スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

良い鳥見は白い服を着ることもある

本日最高気温−7℃、最低気温−11℃、晴
月曜がマーチンルーサーキングJRデーなので3連休です。休みが多くてボケ促進するように思わんでも無い(笑)
今日はユーハスまたもや大ハズレ、ま、ええ方に外れですが大雪予報にも関わらず雪は夜中のうちに止みまして、朝から晴れ間が見えました。ので、予定を変更して慌てて外に遊びにいきました(笑)。久しぶりにたっぷり日光浴を楽しみまして、歩き回って汗をかきました。ちょっと暑すぎて偏頭痛気味、、しかし昨日から少し腹の具合が悪く、征露丸のお世話になっているので風邪性のお腹痛でさらに頭痛を伴っているのかもしれない、、、微妙な所。夜は無理せずに過ごそうと思います。
Snow Speeds Up the Final Deflation of the Metrodome Roof
メトロドームの解体が大イベントになっていますが、今日はとうとう屋根をふくらましていた装置が切られまして、雪の重さもあいまみえてかなりのスピードで屋根が落ちました。ライブ中継までやってましたし、となりのレストランでは解体イベントなんかもやってました。駐車場のあった所はシーズン中から掘削がはじまって今では大穴になってますし、毎日ドームの横の道を通る母兵衛、毎日見ておりますが何とも言えない寂しさも感じます。このドームには十兵衛と一緒にチケットを買いにきたり、引っ越して来てすぐにはここでペイトリオッツvsバイキングスの試合もあったし、ツインズの試合はそれこそいろんなドラマを見てきました。延長16回で負けた試合は帰ったら午前1時過ぎてましたし(笑)、クーボーの満塁ホームランで逆転勝ちしたやつとか、満員になることもなかったのでいっつもギリギリでも安くて良い席が買えてねぇ(それでも2万人ぐらいは入ってはいましたが、笑)。いつも同じ席あたりなんで客もほとんど同じメンツで(笑)。ブルペンがすみっこやったんで投球練習とかもじっくり眺められたし、ブルペンで座ってる選手と話しもできたし(あはは)。なつかしい思い出ですわ。バイバイメトロドーム。

さて、
あいかわらず近所に鳥を見に行ってます。
どうも鳥を見に行くというより、大きな鳥を見に行くといったほうがいいかもしれないぐらい、白鳥とペリカンと白頭鷲しか印象にないような気がする、、。ま、楽しいからええけど。
私が良く行くバレエのレッスン場の近くの東西に流れるミネソタ川
其処にペリカンが2羽、西と東に5キロ弱の距離を隔てて越冬中でございます。
西ペリはとても元気ですが、心配なのは東ペリ

IMG_0481_20140115104318c08.jpg

この日は水門近くで魚を捕っていました。
微妙に太ってきて元気がでてきたような気がせんでもないです。左の翼のさきっぽのほうはもうぐじぐじにになっていて治らなさそうです。できたらどこかのネイチャーセンターでアンバサダーとして暮らしたほうがいいんではないか?と思ってしまうんですが、、。まぁ、いけるところまで頑張ってほしいです。

IMG_0538.jpg

ナキハクチョウの家族がウロウロしていました。
すっかり肉食、、
まるまると太っています。羽を膨らましているのではないようなので、肉付きがよなってきたんでしょうねぇ。

IMG_0521_20140115104320e8a.jpg

氷の上に上がって羽の手入れをしたり、
なんかウロウロしたりしていましたが、
なんかポワン、ポワン、と啼きだして、

IMG_0544_201401151043238e3.jpg

ダーーっと走り出して離陸しました。
丁度白頭鷲が西から飛んで来たのと、北から別の白鳥家族が飛んで来たので、どっちのせいで飛んだのかよくわかりませんが、、多分、他の白鳥家族の所為でしょう。白頭鷲が飛んで来てもあんまり気にしませんが、それより他の家族がとんできたほうが気にするように見えます。でも、家族によっては気にしない事もあるのでもしかしたら気にしてないのは親戚とかかもしれません。バンドでもしてりゃもそっとわかるんでしょうが、、。
で、飛んで行く白鳥を観ていたら、、

