スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

後国、越後へ

今年の4月にミネソタに鳥見に来てくれたbiddefordさんにバーディングガイドしていただけることになりまして、越後へゴー!
突然決まったので旅館がどこもかしこも満員(ちょうどイベント中だった為ババゴミの新潟市内)、飛行機も関空発は売り切れ、伊丹からしかない状態。特に心配だったホテルはなんとか旅行代理店でなんとかしてもらいました。長らく旅行代理店は利用したことがなかったんですが、ほんまに有り難いもんですねぇ、ラクチン。

IMG_1183_20141021085955ed0.jpg

伊丹空港でとりあえずモスバーガーを食う。
ほぼ10年ぶりのモスバーガー、テリヤキチキンと芋とコーヒー。コーヒーの小ささにドびっくりしたが、サンドイッチも芋(Lサイズです、コレ)もすべて試食サイズ(ぶっ)で腰が砕けた。腹の足しにならんかったのでモスバーガーを出てすぐ隣のコンビニでおにぎり2個と大福餅の詰め合わせと柿の種(これから柿の種の里に行くのに伊丹で柿の種なんか?と自分にツッコミを入れた)を入手して乗り込む。

IMG_1196_20141021085956b59.jpg

飛行機嫌いには拷問の小型プロペラ機、、、
セスナよりもマシだが、、この機体を見ているだけで脂汗が出てきます。
エポクリンショック真っ青母兵衛。
が、さして揺れもせんで無事に到着

灼熱の関西(和歌山&大阪)とは打って変わってかなり適温な新潟♪湿度は高いですが和歌山に比べたら天国な気温です。空港まで迎えにきていただいてこれまた非常に有り難いことです。すぐに白鳥サンクチュアリ、瓢湖へ向かうとの事!瓢湖と聞いただけで血圧上がる上がる(笑)

IMG_1245_20141021090000f9f.jpg

ラムサール条約湿地 国指定瓢湖鳥獣保護区
ヒョーコナショナルワイルドライフレフュージてなところでしょうか、
まだシーズンインしていないのですこーし寂しい状態だったそうですが、
ミネソタン的には超レア水禽と全く見る事ができないユーラシア系の鳥ばかりで大興奮。
無口になって双眼鏡を目ぇにつけたまま(あははは)



キンクロハジロ Tufted Duck
ミネソタでも見られますがもっそいレアです。
こんなレア鳥なのに傍に寄ってくる、、、おそるべし瓢湖。



オオハクチョウ (Whooper Swan)
トランペッタースワン(ナキハクチョウ)を見慣れているのでとても小柄で可愛らしい白鳥に目尻が下がる。
白鳥すらものほしげ、、、
100円で餌も売っていたが、どうしても良心がとがめるのと餌をガツガツくらう白鳥は見たくないので白鳥にはがまんしていただく。



コハクチョウ(Tundra Swan)
ミネソタでみられるタンドラは目に黄色いチボがついているだけなので、このBewick'sタイプは非常に嬉しい♪派手やねぇ、解り易くて良い。
残念ながらミュートスワンは居らんかったが、ライファーでもないから地団駄踏みません(笑)。



オナガガモ
ノーザーンピンテール!!!これはミネソタでは超レアてことはないですが、メトロでそんなに簡単に見られる水禽ではないです。こんなにうじゃうじゃ尻尾摘めるほど近いところで見るのは初めてで大興奮。鼻血でるかと思いました。美しい水禽ですねぇ、いいですねぇ、うじゃうじゃですけどねぇ(あはははは)。
興奮していると、餌係の人がやってきて餌を撒いていきましたが、白鳥が少ないせいなのか、それとも瓢湖の白鳥はミネソタのモンテチェロと違ってお上品なのか、、さして諍うことなく色んな水禽が混じって食うてました。で、そこに!!

