で特別展覧中のThe Look of Love: Eye Miniatures from the Skier Collectionがもうすぐ終わるので(8月24日まで)悲しい。なんかものすごく惹かれています。欲しいなぁ、、。
そんでもって現在やっている特別展

IMG_1672.jpg

Marks of Genius
100 Extraordinary Drawings

こちらもとても面白いです。特に必見なのはモジリアニとマグリット(単に自分の趣味)。
なんべん見ても飽きませんねぇ、とても勉強になるし。

そんでもって、

IMG_1670_20140818063254a30.jpg

フィンランドのデザイン展もやってます。
ミネソタ州はゆうてもスカンジナビア移民が多い所為であそこらへんの文化には親しみがありますねぇ。

IMG_1667_2014081806325386a.jpg

フィンランドデザインで遊べるコーナーもありまして、
大人が立ち止まって座ったり写真を撮ったりしていました。
すきっとしていて粋な感じやねぇ。イケヤな感じ、ていうかIKEAはスエーデンやけどねぇ(笑)そうそう、スエーデンとノルウェーとフィンランドを混ぜるとムっとされます。ま、中国と韓国と日本を混ぜられるとムッとしますんで、それと同じなんかと思います。似たところでソマリアとエチオピアも混ぜるとムッとされますし、イランとイラクを混ぜても殊更ムッとされます。ま、大人なんで顔にださんひとも多いですが、注意が必要ですねぇ。
常設展もさっくりチェック

IMG_1710_201408180632586d8.jpg

アフリカ美術コーナーが新しくなって、ちょいとオシャレになりました。
大型タッチパネル説明機や各ベンチにiPadも設置されまして、ややこしアフリカ芸術や美術の歴史がさくさくと頭に入ります。

IMG_1688_20140818063257638.jpg

ガーナのソワ・クウェイ作 空想の棺桶。ガーナにはアカン人、モシ・ダゴンバ人、エウェ人、グルマ人、グルシ人、マンデ人、ブサンガ人、ガー人などが暮らしている(外人もおるが)。その中でもGa民族は死後好きな棺桶に入る事が出来るらしい。例えば、携帯電話型、カカオ壷型など、なんでも自分の専門分野や職業などが選ばれるようだ。それが噂になってガー族の棺桶は国際芸術マーケットに出回るようになったらしい。ちなみにこのエビ棺桶は未使用品。

IMG_1729_20140818070230607.jpg

ネズミと猫の酒盛り

IMG_1767_20140818070231737.jpg

”聖人の教えを聞かず終に身を滅ぼす人のしわざなりけり”

忘れるな、先人の知恵。

IMG_1834.jpg

ドッグウッドのコーヒーでも飲みましょ♪
んで、本眺めて、眺めると欲しいのがめっかったりするんですねぇ。

IMG_1837_20140818070235ba5.jpg

ちゅうことで、ショップに寄って買うてまうんですねぇ。
会員割引もあるしねぇ(あははは)

IMG_1848_20140818070647a23.jpg

これもおもろかった。

1218295195.jpg

ええねん、ええねん。
ココロと脳の栄養補給です。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

豪邸訪問ジェームス・ヒル邸

本日最高気温28℃、最低気温14℃、晴/雲
昼過ぎにサンダーストームが来る可能性が大です。
昨日の夜の寝入りばながこれまた結構な湿度で暑めに感じたんですが、朝方寒くて目が覚めました。もーーーこの気温差は老体には無理無理です。暑かったのも先週末だけで今日からまたゆるりと気温が下がります。秋っぽいかんじになってきました。なんか寂しね。

さて、
昨日はザクっと歩いた行程を追いましたが、
今日はミネソタでいちばん大きいマンション、ジェームスヒル邸の中へ!