IMG_0552.jpg

ヤングな白鳥が死んでいるのが見えました。
合掌。
鉛玉で死んだのではないことを祈ります。何故かと言うと鉛中毒でそれを食べた鳥も死にます。多分、言うてる間に白頭鷲が食べにくるでしょうし。

IMG_0603.jpg

白頭鷲ヤング兄弟たちがほたえていました。
しょーもないことして怪我とかしないようにね(笑)

IMG_0588_20140115110028df9.jpg

あいかわらずセジロコゲラが目立ちます。
チョッ、チョッ、かつかつかつかつ チチチチチチヨチヨチヨ



ツルをどついていまして、
じっとみているとなんか食べているんですが、、
早すぎてなんか良くみえません(小さすぎて見えないとも言う)。
ビデオでみるとちゃんと舌がちろちろ出ているのも見えますね♪
頭のてっぺんが赤くて可愛い、、
頭が赤いというと、デコの赤いレッドポール(ベニヒワ/Redpoll)が大好きで正月ごろにミネアポリス辺に渡ってくるんですが、、、
今年は全く観ていない、、。
目撃レポートも異常に少ないです。どうもカナダの北あたりでボックリ系が豊作で南下しなくても食べモンにこまらんらしくて、、。私は寂しい。レッドポールだけでなくフィンチもみぃひん。スカンク状態。

IMG_9143.jpg

今年はチッカディーも少ない
少ないと言ってもチッカディーなんで、
いつも3〜5羽ぐらいはてんごしにきてくれます。
野次鳥、、。

古本屋で1ドル
これは掘り出し物、とても面白かったです。

IMG_9307.jpg

”Good Birders don't wear white" 
初心者の私ですら名前を聞いた事があるような北米の超有名バーダーたちのエッセイアンソロジーです。謎なことに副題に”50tips from North America's Top Birders"と書かれているのでバードウォッチングのTIP、コツとかヒントとかを期待して読んだ人はちょっとガッカリすると思います。バーディング役には立ちません、全くとはいわんが(あはは)。鳥見ならクスリと笑える(いや、爆笑する箇所も多々ある)たのしい小話満載の軽い読み物。風呂に入りながら歯を磨きながら読んでて、ぎゃはははは!と笑いすぎて歯ブラシ湯船に落としました(あはは)。ま、なんちゅうか、濃い世界ですわ。読みながら、そこまで行きたないわーと思ったりして(笑)。鳥見的おすすめ娯楽本です。

20090112104421_20140115110034f8e.jpg

鳥を観るのに全身カモ服に顔にペインティング、、、
てなものは要りませんが、浮かん服装が良いですねぇ。
私もカモフラージュ服を着るようになって鳥に嫌がられにくくなりました。バレてはおるけどね(あははは)。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

東ペリ、頑張って欲しいですね
セジロコゲラはお食事中?
あんな枝に何があるのかな???
by: ロンゲのオヤジ * 2014/01/19 07:57 * URL [ 編集] | TOP↑


「けあらし」のご紹介いありがとうございました。
チッカディーはシジュウカラですか?
昨日村田公園という今ははひたすら寂しいところに行きましたら、
この鳥が餌はないの~?とちょっかい出してきました。
このあたりの林では最も人を恐れない小鳥さんだそうです。
十兵衛さん、寒いのはイヤでも太陽さんに当たるのは
気持ちが良かったですよね。
茶々が長生きしたのは、自分は太陽さんなんて好きではないのに、
茶々には日向ぼっこを欠かさなかったからかな~と思っております。
by: 松の実 * 2014/01/19 09:06 * URL [ 編集] | TOP↑


ペリカンさん・・・怪我治らないのね(涙)。
どういう状態だったらアンバサダーさんと暮らすことになるんですか?
何か明確な基準とかあるんですかね?

