スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ツルを追って北へ

まだイマイチ体調が本調子でもないし、どうも咳がとまらん。
ミューカスバスター(Mucinex)投入!!一気に治すぞ。
さて、
週末天気予報もイマイチながら
なにせ鶴シーズンインしているので気がそぞろになってきまして(笑)
行ってしまいました。
老体労ったスケジュールで、まずお昼ご飯を食うてからゆっくり出発。

IMG_2016_201410290817562da.jpg

クレックスメド(Crex Meadows)
世界的に重要な鳥類生息区域500カ所のなかの1つです。絶滅危惧種が多く繁殖しているので有名。それにウィスコンシン州でみられる全ての種類の哺乳類が観察できる場所でもあります。とくにオオカミの研究が盛んで”クレックスパック”とよばれるティンバーウルフの群れは1995年からクレックスメドをテリトリーとして繁殖しています。

IMG_1953_20141029081758ae4.jpg

ファントムレイクに到着するといきなりあちこちからケタケタと何度聞いても残念な感じのツルの声が聞こえてきました。鶴親子が着陸態勢になっています。
お父ちゃん、お母ちゃん、一人っ子という家族構成が目立ちます。
2っ子もたまにみかけますが。

IMG_1954.jpg

着陸!サンドヒルクレーン(Sandhill Crane/ カナダヅル)
子供達もすっかり大きくなって、飛ぶのも上手になっていますが、、
が、声だけはまだ雛(あははは)
これが面白くて、ゲタゲタゲタゲタ、ケタケタケタケタという成鳥の声に混じって

ぴよぴよ ぴよぴよ びよびよ

と、可愛らしい声が聞こえます。図体はすっかりアダルトですが、声は赤子(あははは)

IMG_1957_20141029081801721.jpg

ファントムレイク
この時期なのに水禽が全く居らん!!!
ゼロではないですが、限りなくゼロにちかいです。今年は遅い(ワタリが)とみな口を揃えて言うてますし、たしかに母兵衛テリトリーでもほんまに来てないんですわ。そして聖地クレックスメドももれなく遅いようでひっそり閑としています。
平均気温はちょびっとだけ例年以下なんですが、ガックリと寒くなることもなく、雪もなく、水面も凍っていないのと水位が高いのがかなり影響しているんではなかろうか。
紅葉はほぼ終了、かろうじて木に枯れた葉がついてますが、風が拭けば素っ裸になるでしょう。

IMG_1958.jpg

ナキハクチョウ(Trumpeter Swan)の頭がピコっと出ていました。
やっぱり大きいですトランぺッタースワン。
キャットテール(蒲)の背丈がかなり高いのでトランぺッタースワンやカナダヅルでも頭の先しか見えません。きっとレア鳥がたくさん居るんでしょうが、全く見えない。春とちがってあんまし鳴かんし。
ダイクの湖の在所家族に遭遇

IMG_1972_201410290841568ce.jpg

このポーズ、反則的にかわいい、、、
ものすんごく念入りに羽根繕いしていました。

IMG_1974_20141029084158d32.jpg

プワーン
トランぺッタースワンという名の通り、小声でも大声でもトランペットの音です(笑)。



美しいですねぇ、まさに白鳥の舞
白鳥もカナダ雁もまだまだほんまに集まってきていません。少ない。
それになんといっても猛禽が居らん。
もちろん在所の白頭鷲やハリアーはみかけましたが。

IMG_20590.jpg

こんなに広い土地でも”いい場所”はとりあいになるようで、
白鳥がわちゃわちゃもめていました。



動画でどうぞ。
揉めているわりに気の抜けた声です(微笑)。
ハフン、ハッフン、ハッフン、ハッフン

情報によるとすでに1万羽以上のツルがこのクレックスメドに集結しているようです。がこんな真っ昼間のオヤツ時に来てもそんなにたくさんのツルは見られませんです。クレックスメドは宿のようなもので、夜ここで眠り、朝になると各所にあるトウモロコシ畑や牛農場(ウィスコンシンといえばデイリー農家)で牛の糞をひっくりかえしに行くんです。出勤ですね。他の水禽なんかもそうですが、寝るときは大団体で眠り、昼は家族単位で移動してあちこちで飯くうのです。ま、1万羽のツルが同じ場所で飯くうのは不可能ですしねぇ(笑)。
市内各所の飯所を覗きにいくのは明日に回すとして、日没まであと3時間ほど今季初めてのクレックスメドの様子を先ず巡回して観察してみることにします。

1195848272.jpg

微妙に雲が増えて来たのが気になります。
いい夕焼けが見られるといいんですが、、祈!!

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

ツルのランディング、まるで飛行機のようですね
ふんわり浮いて優雅です
ハッフン、ほんと気の抜けた声ですね (笑
by: ロンゲのオヤジ * 2014/11/07 08:34 * URL [ 編集] | TOP↑


鶴親子♪
こんなに密接して飛んでるんですね。
ぶつかりそうやけどこれがぶつからないんでしょうね♪

気の抜けた声…
ほんまや~(笑)
なんか押したら音が鳴るおもちゃみたい。
しかもちょっと空気がもれてる感じの音(笑)
by: ふくねえ * 2014/11/07 15:35 * URL [ 編集] | TOP↑


咳、大丈夫でしょうか?
お薬が効きますように~!

鶴の親子!
本当にシンクロ。同じポーズですね。
なんか、こういう鶴の銅像ありそうだなーとか
思ってしまいました(笑)。

白鳥さん、そんなに広いところの
一点揉めなくても~(笑)。
by: リク * 2014/11/07 22:20 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
ツル、声はナニなんですが(笑)飛ぶ姿はほんとうに優雅です。
ハクチョウの声もなんというか、、腰が砕けます(あはは)。
by: 母兵衛 * 2014/11/08 01:04 * URL [ 編集] | TOP↑

ふくねえさん
コメントありがとうございます
30センチ以上は離れているとは思うんですが、たまにぶつかったりもするようですわ。
ハクチョウも気合いのめちゃめちゃ入っている時の声は正味トランペットなんですが、普段はほんまに空気漏れな声で鳴いてます(あはは)。
by: 母兵衛 * 2014/11/08 01:08 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
ありがとうございます←咳
薬が効いているようで、よくなってきました。ほんま難儀なことですわ(あはは)。
ツルの親子の銅像、というか庭の置物がありますよねぇ(笑)。でも私的には庭にはタンチョウヅルのほうが綺麗だとおもいます、カナダヅルではちょっと、、(笑)。
ナキハクチョウのテリトリーてものすごく広いんですわ。結構こうるさい水禽です(笑)。
by: 母兵衛 * 2014/11/08 01:11 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。