IMG_9237.jpg

James J. Hill House
えらいこと逆光でたまらん、目ェ痛い。
一般公開されていまして、全ツアーのみです(30分毎)、週末は予約がおすすめ(電話)。
ツアーの中でこの屋敷の主、ジェームズJ・ヒルさんのバイオグラフィビデオ鑑賞があってジェームス・ヒルさんのことが手っ取り早く解りますんですが、なにせ全米でも5指に数えられる大富豪。グレートノーザーン鉄道のCEOでグレートノーザーン鉄道を軸に北西部に展開した鉄道グループの総帥、その鉄道敷設地域の経済への影響はものすごく、因ってエンパイヤビルダーと呼ばれています。

JJヒルさんのことを手短かに説明しますと、カナダの当時イギリス植民地にある裕福ではない家に生まれ、若くして父が他界したことで学校を退学して10代半ばで事務職に就職し簿記を納める。18歳でミネソタのセントポールに移住、スチームボートの事務職から色々な部門を経て独立。燃料薪や石炭とスチームボート輸送を2年ほどで独占、石炭事業にも乗り出し、無煙炭専売、4年で事業規模を5倍に成長させながら金融にも参入し、有名銀行数行の取締役に就任。さらに倒産企業を易く買収して立て直して売却する事を繰り返し莫大な利益を得て行きます。で、1877年、スチームボート輸送に参入してから7年で鉄道産業に参入します。(1873年恐慌で多数の鉄道も倒産してるんで、倒産ビジネス復興産業に手をだしていた輸送系ビジネスマンのヒルには当然の流れか)。あとは雪だるま方式で資産を増やしていったと、、死亡時の資産約25億ドル。
まさにモノポリーのゲームみたいに生きた人ですねぇ。

てなわけで、そんな人が建てて住んでいたマンションです。
ツアーの申し込みをして、出発まで15分あったので邸内のツアーガイドなしで見て良い場所を回ります。

IMG_9249_20140731102120023.jpg

The Parlor
ヒルさんはコレクターでも有名で、当時はギャラリールームに素晴らしい作品がみっしり!。当時の写真が展示されています。今では数点が残されているのみでほとんどがミネアポリス美術館に寄贈されています(常設されているのでいつでも見られます)。
ギャラリールームには巨大なパイプオルガン、ミュージックルームにはグランドピアノが置かれていてプロのミュージシャンを雇って演奏させていたそうです。
ツアー開始時間になってミュージックルームに集合、触るな踏むなフラッシュ撮影禁止など注意を聞きましてスタート。

IMG_7148_201407311018341a6.jpg

暖房の吹出し口が純金メッキでピッカピカ

IMG_7225_20140731101837671.jpg

蠟燭立ては純銀で有名アーティストの作品。
シャンデリアやライトはティファニー。それに蠟燭だけでなく当時とても珍しかったガスランプと電気ランプ(製品化したてでホヤホヤのエジソン電球がずらり)が設置されたらしい。もちろん自家発電。

IMG_7255_201407311018405ad.jpg

ボイラー室
ものすんごいデカイボイラー室でした。
なんと石炭貯蔵庫は常時40〜50トンの石炭がストックされていたらしい。

IMG_7237_20140731101839f27.jpg

ダイニングルーム
床からして総マホガニー、、ありがたみが薄れて行くマホガニー、、
召使い通路が隠し扉になっていて面白い。
必要性は微妙な感じだが(あははは)。ま、細かいところに意匠をこらしている。
隅々に凝らされた彫刻も超有名工房から職人John Kirchmayerとその弟子により施されている。ジョン本人作の作品にはサインが入っている。もちろんマホガニー。
ドアなんかも開いたら壁に埋め込まれて壁と見分けがつかなくなったり楽しい。