セジロコゲラ、上手に細いつるから
虫を取ってますね。
しかし、本当に高速!

バーダーあるある満載の本なんですね(笑)。
by: リク * 2014/01/19 19:48 * URL [ 編集] | TOP↑


東ぺりの佇まいが妙に寂しい感じがいたします、
嘴の色が具合悪そうに見えてしまうんですが、
餌が捕れていて安心ですがなんとか頑張って欲しいです。
チッカディのベレー帽とマフラーが可愛いですね~♪
本、表紙を見ただけでも読んでみたいです。
鉛中毒ということはやっぱり人間が原因なんですね。

by: ハイジ * 2014/01/20 00:16 * URL [ 編集] | TOP↑


白い服だと雪の世界ではカモフラージュですよね?
雪の足音!バーチャル鳥見!!!!!楽しい!
また、お願いします。
ミンガス。美少年ですよねー父はもちろん格好いいノーマン!!!!!!!!ですが、母もヘレナですからね、美しくないわけがない。タメ息。
by: はなを * 2014/01/20 00:39 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントありがとうございます

*ロンゲのオヤジさん:東ペリがんばりました。
セジロコゲラは食事中です。虫の卵とかサナギとかだと思いますが、カイガラムシの死骸とかかもしれませんし、、。

*松の実さん:いえいえどういたしまして、素敵な名称だと思いました。
チッカディーはアメリカコガラでシジュウカラ科コガラ属です。シジュウカラはシユウカラ属で遠いながら親戚のようなものですね。柄も良くにていますが、コガラという名があらわすようにシジュウカラよりかなり小さいです。そうなんですわ、コガラもですがとても勇敢というかイチビリといいますか、人にも大型哺乳類にも大きな猛禽などにもハラスメントします。人間にはすぐに懐きますので、野生でも手から餌をもらったりするようになるのでファンが多い人気の野鳥です。
十兵衛もよくひなたぼっこをしたので彼のサイズ(20キロ超)にしては長生きできたのかもしれません:)。冬場(-10℃以下になると)は外に出るのを極度に嫌いましたが、いつも日の入る窓の傍で日光浴を楽しんでいました。私もひなたぼっこは大好きですが、、酷いUVアレルギーがあるので肌を直接太陽光に暴露することはできませんが、でも大好きです。私も長生きしてしまうかもしれません、、、(笑)。

*リクさん:自然にかえることができない状態、怪我や病気で餌が自力で確保できないとか、ヒューマンインプリンティングされてしまっているなどの鳥達がアンバサダーとして暮らしています。かなり明確に基準があります。
東ペリカン、がんばりました。
セジロコゲラ、見てるだけで脳震盪起こしそうではあります(笑)。

*ハイジさん:東ペリ、がんばりました。褒めてあげましょう。
先だってのポーラーボルテックスでかなり脱落した個体が、、。
チッカディは本当にかわいらしいです。本はかなりおすすめです。
鉛中毒はもちろん人間が悪いんです。鉄砲の玉なんですが、鉛は中毒を起こして鳥が死ぬことがもう解明されているので、鉛の玉を使わないようにしようという運動も起こっていますが、なにせ鉛玉のほうが安いのでなかなか被害がなくなりません。

*はなをさん:そうです、冬のミネソタでは白い服はカモになるんですが、問題は雪地域で渡らない鳥てほとんど居ないんですよねぇ(鳥全体の数から比較して)。なので雪中鳥見というのは世のほとんどの鳥見がやらんことなんですよねぇ、、。
ミンガスくん、最近たまに名前が聞こえてくるようになりました。そろそろデビューか?
by: 母兵衛 * 2014/01/20 05:54 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。