スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ヘンダーソン夫人の贈り物

エロイスバトラーに来ています。



グレートホーンが居った。
Great Horned Owl アメリカワシミミズク
ちょうど通りがかった人にナニ見てんの?と聞かれたので
ほれ、あそこにグレートホーンドアウルが居るよ、と教えたら、
結構感動してもらえました。デッカい鳥なのでなんか得した気分になりますねぇ♪

IMG_7632_2015052007282867a.jpg

ハエも居った。
ちいさいものも見ます。
ハエといえばスカンクキャベツ

IMG_7644.jpg

花も終わってこんなにワサワサと育っています。
こうなると野菜って感じ(あはは)

IMG_7646_2015052007283134e.jpg

いろんな植物が一斉に芽吹いて花咲いて、
もーーーねぇ、ブワーと賑やかになっております。
お陰で鳥探すの大変(あははは)。

IMG_7650.jpg

グレイトクレステッドフライキャッチャー
Great Crested Flycatcher オオヒタキモドキ
結構うるさいので見つけ易い。

IMG_7656.jpg

しかしまぁ、今年はワーブラーが来んねぇ。

IMG_7661.jpg

アーリーメドルー Early Meadow Rue
はっぱのかたちがかえらし。



インディゴバンティング 
Indigo Bunting ルリノジコ
ブルーではなくてインディゴです♪ものすごく深い綺麗な青で、結構目立つ所で啼いて啼いて啼きちゃがすので楽しい小鳥です。



Indigo Bunting Calls
こんな鳴き声が聞こえたら、樹ぃのてっぺんに青いスズメに毛が生えたぐらいの小鳥が居ないか探してみてください♪動く宝石です。



ジャックインザプルピット
Jack-in-the-Pulpit

IMG_1590_201506062042550c1.jpg

Mrs. Henderson Presents(ミセス.ヘンダーソン・プリゼンツ)邦題『ヘンダーソン夫人の贈り物』2005年スティーブン・フリアーズ監督イギリス映画。ヘンダーソン夫人(ジュディ・リンチ)、バンダム支配人(ボブ・ホスキンス)、コンウェイ夫人(セルマ・バーロウ)、モーリーン(ケリー・ライリー)。実際にイングランドのショービズ界にヌードを導入したヘンダーソン夫人がモデルになっている。70歳のエキセントリックな未亡人ミセス.ローラ・ヘンダーソンがロンドンでシアター(ウィンドミル劇場と命名)を購入、ヴィヴィアン・ヴァン・ダムをマネージャーとして雇う、この件がかなり笑える。ヘンダーソンはロンドンでムーランルージュ(パリ)のようなヌードレビューを興行したいと思っている(その理由はラストで明かされる)、非着衣の女性が舞台に出る事には否定的なユナイテッドキングダムでコネを駆使し”芸術”とすることで許可をとりつけ、興行を始めるが、第二次世界大戦下、ザ・ブリッツ(ロンドン大空襲)が始まる。その中でも興行は続けられるがウィンドミル劇場も被弾、1人の女優が亡くなり、人が集まる事は危険だという理由で劇場閉鎖勧告をうける。そこでクライマックスのヘンダーソンのスピーチ。最後はミセスヘンダーソンは1944年に亡くなり劇場をヴァン・ダム氏に譲渡すると遺言した、と。見苦しくなりがちな老いらくの恋をジュディ・ディンチが興味深く演じています。イギリス女(とくに年寄)は無敵やねぇ(笑)。

They're not British. Could be Italian. We must have British nipples.

1216671908.jpg

良い季節やわ。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

動く宝石、いい声で鳴いてますね
実際に見るともっと綺麗なんだろうな~
by: ロンゲのオヤジ * 2015/07/03 08:27 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
美しいです。カワセミと並ぶぐらいなのでは、と個人的には感じます(無理か、笑)。
by: 母兵衛 * 2015/07/03 08:56 * URL [ 編集] | TOP↑


見上げたらグレートホーン。
いいなぁ。
一度自然のままのフクロウ見てみたい・・・・。

ルリノジコ。
まぁそんな目立つ色!
と思ったら、青空バックだと保護色!
なんだかすっごく納得した私です。
なるほどなぁ~(笑)。
あ、でもそんなに啼いたらバレバレか(笑)。
by: リク * 2015/07/03 23:15 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
フクロウ系てなんせ静かなんで慣れないと探しづらいですよねぇ。
日本では大きなカメラを持ったおじさんたちが並んでいるところを探せばいいだけみたいですよ(あはははは)。
そう、ルリノジコは保護色なんです(あははは)幸せ色。
雄が頑張って啼くおかげでメス安泰です♪
by: 母兵衛 * 2015/07/04 09:07 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。