スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

青い冬

本日最高気温−7℃、最低気温−17℃、晴時々曇&軽い雪
たいして降っても無いですが一定基準を満たしてしまったようでスノーエマージェンシーが発令されております。本日DAY2。
バイキングスの監督は結局シンシナチーのディフェンシブコーデに決まったようで、その前にすることあるんとちゃうん?と思いますが、ま、こんなんなんでいつまでミネソタに暮らしていてもバイキングスには愛着が全く沸きません。ゴーペイトリオッツ!(あはは)。ミネソタオーケストラもやっこさ決着ついたみたいですし、、まぁ、ミネソタ的。寿命500年ぐらいのテンポに感じる、無理(あはははは)。

図書館DVD

IMG_9338.jpg

 昼飯を食ってからロイヤル、ローレン・カスバートソンとフェデリコ・ボネッリのロミジュリを観ました。パリスがうますぎて嫌すぎてたまらん(あはは)。カスバートソンは初めてじっくりみましたが、イギリス!て感じでロイヤルで好まれるんは解るような気がする、コンテンポラリーを踊っているところが観たいような気がするタイプのバレリーナさんですねぇ。ボネッリのロミオはほんまにそのままティーンっぽくてかわいらしねぇ。どうも2人揃って幼い恋に落ちるというよりも、ジュリエットに一方的に惚れて行って振り回されとるような、、オディールっぽいジュリエットちゅうか、ごついねんなんか(あははは)。ロミオだけが可哀想に思えるロミジュリでござました。ロイヤルの同じプロダクション比較でいうとロホとアコスタのほうが軍配があがるかなぁ、ま、アコスタ贔屓の母兵衛なのですが、彼のバレエはほんまにチャーミング。
 昨日4週間ぶりにバレエのレッスンでいっちょもまれてきた母兵衛、現在筋肉腰痛と尻が痛い、、全く別ものですが同じBalletというカテゴリーちゅうのはなんや嬉しかったりするもんです(あはははは)。

さて、
青い春ならとびだしそうで素敵な感じなんですが、
青い冬、、引き蘢って憂鬱な感じです(笑)
単に暗いだけ(ぶふぅ)ですが、青い世界も美しかったです。ただ気の滅入るタイプの美しさ。
雲が厚くて朝焼けもせず、やたらと青かった朝でした。カメラの設定とかフォトショップの所為でなく実際の目でみて青かったです。

IMG_0250_20140110231206b98.jpg

早朝のミネソタ川
ペリカンがひとりぽっちで寝ていました。
白鳥達はどこ行ったんやろか?

IMG_0245.jpg

ちょいと歩いて、湖のほうを覗いてみようか
青く暗いこんな森をみるといつも思い出すのが小さい頃(幼児といってもいい)に良く読んだ童話。真冬に春に咲くスノードロップという白い花をとりに行かされる美少女の話しで、ごーつくばりの継母が酷いんだが、その継母のお陰で12の各monthの精と出会って、4月の精がちょいと春にしてくれてスノードロップを手に入れることができる。あとはお約束の業突張連中が痛い目に合うという話、、だったと思いますが、頭の中で他の話とまじってるかもしれんねぇ。そこらへんはご愛嬌。なんか好きでした、こういう干支神とか事物のスピリッツが出てくるのん。今でもですが(笑)。ともかく、こんな青く暗い森を美童女が1人スノードロップを探してあるくんですわ、、。
母兵衛もそんな暗い森を歩いていますが、物語にでてくる赤頭巾ちゃんや白雪とちごて猟師の方が近い、というかそのもの(あははははは)。鉄砲もマサカリももってないです、双眼鏡が武器(武器か?)
ともかく、何故かディアハンターと間違われる母兵衛が池のほうへ歩いて行くと

IMG_0256_20140110231207e2f.jpg

ナキハクチョウ一家は既に朝飯開始しておりました。
ちょっとびっくりするほど近くによってしまって、、(滝汗)。
ま、白鳥さえよければ私は構わないんですが、
構わないどころか大歓迎ですねぇ(あはは)。