IMG_9257_20140731111135f31.jpg

お屋敷の中でいちばん面積が広いのがこのホール
廊下ですねぇ。廊下ですが多目的廊下というかんじです。玄関から入って右手、現在受付になっているのが男性の待ち合い、そして左手が女性入り口になっていて、女性入り口には二階への階段が設置されていて女性は直ぐにに上階のゲストルームでドレスと化粧を直し、パーティが始まると男性はホールで待機。女性は階段から降りて登場!となるそうです。そう、パーティといえば階段から降りて登場する、コレよコレ。

IMG_9338_201407311111383ae.jpg

素敵なドレスを来た女性たちがこの階段を降りて、殿方の腕をとるんですねぇ。

IMG_9324_20140731111137e1d.jpg

もちろん窓にはステンドグラスです。

IMG_9366_20140731111140bc7.jpg

2階のゲストルームのバルコニーからは聖ポール聖堂が見えます。
借景。

IMG_9450_20140731111916d6a.jpg

Breakfast room
朝ご飯の部屋。朝ご飯を食べるだけの部屋、、
どこのマンションに行っても朝ご飯を食べる部屋とか、朝起きて伸びする部屋とかある。
朝ご飯は家族で食うが晩ご飯は客と食べるからだろうと思うんだが、、
なんちゅうかこういう人々ちゅうのは飯も政治とか仕事のひとつやろうからねぇ、しんどいこと。

IMG_9384_201407311119129d0.jpg

レイチェル(娘)の部屋
残念ながら当時の調度品や家具や美術品は残っていないので少し殺風景で寂しい。
各部屋には当時の写真が飾られてはいますが、、。

IMG_9444.jpg

Library
図書館よりも図書館のとなりのDENがええかんじで居心地よさそう、、とおもったらヒル氏が仕事をするのに使っていたらしい。当時のそのままに保管されているので人の気配があってそう感じたんだとは思う。

IMG_9474_20140731111917cad.jpg

キッチン
キッチンは地下にある(といっても半地下で北から見ると地下、南からみると1階になる)。

IMG_9312.jpg

これはテラスではなくてキッチンポーチ
テラスはこの上にある、そしてテラスもキッチンポーチも大理石敷き。
ここでツアーが終了〜〜〜。裏から屋敷のサイズにしては狭い庭へ。

IMG_7157_2014073110183602c.jpg

マンションの裏、というか庭側というか、
こっからダウンタウンが見えます。
延床面積 36,000 square feet、4階層の大きなヒル邸でした。
ミネソタ、ツインシティズ観光におすすめです。

1217706439.jpg

豪邸見学、楽しいです(ぬふふ)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

ゲージツはわからんことも多い!

本日最高気温29℃、最低気温17℃、晴/午後3時すぎから各所でサンダーストームの可能性あり。
すでにころもし暑ぅなってきました。
今日からぐいぐい気温があがります。天気も荒れ模様になりそう、、。
Tumultuous Weather Continues Across Minnesota
荒天候がつづいています。あちこちで被害が出ています。
Tornadoes Flatten Tiny Rural Nebraska Town; 2 Dead
ネブレスカの人口350人ぐらいの小さな村にどえらい大きな竜巻が同時に2つ出現、村が消失。現在のところ子供を含めて2名の死亡が確認されているようです。

さて、
休みの日ぃやったんですが、土砂降りやったんでMIAへ行きました。
お目当てはこちら

IMG_1896_201406131042250fb.jpg

The Look of Love(撮影不可)
アラバマのバーミンガム美術館のコレクションです。
iTuneで無料ダウンロードがあります。
Look of Love
By Birmingham Museum of Art


IMG_1893_20140613104224bee.jpg

その展示室の前にある椅子
これが見た目ものすごくかたそうなんですが、実は妙にフンニャリしています(笑)
見かけたら是非に座ってみるべし(あはは)
たっぷりルックオブラブを見た後、常設展もみて
ついでにSX700 HS(キャノンパワーショット)のカメラテスト

