スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ナショナルギャラリーオブアート

今日はもっそい暖かくなります!なんと最高気温2℃!!
が、明日からまたアークティックブラストがくるらしいです。寒なるんやてぇ。
さて、
フーリアを出てスミソニアンキャッスルによってトイレに行き(笑)ました。キャッスルにはスミソニアンのミュージアム群の案内所と世界お土産展示(これはおもろいです)にスミソニアン博物館群全体からのダイジェストお土産店(ここだけでお土産は網羅、ぎゃははは)にカフェがありまして休憩に良いです。入り口のところにジェームス・スミソン(フランスの化学者でスミソニアンインスティチュートの基礎を築いた、要するに仰山寄付した人)の墓、ちゅうか遺骸が安置されています。もちろん棺桶(棺桶というよりも蓋物)に入ってますが、みなさんぺたぺたさわりまくってますねぇ。ええんかなぁ(あはは)。で、

IMG_5820_20141127085601b20.jpg

ハーシュホーン美術館(Hirshhorn Museum)の前を通り過ぎて、、
ロダンとかウォーホールとか所蔵してますが、用事がないし興味が無い作品が多いので今日はスルー。

IMG_5822.jpg

国立航空宇宙博物館 Air And Space Museum
ポールの上にカラスがとまっていた、、しかし、ババ曇りやねぇ。
この建物は画家小圃千浦の息子の小圃ギョウデザイン、有名な建築物をたくさん手がけていますねぇ、日本人的にはLAの全米日系人博物館とか仙台空港のデザインといえば「ああ〜〜」となるか。
で、エアアンドスペースミュージアムの前でモールを北側に移動して、

IMG_5887.jpg

ナショナルギャラリーオブアートへ
ちなみにナショナルギャラリー(National Galley)というとロンドンのやつで、ナショナルギャラリーオブアート(National Gallery of Art)というとDCのやつです。DCで居る間は”ナショナルギャラリー”でも通じますが、他所で話しするときはちゃんと名前を言わないとややこしなります。
見てわかりますが、スポットライトがドガのダンサー♪
そういえばこの前来た時はザ・フィリップスコレクションでドガのバレリーナ特別展を観ました。なぜかDCはバレエづくねぇ、、ドキドキしますねぇ。練習サボって運動不足で動悸しているわけではありません。

IMG_5841_20141127093311c64.jpg

Doga's Little Dancer
特別展覧会というわけでもなくスポットライトというか所蔵品の特集というかんじなので特別料金をとられるわけでもなくたくさんの部屋でもないですが、いつもは公開されてなかったりあちこちにちらばって展示されている作品をまとめて、コンセプトに従って展示してくれているのが興味深い,普段気付かないところに気付くチャンスですねぇ。企画ものでちょっとしたカラーの説明冊子も無料で配られるのでとても嬉しい。もちろん貰てきました♪作品のカラー写真や彫刻のX線写真などと並べて説明されています。とても解り易い。

IMG_5840_2014112709330979b.jpg

リトルダンサー
ナショナルギャラリーオブアートは2体もってまして、1つは彫刻のほうに展示されたままでした。こちらのは貸し出したりしてるんやろねぇ。そういえばレンブラントの自画像もまだ貸し出し中やった、、「まだ出稼ぎ中やねん」と関係者が言うてました。入館料が無料というのは税金や寄付もありますが、こうして芸術作品が稼いでくれている分も多大にあるようです。みられんでも文句は言えませんねぇ。

IMG_5883_20141127102303576.jpg

彫刻のコーナーにはまだまだぎょーさんドガ作品があります。
現在のもんのすごいジャンプの多いバレエではこんなにむっちりしたプロのバレエダンサーはあまりみかけませんが(こんだけ肉ついてたら怪我が絶えないだろうし)昔はコリアグラフもとてもおとなしかったそうなのでむっちりしてても踊れたんだろうと思う。バレエの技術もオリンピックなみに躍進しています。グランフィッテ、フェッテ・ロン・ドゥ・ジャンプ・アン・トゥールナンでもただまわるだけでなくてドゥーブルでダブルもトリプルもぐいぐい入れてくるようになってますしねぇ。あ、そうそう初日にもらった無料観光雑誌Whereの表紙、あれはニューヨークシティーバレエのプリンシパル、タイラー・ペック(Tiler Peck)で、ケネディセンターで公演されている”Little Dancer"を踊っています♪
ドガはそれぐらいにして、

IMG_5853.jpg

ああ、アンリ、マイラブ〜〜
アンリ・ルソー、、好きな画家好きな作品はものすごく沢山ありますが、観ていてトリップできる画家はそんなに多くないです。そしてルソーはその1人です。なんなんやろか。出際に原田マハ『楽園のカンヴァス』を読んだので青のピカソとルソーをじっくり眺めたかったんよね。ちなみにルソー3作とピカソのLe Gourmet(グルメ)を含む数点にトゥールーズ-ロートレックにモディリアーニが同じ部屋にみっしりと♪ほんま贅沢です。
ソファもあるので座って思う存分楽しみました。それになぜかこの部屋はやたらと電波の繋がりがよくてねぇ、ナショナルギャラリーオブアートの無料Wi-Fiて入り口のロタンダあたりでないとイマイチ繋がらんのですが、ま、なんにせよ居心地よすぎやねぇ。

IMG_5842_20141127093312ee4.jpg

モディリアーニ 青いクッションの上のヌード
Amedeo Modigliani Nude on a Blue Cusion
ここはディバン(長椅子)の上のヌードも所蔵しているが今はしまわれているようで残念だが、ゆうてもこちらの青いクッションのほうの完成度はすばらしくて逆とちごてよかったな、と思う。
もうちょっと眺めていたかったが、明日も来るので後ろ髪引かれながら移動
でも、明日は明日未来のことはわからないので

