スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ラファエロ!

ラファエロといっても赤い鉢巻きの亀ではない(笑)。
ミネアポリス美術館の100周年のサプライズイベント
前回はフェルメールでした。今回は

IMG_1195_20150530050412a6a.jpg

Raphael, The Madonna of the Pinks
ラファエロ・サンティの”カーネーションの聖母”
ロンドンのナショナルギャラリーから借りてます。
実はこのラファエロの真作鑑定が出たのはツイ最近なんですが(ナショナルギャラリーの館長で当時キュレーターやったペニー氏による)、懐疑的な意見もまだありまして、両手を上げてこりゃラファエロやってわけでもなかったりする非常に興味深い作品です。すばらしい作品ですんで名前置いといてでも見る価値大であります。全開のフェルメールもそうですが、青の良い作家の作品が選ばれてますがなんか意図があるんやろか?
 で、私、なんでかしらんのですがミケランジェロがサプライズで出ると思っていまして(意味不明)、ボケーっと歩いて行ってふとこの絵の前に立って、、、
「これは、ミケランジェロではない!!!ラファエロやん!!」と愕然としたんですが、
ふと吾にかえって横の説明文を見たら、ラファエロと大きな字で書かれていました。
1人バカウケ(あはははははは)。アホすぎて笑える。

IMG_1211_20150530050413ac3.jpg

館内やたらめったら子供だらけ
外にはスクールバスだらけ、、
大きな声で叫ぶ子供が先生にコッテリしかられていましたが、ちょうど同じ部屋で居た私の耳はキーーーーンと耳鳴りが(あーもう)
子供の居ない所を縫うようにして移動

IMG_1230_20150530050415782.jpg

普段あんまり来ないチューダールームとかに辿り着いたりして(笑)
そんなんもおもろいなぁ、、と

IMG_1240_20150530050416169.jpg

まぁ、3つぐらい離れた部屋に居る学童集団の大声が響いてきまして、
静けさゼロ、、ううう

IMG_1249_20150530050418cd7.jpg

写真だけでも静けさ漂う雰囲気に撮ってみたりして(あはは)

IMG_1345_20150530053504eec.jpg

イーグル

IMG_1354_20150530053506563.jpg

うふふふ


IMG_1384_20150530053507c39.jpg

虫干し(笑)
手前に見える大岡雲峰のカワセミの軸、ええねぇ

IMG_1313_20150530053504e01.jpg

普段と違うルートを歩いたので結構新鮮で面白かったです。
帰りにあちこち道路工事やりまくりすぎて、アパートに辿り着くまでえらい時間がかかりました(笑)

20090925033428bd3_201505300535091e0.jpg

解剖図って芸術やと思う。
ていうか、人体がアートなんやろね。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

ミネアポリス美術館、いいのやりますねぇ。ちゃんと和室まで・・・。
by: 無楽斎 * 2015/07/25 07:27 * URL [ 編集] | TOP↑


静かな雰囲気で見たいですよね
掛け軸って、アメリカンはどう思うのかな?
by: ロンゲのオヤジ * 2015/07/25 07:27 * URL [ 編集] | TOP↑

無楽斎さん
コメントありがとうございます
なんせ100年アニバーサリーなので予算もどーんと、集金もガーンとされました(笑)。
この部屋は南禅寺の金地院にあったもので安井杢工務店さんのすばらしい仕事で移築されました♪
なんせ広いんで、茶室なんかも移築されて館内展示されてますわ。
by: 母兵衛 * 2015/07/25 09:35 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
まぁ、静かな日と賑やかな日がありまして、どちらかというと静かな日のほうが嬉しいですね。でも子供達にもたくさん見てもらいたいです、が、子供も自覚した行動をしてもらいたいです。五月蝿いのはこんでええといいますか(笑)。
東洋美術、特に掛け軸とか好きな人は好きです。が、軸は扱いが難しいですからねぇ、所謂ティピカルなアメリカンにはちょっと無理かと思われます。特にミネソタなんかだとなんせ乾燥しているので管理が大変でしょうねぇ、湿気ってるほうがまだマシかと思う事があります。掛け軸は西洋の油絵のように100年同じ場所にかけっぱ!っていう芸術やないのでねぇ(笑)。
by: 母兵衛 * 2015/07/25 09:40 * URL [ 編集] | TOP↑


美術館にちびっ子軍団・・・。
そりゃー広々とした空間・・・
整った空調などなど
大騒ぎしたくなる要素が(苦笑)。
じっくり静かに見たい時に遭遇すると
「う、運が悪かった・・」
って思っちゃいますよね。

骨、美しい配列ですよね。
夜中に出会いたくはないですが(笑)。
by: リク * 2015/07/25 22:46 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
学校の質にもよるんですけどねぇ、フィールドトリップの目的をはっきりと持ったレベルの高い小学校なんかだとグループ単位できちっと作品の前に座って先生の説明を聞いたり質問したりしていて、横で聞いていると素晴らしい質問や着眼点をもった子供がいて感動しますんですが、、。問題は先生からしてやる気のない学校、、比例して生徒もカタ悪いです。私もすべての子供が嫌いなわけではないんですが、、、マナーのなってない子供がパブリックスペースに連れ出されているのが嫌いなんです(大人の所為ということになりますね)。というとマナーのなってない大人はもっとゆるせないんですが(あははははは)。
あはは、夜中でも昼でも骨に変わりはないとおもうんですが、そういうところが”かわいくない”と言われた所以だったんでしょうがおかげさまで解脱した年齢になってほっとしております(笑)。
by: 母兵衛 * 2015/07/26 10:42 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。