IMG_1901.jpg

ゴッホのオリーブ畑
ゴッホはええねぇ、真冬のミネソタで見たら特にありがたみがある。

IMG_1910_2014061310422873d.jpg

セザンヌの栗の木々
栗よ栗、フランスちゅうたら栗やねぇ。

IMG_1934_201406131042296e4.jpg

ジャン=バティスト・カルポー
愛やねぇ、愛

IMG_1941_20140613110334045.jpg

ダルースのプリンドル邸
この移築された部屋の前に説明プレートが掲げられているが、この部屋を造ったミネアポリス在住だったブラッドストリート氏はよく日本に訪れて、神代杉を学んでそれを自分で造るテクニックを編み出した!!、と大げさに書かれているのやけど、、これて、焼杉ちゃうんか??と(木材は詳しくしらんが日本では良く見る)思うんだが、、どやろか。

IMG_1955_201406131103355d1.jpg

バードウォッチング(笑)
陶器&ブロンズのSparrowhawk ハイタカ
ペアです。
作者はあんまり鳥を見ない人なんではないか、、とふと感じたのであった。
職人の技的というか、、(あはは)でも愛嬌があってとてもかわいらしい。

帰りがけにコンテンポラリーの部屋を通り抜けると、、

IMG_1993.jpg

ホームセンターで売っているよなブルーのシートが3枚
壁にかけてあった。
工事中/改装中ではなくて、ゲージツ作品

母兵衛「わかりません」

説明を読んでみるとタイトルは”氾濫原(Floodplain)"
なるほどな、洪水で水浸しになっているノッパラだと、、、
私の好きなソロウの話しなんかも書かれているんですが、、

「やっぱりわかりません」

あはははは
ま、ええねん解らんでも。
私にはその横を通り過ぎて行った姉ちゃんのほうがゲージツ作品に思えるのだった、、。
実は作品写真上部が切れていますがそれは姉ちゃんを追ってしまったからなのだった、、(わかりやすーー)。

で、母兵衛は去ぬ。
帰りにスーパーに寄ってコーヒーを買った。

IMG_2003_20140613110338d96.jpg

ミネアポリスから南にあるル・センター市のコーヒー屋のん。
値段の割りにまぁまぁの味でして、微妙すぎ(笑)

IMG_2169_20140613110340957.jpg

オレオの夏季限定スイカ味が発売されていた、、
ピンクのクリームがスイカの実ぃ味で、緑の部分がスイカの皮味(キュウリみたいな)やったら非常に嫌やなぁ、、と考えながら眺め倒したが誰も買わなかったので(誰か買うてたらどんな味が聞いてみようと思った、、笑)
この場では買わんかったが、、やっぱりイっとこか、と悩み中。

1182192925.jpg
 於:ミネアポリス

作られた当時は実用品でも
今はゲージツになっているものもあるので
ブルーシートもあと500年ぐらい経ったらありがたがられるんかもしれない(うーん、想像できない)

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

どしゃぶりだったので、、

本日最高気温21℃、最低気温8℃、曇、たまに太陽がちらり
夕方からサンダーストームが来そうです。
朝からあかんちゅうので近所を徘徊していましたが、妙に太陽が出たりしてそれなりに楽しくすごしました。昼飯時ぐらいから妙に気圧が変化して頭と神経痛が危険な感じになってきたので帰宅、耳鳴りもはじまったので多分天気は荒れるでしょうが、、最近気圧の急激な変化があっても雨が落ちずに終わったりもするのでホンマに天気が読めません。

さて、
休みなのに土砂降りでけたくそわるかったので、景気ヅケに化石でも見ようとセントポールに行きました。

IMG_0569_201405060013302fa.jpg

ミネソタ科学博物館 Science Museum of Minnesota
もちろん常設の化石もありますが、現在アルチメット恐竜展覧会が催されております。
最近アルゼンチンで発掘された恐竜の化石を中心にドーンとやってきています。
特別展覧会ですが、写真撮影オッケー(入場時にわざわざ写真撮っていいのでどんどん撮ってくれ!と言われました、笑)。骨格キャスト(レプリカ)なのでかまんのやろかいね。