IMG_1261_20141021090000551.jpg

なんかクイナが居る!!ソラにそっくりやん、ソラよりかなりデカイけど、なんじゃありゃ〜〜!!
と母兵衛大興奮。とりあえず図鑑をめくり倒したが、クイナの類いにはこんなのは居らん。なんなんな??とおもったら、biddefordさんが、、「それはバンの子ちゃいます?」て、、
チーン
Cootのページを見たらありました、ジュブナイルのクート、、、。ま、鳩扱いなクートといえども地元ではブリーディングしないので幼鳥を見た事がありませんで、お初見でございました。とても可愛いが、、可愛いがクートなんで(あはははは、ヒドイー)。
興奮しすぎて喉が乾いたので休憩所に入ってみる。

IMG_1228.jpg

無料白鳥観察舎
中には椅子やらテーブルやらがあり、売店には瓢湖グッズなどが置いてあって、
雰囲気のいいおばちゃんが店員さんを勤め、これまたこの場所にぴったりしっくりイメージ通りのおっさんが2人ほど座っていた。折角なので売り上げに貢献しようと思い、瓢湖の白鳥と水辺の鳥小冊子と瓢湖のある阿賀野市のイメージキャラクター「ごずっちょ」てぬぐいを購入した。ごずっちょて何だろう?とウェブで調べたら五頭山と瓢湖の白鳥を足したキャラクターだそうだ。五頭、、とても意味深な音、牛頭との繋がりが気になる。機会があったらじっくと調べてみたい。



ハシボソガラス(Carrion Crow)
魚を食べていました。瓢湖では水禽よりもカラスのほうが野生的(笑)
長くなってきたので、つづく

20091008095333926s_20141021090011c69.jpg

快適温度の新潟鳥見♪
オフシーズンで、しかも到着して数時間でこの状態てのはすごい。
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

次回はぜひ越中の国へ。
鳥でつればいいんだな。
富山には、雷鳥がいるぞ。
by: 無楽斎 * 2014/10/27 06:21 * URL [ 編集] | TOP↑

無楽斎さん
コメントありがとうございます
ライチョウ、春の繁殖期にいつか必ず見に行こうと心に決めています。
その時は宜しくおねがいします。小太郎氏の匂いを嗅がせてください。
by: 母兵衛 * 2014/10/27 08:41 * URL [ 編集] | TOP↑


プロペラ機って、まだあるんですね
オヤジ未体験です
青い郵便ポスト、珍しいですね
by: ロンゲのオヤジ * 2014/10/27 09:16 * URL [ 編集] | TOP↑


この光景、よく知ってます(笑)あれから、2-3週間ですが、コハクチョウは2000羽近く渡ってきました。朝と夕方はウジャウジャおります。その隙間にカモですから、まさに・・ですね。
新潟は田舎の空港なんで、小型機が主力で〜今回のはまだまだデッカイんですよ。今はなくなりましたが、50名くらいのプロペラもあり、まあ天気の悪い時は・・・でした。まあ、Portlandを使う私には”通常運転”です☆
by: biddeford * 2014/10/27 14:48 * URL [ 編集] | TOP↑


プロペラ機って機体がペラペラで
もの凄く不安になりますよね?
期待の下に洗濯竿でも付けてもらって下から支えながら
飛んで欲しいと思う私です。
瓢湖、、、、、白鳥ーーーー!
もう、ハンケチの端っこをかみ締めるくらい羨ましく、
ヨヨヨと横座りで泣き崩れたいです(似合いませんが笑)
素敵な時間を過ごされてよろしゅうございました。
続きもワクワク、楽しみです♪
by: ハイジ * 2014/10/27 19:16 * URL [ 編集] | TOP↑


ええとこ行ってたんですね~♪
大好きな鳥がたくさん見られて
母兵衛さん大興奮ですね(笑)
つづきも楽しみです♪
by: ふくねえ * 2014/10/27 19:47 * URL [ 編集] | TOP↑


モスバーガーが試食サイズですと?!?!(笑)