IMG_0258.jpg

ちょっと朝日が雲の薄くなったところから透けてきました。
このままどんどん雲が切れてくれればいいのになぁ、、と
ちょっと祈った。

IMG_0260.jpg

目の前に白鳥が来て、
身繕いをしはじめました。
でかくて美しい、ナキハクチョウ。
Trumpeter Swan
一通り油まわしたところに相方がやって来て、

IMG_0268.jpg

連れもていきました。
子供達がご飯を食べているところに(画面からハズレていますが右手の方)合流しに行った。

まっちろけっけの雪景色、、
のように見えますが、実はよーーくみると

IMG_0276.jpg

結晶が多いです。
雪ももちろん地表を覆っていますが、雪が降る前までに凍った水面はその上に雪がつもっていて、その後に凍った箇所は結晶に覆われているので雪よりもキラキラ度が高いです。
晴れた日にはキッパリわかります。

IMG_0277.jpg

こうして順次水面に張った氷の上にも結晶が生えていきます。
”普通”の水面は氷に覆われていますが、
人間の諸事情で不凍エリアができます。

IMG_0317.jpg

チャンネルではこんな面白い氷もできます。
ハーシーズのキスチョコか、
ドラゴンクエストのスライムか



こうして氷が育っていくんですねぇ、、。
ていうか、見ている間にも育ってましたが(笑)
ボエっと氷を眺めていたら、ペリカンが起きてきて
マガモたちも集まってきました。
どうやらモの居るとこらへんで魚があつまりだしたようです。

IMG_0338.jpg

マガモが目の前で魚をかっさらっていくのをみたペリカンが
チッといっているところ(笑)
ペリカンももちろん機あらばカツアゲいたします。
でかさは力なり。

1201468848.jpg

しかしまぁ、、、青かった。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

なるほど
そうして氷が大きくなるんだ
面白いですね
ペリカン、頑張れぇ~
by: ロンゲのオヤジ * 2014/01/16 08:14 * URL [ 編集] | TOP↑


青い画像、美しいです。
とても幻想的で、オデットが夜の間だけ人の姿に戻る場面を
イメージいたしました。
4週間ぶりのレッスン、体にいっぱい酸素が入って気持ちよいですね~
私も昨日、今日とレッスンです。
でかさが力なりがヒトの世界でも真実だったら
私の人生も変わっていたでしょうに・・・
by: 松の実 * 2014/01/16 12:48 * URL [ 編集] | TOP↑


そうそう、継母の実の娘の方は
「んまあ!!可愛い私の子!!!
お前を森になんかやれるもんさね!!」
とか言いながら
バタつきパンとお菓子を持たされるけど、
彼女はかたくなったパンを持たされていて、
それでもそれを妖精たちに分けてあげるのでしたよね(^^*)
私もあのお話好きでしたね~~!!
なんといってもバタつきパンとお菓子が
挿絵も無いのにものすごく美味しそうな気がして(笑)
あと、あとから探しに行かされる雪の下の野イチゴも!!!って、
食べ物のことばっかりしか覚えてないわ~~(^0^;;)\(笑)
by: かじぺた * 2014/01/16 18:10 * URL [ 編集] | TOP↑


氷河の青さですね。
寒い青!
そんな中、ぽつんと一人?のペリカンさん。寂しい感じですね。

スライム氷、面白い~!
by: リク * 2014/01/16 20:13 * URL [ 編集] | TOP↑


舞踏家を目指されておいでになる母兵衛さん、
筋肉腰痛と尻痛、お見舞い申し上げます(ぷっ)

