スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

信じるものは消えてなくなる

もうねぇ、ダウンタウンの中が工事だらけでうんざりです。
しょっちゅう通行止めや車線規制があってデツアー天国

IMG_8190_201501310844014fa.jpg

その工事の親分のようなバイキンスタジアム
なんか明かりをすべてLEDライトに変更して数ミリオンダラーほど予算上乗せしたらしい。殺鳥ガラスは変更する気全くないらしい、ビタイチモン払いたくないバイキンは予算が無いから仕方が無いとか言うてたんですが、予算あるやんけ。なんかなぁ、、。

IMG_8192.jpg

Left Behind(レフトビハインド)主役はニコラス・ケイジ。ここ最近でダントツ1位最低映画確実(モランク)です。コテコテの宗教映画でそれだけもStinkなんですが、残念なことにキリスト教布教でなくて不興映画となっております。この映画を見てキリスト教徒になるとか、信者が増える事は無いと思いますねぇ、もしかしたらアンタイクリスチャンの信者減らし作戦か?(笑)。なんせ、”キリスト教”の神様を良く信心している人が突然消失する事で大変な非常事態になっていく、という人騒がせなパニック映画です(原作が原作なんですが)。アコギなことにまだ”信心”とか”信仰”とかがわからんような赤子とか子供を根こそぎ消してしまう(ヘブンとやらに行ったらしいですが、、うさんくさい)ところが酷すぎる。母親から生まれたての赤子を奪うとは何事ぞ!まさに極悪凶悪、そして子供に選択の自由はありません、不憫すぎる。まぁ、来る暗黒の時代(サタンの時代)に向けてキリスト教の神さんが信者を”救済”する目的で消したという設定ですが、状況無視で消すもんやから運行中の車や電車や飛行機の運転手、各種オペレーター、公共機関のオフィサーも消えるわけで、事故やらがものすんごい事になりまして、カオスです。来る暗黒の時代、というよりもその神さんの行いの所為で暗黒になったと言えるでしょう。まさに犯人はおまえじゃ!と指をさしたくなりました。要するに信じる者は救われているかどうかは解らんが生き残れはせんだろう、ちゅう映画ですねぇ。生きたい人は信仰心は捨てましょうと、そういう映画でしょう(あははは)。
映画自体はニコラスケイジが演じるキャプテンコマーシャルパイロットのレイがNYーロンドンのフライト中にこの消失事件に遭遇、副機長とキャビンアテンダントも消えて、機長レイとその浮気相手の金髪美女キャビンアテンダントと有名ジャーナリストの3人でなんとか地上に戻ることができるのか!!というのがメインの場面になる。この消失劇がエイリアンとか今流行の脳みその覚醒により時空を超えてしまって、、とか言う設定(台詞だけでもいい)だったら「オモロイ映画やったわー」と思った筈や、いや、そんな設定すら要らん、最後まで「なんで消えたんかわらかん」という設定ですらB級ながらもそれなりにサックリ楽しめたでしょうねぇ。ま、結局生き残るのはエキストラと貞操を守らない浮気をしている人(ケイジ)、デザスタージャーナリスト、イスラム教徒、アジア人、身体障害者、シャブ中というメンツです、わー差別的。私がこんなイベントに出会ったら二次災害ではどうなるかわかりませんが、いきなり問答無用で消されることはないでしょう一安心(ぶっ)。映画の最後はサタンの時代のはじまりや、、というところで終わるんですが、キリスト教は全く信じていない私からしますと、サタン=キリスト教以外の宗教の時代がやってくるっちゅうことで、そんなに悪い事ではないと思いますねぇ、まぁ、キリスト教の神さんのしでかした事の後始末は大変やとは思いますが。映画的にはサイファイTV映画的でB級感まんちくりん、事故なんかも都合よく起きて緊迫感ありますしで嫌いではないです。ま、興味深い映画ではありますが、、ニコラスケイジよ、もうすこし仕事を選んでくれ(笑)。これでケイジが良い映画からLeft Behindされないことを祈ります。

さて、
気温が下がると空の色は良くなりますねぇ。

IMG_7750_20150131082928c54.jpg

ローリングです。
さしてなんも特筆するべき鳥は来ていませんが、
チカディーとかノドジロとかが居て、双眼鏡で見ていたら、
ヤギ髭の若い自転車に乗った兄ちゃんが近寄って来て
「なんかええもん居る?レッドポールとか?」
と、キラキラした目で聞いてきたんですが、、、
いや、、今年はほんまにあかんわ、、という事なんかを話しして終了。
ま、コレから来るかわからんけどねぇ、だから見にくるんやけど(笑)



なんちゅうても数年前に見たナキイスカ
White-winged Crossbill
この時は嬉しいがちょっと豚に真珠的でありまして(あはは)、今だったら如何にええもん見たかがわかります。ビッグファインドですねぇ、直ぐレポートもんですわ。ま、こんなラッキーがまた来ないかとウロウロするわけで(笑)。



ブラックキャップドチッカディー(Black-capped Chickadee/アメリカコガラ)
もう凄まじく可愛らしいですねぇ。口の中に入れたいぐらいです。こう、パクっとねぇ。
あんまりかわいいので



こんなん作ってみました。チカディの肖像

IMG_7792_201501310829326d4.jpg

ばばあほやろーぶーぶー byチカディ

ま、ちょっと頭煮えた感じではありますねぇ。ま、ええのよ

IMG_7810.jpg

カーディナル(ショウジョウコウカンチョウ)も居まして、
こちらも赤くて可愛いですが、なんちゅうてもサイズが大きい(チカディに比べて)ので可愛さもボケます。もちろん白頭鷲の近くにおったら恐ろしく小さく見えますが、、何事も相対的なもんです。

1202847031_20150131084404456.jpg

わーい

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

気温上がって
鳥見にはいいですね
チカディの肖像、かわいぃ~
by: ロンゲのオヤジ * 2015/02/07 08:07 * URL [ 編集] | TOP↑


あははは。
どんなに最低(モランク)だったかが
わかる説明っぷり(笑)。
信じる者は救われるじゃなくて
消えてなくなるって・・・どーよそれ(笑)。

チッカディー、可愛い~。
せっかくそんなかわいい肖像画つくってもらったのに
暴言はいけません、暴言は(笑)。
by: リク * 2015/02/07 21:56 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
確かに歩くにも待つにも快適です♪が、寒く無さ過ぎて鳥が南下してこず、かといってまだ妙に寒い日もあるので渡った鳥が北上してきていない、、というのもありスカンクが続いています(笑)。
ありがとうございます←肖像
by: 母兵衛 * 2015/02/08 05:45 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
信じるものは消えるんです、ほんま「どーよそれ」ですよねぇ。酷い話です(あははは)。
聖書を読んでいると(もちろん”読み物”としてですが、笑)、「どーよそれ」というのが多いです。仏教の教典でもツッコミ入れたいのもありますが、聖書ほどでもないように思いますわ。ま、コー◯ンなんかもツッコミ所満載ですが。
ま、あほなんでどうしようもないですねぇ(あははははは)。
by: 母兵衛 * 2015/02/08 05:51 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。