IMG_5015_20141127093308502.jpg

”手紙を書く女”には挨拶しておかなければ。Johannes Vermeer
ああ、、、ぬふふふふふふふふ

IMG_5864.jpg

ぐふふふふ
幸せやねぇ。何故かフェルメールの部屋に誰もおらんかった。隣の部屋で警備員は居ったけど、、
この絵の前で30分弱ぐらい居ったんだが、素通りした人が2人だけだった。
なんで?なんでこんなに人気がないのか?それとも部屋がかわったからか?そういえば美術館のマップのほうはまだ昔の場所のまま(前はこの部屋の3部屋となりにあった)なので辿りつけていないのか?とも思ったが、ゆうてもまっすぐ見通せる部屋で近いから解る筈やと思うんだけど。
ま、ゆっくり観られて私は嬉しいけどねぇ。

IMG_5877_20141127102301a7c.jpg

ラオコーーーーーン!!
そしてもちろんエル・グレコにも挨拶する。
エル・グレコが神話を描いたのはこれ一点だけ、この絵を観ると、ああそうだギリシャ人だったと再認識。多くの美術館でスペイン/イタリアのセクションかもしくは宗教画セクションに展示されているのでついそっちのイメージが、、。
エルグレコも現在スポットされているのでとても興味深い展示のされかたをしていました♪
したらばそろそろ閉館なのでまた明日会いましょう(笑)

IMG_5002.jpg

フーターズ(Hooters)尻を愛で飯を食いました♪
ウィングとか揚げ物のソースは選べるんですが、サムライテリヤキが美味しかった。今度はこればっかりにしよう。スポーツバーでなんせこの日はビッグゲームもあったのでもっそい大盛り上がりでした。え?ペイトリオッツ?もちろん問題なく勝ちました。ええねぇ、オフェンスラインもちいとは辛抱できるようになったし、ゆうてもディフェンスバックが観られるようになってきました。
そういえばフーターズは日本に上陸していると聞いたんですが、日本だったらプロ野球とかサッカーとか相撲とかみるんだろうか?フーターズで相撲、、、うーん。

20091123041625d97_20141127102304ac7.jpg

Nude on a Divan
あはは

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

楽園のカンヴァス、私も2か月ほど前読みました。
モディリアーニ、フェルメール垂涎ですな。
いつの日か行こうと思います。
by: 無楽斎 * 2014/11/30 05:55 * URL [ 編集] | TOP↑


楽園のカンヴァス、私も2か月ほど前読みました。
モディリアーニ、フェルメール垂涎ですな。
うらやましい限りです。
by: 無楽斎 * 2014/11/30 05:56 * URL [ 編集] | TOP↑


絵画は、よく分かりませんが
ヌードの絵、すごく可愛らしいですね
フーターズ、大阪にあるそうです
by: ロンゲのオヤジ * 2014/11/30 07:55 * URL [ 編集] | TOP↑

Hooters
Hooters、楽しめました。S先生とT先生と私ともに、メガネを掛けたアフリカ系の背の低い子に興味津々でした。なぜにここにいるのだろうか?と。
by: biddeford * 2014/11/30 10:24 * URL [ 編集] | TOP↑


母兵衛さんのウキウキが伝わってきます♪

確かにバレリーナさんの体型、
今よりはだいぶふくよかですよね。
あら、フェルメールは人気薄だったんですかねぇ??
はてさて。

フーターズ、きっと東京にはあるだろうと調べてみると
3店舗ほどありました。
スタッフ募集が出ていたのですが
説明書きに
「チアリーダーをイメージした健康的な制服です」
とありました(笑)。
た、確かに健康的ですわ(笑)。
by: リク * 2014/11/30 21:33 * URL [ 編集] | TOP↑

無楽斎さん
コメントありがとうございます
軽すぎ感は否めませんが面白い本でしたねぇ←楽園〜。ルソーを見たときの印象が私とは全く違うのでそこらへんが逆に面白味だったと思います。ファンタジーですねぇ。
今回目が見えて元気に歩けるというのはありがたいことだと感じました。健康に乾杯。
by: 母兵衛 * 2014/11/30 22:06 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
モジリアニのこのヌード、ほんとうにかわいらしいですよね!!なんというかモデルのひととなりとか画家の心がでているというか、そうなんです、蘊蓄なんぞは後からついてくるもので観た時に心に起こるものを感じるのが美術鑑賞のツボなんですわ♪オヤジさんと生モジリアニの前で語りたいです♪
大阪にも?←フーターズ、おもろいですね。
by: 母兵衛 * 2014/11/30 22:10 * URL [ 編集] | TOP↑

biddefordさん
コメントありがとうございます
フーターズもいろいろなニーズに答えているのかもしれません。特にDCなのでメガネっ娘需要が多いとか(笑)。
by: 母兵衛 * 2014/11/30 22:12 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
ウキウキですねぇ♪幸せです。
バレリーナの写真も残っていますが体型がむっちりしているし衣装も重そうです。そりゃまぁ高くは飛べなかっただろうと思います。
フェルメールに人が居ないというのは本当に珍しかったです。独り占めで好きなだけ邪魔無く観られて贅沢気分でした(あはは)。
3店舗!それは流行っているということなのでしょう。いいことです。
まぁフーターズの従業員も部活みたいな感じですしねぇ;) 接客がどんくさくても許せるお店です。
by: 母兵衛 * 2014/11/30 22:17 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。