スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ビーバーダムへ行くんか?

古い橋でペリカンが居らんかったんで、
余計にペリカンが見たくなった(笑)ムキになる母兵衛。
バスポンドで目撃情報があったので、行ってみた。
とりあえず駐車場に車を止めていると、同時にやって来たオッサンがショアバード装備をしてスタスタと歩いて行った。背が高くてコンパスもものすごいので一歩の距離が違う。そんなことはともかく、母兵衛ちまちま歩いて行くと、三叉路になったところでバーダー爺さん(知らん人に)遭遇、「ビーバーダムに行くんか?」と聞かれた。あははは、そうです、ビーバーダムに行くんです。何カ所かとても良いオブザーブ場所があるんですが、このビーバーダムはここで特に人気場所で私もとても好きな場所です。その爺さんと並んで一緒にビーバーダムに向かう。

IMG_1948_2014090905422636e.jpg

トレイルから眺めたビーバーダムはこの時期は草ボーボーでビーバーダムには見えませんねぇ。
が、いましたいました!!
アメリカシロペリカン(White Pelican)の群が来てますよ〜〜。

IMG_194800.jpg

ここです(あはははは)。
遠いですねぇ。ざっと400メートルほど離れているでしょうか。
とりあえずバカチョンのズームで見てみる。



仰山居るやん〜〜〜〜〜。
わーん、近くで見たい〜〜。
さらにズーム

IMG_1981_20140909054230261.jpg

うーん、ペリカンの群れの手前にキャットテイルの群生地帯があるのでビーバーダムまでおりて行ったら死角になりそうですねぇ。でもまぁ、ダムに行きます、ほかにもなんか居るかもしれんし。

IMG_1972_20140909055557f70.jpg

ビーバーダムです。
というか昔ビーバーダムだったところで今はビーバーは使っていません。多分巣も土に埋もれてしまっているでしょうし。

IMG_1974_20140909055558ea6.jpg

丸い泥の積もったところの縁を浅い小川が流れています。
当時はごっつい大きな巣ぅやったんやろねぇ、、。

IMG_1970.jpg

ビーバー施行の名残がちょびっと残っています。
ものすごーーーーく素敵な場所で、鳥が居なくても十分楽しい場所ですが、、
鳥が居るともっと楽しいですねぇ。
近くに白頭鷲の巣があるので良く散らかされますが(笑)。

IMG_1957_201409090542325bb.jpg

案の定、水際からはペリカンは見えませんでした。蒲が、蒲が、、。
ぬぅ地帯で三羽ほどキアシシギが居ました。
そおっと見ていたんですが、、
ショアバード待ちオヤジが飛ばしてしまいました(あはは)

IMG_1971_20140909055555f87.jpg

おっさんの開き、、(あはは)。
もそもそと前進してごそごそとカモフラカバーをかけてました。
そりゃどんなカモフラでもそんな近くでゴソゴソしたら飛ぶわな。
ショアバード時期はこういうショアバード待ちマンを見ますねぇ。このままじーーーっと鳥が戻ってくるのを待ちます。面白い事にショアバードとか水禽は戻ってくるんですわ。

2009092112245959d_20140909055559da1.jpg

鳥見は待つ時間がいちばん長い。
寝てまう、、ちゅうことはありません(あはは)

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

ペリカンの群れ、煩そうですね
ビーバーダム、お見事です
by: ロンゲのオヤジ * 2014/09/28 10:10 * URL [ 編集] | TOP↑


ペリカンそんなにたくさん!!!
1羽が大きいから・・・・
実際近くでその人数?鳥数見たら
圧巻でしょうね!

ビーバー、本当にダム作ってますね。
ナチュラル建築士(笑)。

おっさんの開き!(笑)
すごい(笑)。
そうやって驚かせないように待つんですね。
好きだからこそできる努力ですね!
お目当ての鳥さん見られたかなぁ?
by: リク * 2014/09/28 20:34 * URL [ 編集] | TOP↑

ロンゲのオヤジさん
コメントありがとうございます
ペリカンの群れは周りにカモメや鵜など他の水禽も引き連れているので、その賑やかなことといったらないですわ。ビーバーダム、すごい建築物です。
by: 母兵衛 * 2014/09/28 20:51 * URL [ 編集] | TOP↑

リクさん
コメントありがとうございます
そりゃもうものすごいです←ペリカン
ビーバーはほんまにすごいですわ。その代わり周囲一帯木々根こそぎいかれてしまいますんで、困ることも多々あるらしいです。
鳥は待つのがほとんどですから、ほんま、鳥見は根性がやしなえます。
by: 母兵衛 * 2014/09/28 20:56 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。