プロペラ機、私も名古屋から高知に行くときに乗ったことありますが
手に汗握りますよね。
サービスでものすごく機体を傾斜させてくれたのですが
ただの恐怖体験だったような(笑)。

!!
日本の白鳥のほうが小さいんですね!!
ミネソタの白鳥も同じぐらいのサイズかと思ってました。
そうか、私のイメージしている白鳥より大きいんですね、ミネソタの白鳥は。
母兵衛さんのクートへの関心のなさが(笑)。

by: リク * 2014/10/27 22:40 * URL [ 編集] | TOP↑


モスバーガーの芋は、確かに試食サイズ!小型プロペラ機って怖いんですか?
イメージ通りのおっさん(笑)
by: はなを * 2014/10/28 00:05 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
もちろんあります←プロペラ機
新潟の郵便ポストは私がみたのは全部円柱形の懐かしいタイプのものでした。新潟の方針で保存しているのでしょうか????
by: 母兵衛 * 2014/10/28 00:21 * URL [ 編集] | TOP↑

biddefordさん
コメントありがとうございます
すばらしいバーディングガイド、ありがとうございました。おかげさまでたくさんのすばらしい鳥を見られました。
やっと写真の整理も終了し、越後旅行記がスタートしました。やはりベルクマンが適用されるのか、水禽たちはすこし小型のものが多い印象をうけました。コハクチョウ2000羽となるとさぞやかしましいことと思います、次はシーズン中に訪れたいと思います。
小型機は高所恐怖症で飛行機恐怖症の人間にはあまりにも空の空気が近く感じられすぎて拷問です(笑)。
by: 母兵衛 * 2014/10/28 00:50 * URL [ 編集] | TOP↑

ハイジさん
コメントありがとうございます
飛行機全部嫌いなのですが、その中でも小さくなればなるほど恐怖感が増します。空が近くてどもなりません。
お先に瓢湖、失礼しました(にひひ)。
台風に追いかけられながらもとても楽しい新潟旅行でした♪
by: 母兵衛 * 2014/10/28 00:52 * URL [ 編集] | TOP↑

ふくねえさん
コメントありがとうございます
ええとこでしたわ〜〜。それにガイドさんがすばらしくてどんどんレア鳥が見られました!大興奮(ま、単独興奮ズッコケもありましたが、笑)。
やっぱり日本はすばらしい!
by: 母兵衛 * 2014/10/28 00:54 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
モスバーガーは小さいですねぇ。パンも小さいですし芋は非常に嵩が少ないです。コーヒーカップの小ささにはひっくりこけて、密かに”検尿カップ”かと思ってしまいました(あはははは)。
プロペラ機、静かでけっこういい機体なんですがどうも怖いですねぇ。小さければ小さいほど怖いです。
日本の白鳥が小さい、というとある意味当たっているような気もするんですが正確な表現でもないよな、微妙なんですが。ナキハクチョウ(ミネソタでよく見られる白鳥)が世界最大種なんですわ。ミネソタでは3種類(ナキハク、コハク、コブハク)日本でも3種類(オオハク、コハク、コブハク)の白鳥が見られます。くぐいだけでなく、水禽全体についてどうもベルクマンの法則が適用されているようで日本の暖かいところで繁殖しているのは比較的小さいような印象をうけました。
クートはいつも行く湖に数千羽、黒い帯状に見えるほど湖を占拠しているのであんまりありがたみはないです(笑)。
by: 母兵衛 * 2014/10/28 01:03 * URL [ 編集] | TOP↑

はなをさん
コメントありがとうございます
モスバーガーはサンドイッチも小さかったです。とはいえ日本マクドナルドを口にする機会がなかったので日本国内比は解らないんですが。
小型プロペラ機が怖いわけではないです。単に私が高所恐怖症なので飛ぶものすべて怖いんですが、機体のサイズと反比例して恐怖が増します。
雰囲気のとてもよい休憩所でした♪
by: 母兵衛 * 2014/10/28 01:06 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。