ため息が出るほど美しい青でございます。
独り寝のペリカンは先日の白鳥一家と混じって寝ていたペリカンですか?
また合流できるといいですね。

『kiss ice』素敵なネーミングです♪
わたくしときたら♪るんぱっぱっぱぁ~♪っと
頭の中で鳴り響いているのですが曲名がわからず
結局文字にあらわすと『黄桜カッパ』になってしまう悲しさ・・・。
チャイコの『白鳥の湖』とはまったく関係ない曲です。
ちなみにわたくしのイチオシは『ボレロ』です(ぐふふ)
by: ハイジ * 2014/01/16 21:32 * URL [ 編集] | TOP↑


青の世界ですねーうつくしい。
ペリカンさんひとりぼっち......
ハーモン低邸は?
by: はなを * 2014/01/17 02:08 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントありがとうございます

*ロンゲのオヤジさん:場所や水との接し方で氷の形が違って育っていくのが面白いです♪
ペリカン楽しませてくれます♪

*松の実さん:ありがとうございます。私も同じシーンを思い浮かべました。ロシア人友人が言うには冬のミネソタはとてもロシアの冬に似ているそうです。なので、チャイコフスキーもこんな感じの景色を観ながら書いたのかな、と思ったりします。
本当に、体中ギシギシですが(笑)酸素が入って毒素が抜けたようでとてもスッキリしました♪戻すのにかなりかかりそうです、、(滝汗)。
私はでかくて力があるので、それなりにアドバンテージだったことが多いですが、、。え?その力ではない?これまたすんずれいしました(古っ)。

*かじぺたさん:あははははは、そうです。出てくる”粗末”な食べ物が美味アーノルド・ローベルのフロッグとトードにでてくるトードのクッキーとかちびくろさんぼのバターとか、たしかにシンプルで魅力的な食べ物がたくさんでてきますわ。そういえば、題名は忘れましたが、ベッドタイムストーリーズのなかにいつも大きな食べ物を欲しがる女の子の話があって、その強欲ぶりを心配した親が、料理やお菓子を作る時に何時も少し大きいものを用意し、その多きなものだけ不味く作っておく、、というのがありました。もちろん大きくて不味いのを選ぶ女の子はいつも不味いものを食べることになり、最後に女の子は大きいものを選ばなくなるのですが、、。それを読んで、なんて酷い親なんだと思った記憶が(←作者の意図が繁栄されなかった一例)。色々思い出されて懐かしいです。

*リクさん:青いですわ、、氷河とか嫌ですが(あははははは)。
ペリカン、ちょっと寝坊でした。
自然て面白いですね♪

*ハイジさん:目指せ舞踏家、ではなくて無糖家になったほうが良いかもしれません(腹身が、、)。尻っぺたがねぇ、、非常に痛いんです。自堕落と暴飲暴食の代償ですね。
朝はドラマティックです。そうです、この寝坊ペリカンは先日白鳥一家のなかに何食わぬ顔して混じっていた個体です。そして、この後、また別の白鳥家族に混じってました。結構節操はありません(あははははは)。
ハーシーズのキシーズ(Kisses)というチョコレートの形状に似ているな、、と思ったのでちょっと甘い名前になりました。ハロウィンからこっちチョコレートばっかり食べているのがバレバレです、、やっぱり無糖家にならなくては(笑)。
うちの近所のレコード屋の兄ちゃんに鼻歌聞かせたら、すぐに曲名を言い当ててくれますわ。そして、そういうウェブサイトもあるみたいです。いちど試されてみてはどないでっしゃろか?黄桜でないるんぱっぱの正体がとても知りたいです。るんぱっぱ、、、シュトラウスの青きドナウ?
ボレロ〜〜〜!
それでは私の大好きなヴィシュニヴァのボレロをどうぞ♪
http://youtu.be/V8-avjMsdd4

*はなをさん:そのまま吸い込まれそうな青でした。
ペリカン、、ひとりぼっち感をだしたフレーミングにしましたが、ちょっと左のほうはマガモやらなんやらぎょうさんほたえておりました。しかもただ寝坊なだけです←ペリカン。
ハーモン邸、多分大丈夫だとは思います。枝狂いの父によりかなり補強されております。
by: 母兵衛 * 2014/01/17 06:06 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。