IMG_0475.jpg

これが今回の目玉のギガノトサウルス(Giganotosaurus)
ミネソタ博物館の新聞広告なんかでティラノサウルスよりデカく凶暴な恐竜が居た!!とセンセーショナルな広告がでていましたが、ま、ティラノよりちょいとおっきい程度です(笑)。展覧会ではセンセーショナルな記述は見られず(笑)、ちゃんと学術的な展示が主です。
ギガノトは体長14.3メートル、体重推定8〜9トン。シカゴのフィールド博物館に置いてある世界最大のティラノ、スーちゃんの頭骨が1、5メートル、それに対してギガノトの最大頭骨が1、7メートル(推定、未発見)と発表されたがいかんせん推定なのでもしかしたらティラのよりもはるかに小顔かもしれんしね(あはは、そりゃないか)。

IMG_0476_20140506001327361.jpg

オウラノサウルス(Ouranosaurus)
親指があるだけで、こいつは器用やったんやろな、、、と思ってしまうのだった(笑)

IMG_0492.jpg

シモスクス(Simosuchus)
なんか、、ちょっと犬っぽいというかピットブルのようなワニのご先祖さん
サイズもそんな感じなので多分首輪をつけて公園を歩いていたら気がつかない人も多いかもしれない。犬好きな人は二度見したりして、ぎょっとなったりして、、(あはは)。飼いシモスクスが嬉しくて尻尾振って、それが飼い主の向こう脛に当たったらバットで殴られるぐらい痛いかもしれない。

IMG_0487.jpg

ブイトレラプトル(Buitreraptor)
骨格を見た感じ、メスの七面鳥サイズに巨大化したオオミチバシリ(Greater Roadrunner)。
走るのが早かったんだろうなぁ、、と思ったりしてねぇ。まだ羽毛の化石は見つかっていないが近縁種で羽毛の化石があるのでブレイトもそろそろ羽毛が生えておったんとちゃうかな、、と考えられています。おもろい。

てなかんじで骨を見て数時間すごしまして、
外に出て見ると、、雨がやんでいました(どん曇りやったけど)

ちゅうことで、

IMG_1000_20140506004928c38.jpg

ノコミス湖に行ってみた
ミミカイツブリ(Horned Grebe)が沸いていた。

IMG_1010_2014050600493205c.jpg

ハシグロアビ(Common Loon)も沸いてた
啼いてなかったけど、結構傍で見られてうれしかった。

IMG_1006_20140506004930149.jpg

結構ハトムネなアビ(あはははははは)
しかしまぁ、デカイ水禽やねぇ。大きな鳥は好きです、大きい事はいいことだ。

IMG_0992_2014050600492763b.jpg

メリケンアジサシ(Forster's Tern)が飛んでいた。
ターンと発音する人もいればテルンと発音する人もいるが、どっちでも通じます(鳥見には)。もちろん鳥に興味の無い人にはスペルを言っても通じません、あしからず(あはははは)。

芝生スペースに大きな水たまりが出来ていて、

IMG_1026.jpg

キアシシギとコキアシシギがウロウロしていました。
Greater Yellowlegs, Lesser Yellowlegs
現在あちこちのボグの水位が上がっていて浅いところが少ないので公園の芝生にできた水たまりにショアバードがうろついているのを良く見ます。いや、公園だけでなくスーパーの駐車場に出来た水たまりでも見ましたが(あはははは、ある意味ガッカリ)
ほんのこ一時間ほど真っ暗けっけの曇りでした雨足が止まりまして、プチ鳥見が楽しめました。
雷がゴロゴロいいだしたので、とっとと帰宅。

200905070515227a4_201405060058578fd.jpg

ま、そーなんかねぇ、
落とされる方が悪いので反省しなさい(笑)

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。