FC2ブログ
2013-09-17 00:05 | カテゴリ:North
ジャンル:海外情報 テーマ:アメリカ生活
本日最高気温21℃、最低気温4℃、晴
朝起きて、寒いなーと思って気温をチェックしたら4℃でした。笑える。
今日明日とちょいと最低気温が低くて日中との気温差でグロッキーになりそうですが、水曜からはまた気温があがって更にゲロゲロになると思います。季節の変わり目はかなんねぇ。

さて、
クレックスメドに来ております。
前回来たときに痛感したんですが、ここは見るものが多すぎて、、
ちゃんと的を絞り込まないとえらいこっちゃになります。
解っていたにも関わらず、またもやえらいこっちゃになりました(あはは)。
まぁ、お目当ての蝶がおらんかった、、ちゅうのも一因ではありますが。
ツルにつるつる目を奪われていると、遠くの岸辺で気になるうごめきが、、
スポットスコープを出して確認しました

IMG_4534_201309092321312ec.jpg

ウィルソンタシギ Wilson's Snipe
(右と左のやつ、中央のはキアシシギ)
これは今回の鳥見で一番嬉しかったです。
ウィルソンズスナイプはつい最近までコモンスナイプの亜種とみられていたのですが、研究の末2003年に正式に独立種として認められました。サイズは23−28センチ、ウィングスパンは39−45センチ。ショアバードにしては短めの灰色グリーンな足、黒めの長いまっすぐな嘴、体はモルトブラウンで背中に薄い色の模様。目の上下に濃い色のストライプ。
ああ、ええもん見た♪欲を言えばもっと近くで見たいなぁ、、。

IMG_4564_2013090923213405c.jpg

白鳥もどっさり居ます。
1つの池に1家族、白鳥も子育てに広いテリトリーが居るので大変やねぇ。

IMG_4581_20130909232136934.jpg

ここはハイイロチュウヒ(Northern Harrier)もたくさん居ます。
ハリアーの子供達が遊び飛び(訓練を兼ねた)をしていました。
仰山居るけど、遠いねんな。
そりゃもしゃもしゃの中に踏み込んで行って数時間待てば近くで見られるでしょうが、、
根性無しのアーバン鳥見の母兵衛なので車道に執着します(笑)。
あの春のダニの恐怖が蘇るし、、。

IMG_4649_20130909234008c07.jpg

アメリカチョウゲンボウ American Kestrel
前回来た時に見たのと同じ場所で同じくケストラルに遭遇しました。
律儀な感じです(笑)
ケストラルは小さいファルコン(ハヤブサ)で、体長12〜27センチ、ウィングスパンは50〜61センチ。やはりメスのほうが大きいですが、サイズの個体差が大きいので大きいオスと小さいメスを比較するとメスよりも大きいオスというのも存在します。
まだ世界的にレッドリストには入っていませんが、近年ミネソタで個体数が激減しているのでリサーチグループが調査しています。

IMG_4632.jpg

コチョウゲンボウ(Merlin)
チョウゲンボウにコが付いているのでチョウゲンボウより小さいと思いきや、アメリカチョウゲンボウよりもコ大きいです(笑)。サイズは24−33センチ、ウィングスパンは50−73センチでもちろんメスのほうが大きいです。ぱっとみために若いチョウゲンボウのような感じの色のないケストラル風。クーパーとならんで超鳥食いで、小鳥を見ている時にメーリンが現れるとさっぱりわやになります(笑)。
メーリンも最近個体数が減少しているようで、先だってもフィールドでリサーチグループの人に出会って、色々情報交換しました。ミネアポリスではエロイスバトラーでよく見かけます。

IMG_4680.jpg

もちろん御大、白頭鷲もぎょうさん住んでいます。
こちらはあんましガサガサしないので或意味撮り易いですが、、
この白黒のもんは色的に撮りにくいんよね、、言い換えれば単に私の苦手ちゅうだけなんですが(笑)

写真を見ても解るとおもいますが、、、
ずーーっと曇ってまして(笑)
まぁ、お陰ですこし寒いぐらいで心持ちよかったんですが、
だから蝶のアクティビティが低かったんやろねぇ。そこが残念でした。

IMG_8731_20130909234009fcb.jpg

トイレ休憩にビジターセンターにて
ダムセルフライ(糸とんぼ)の図鑑とミサゴ塩ビ人形購入。
オスプレイの塩ビて初めてみました。笑える、、。
他にスワインソンとレッドテイルも在ったんだが、、帰宅してから部屋に飾ってみて恐ろしく気に入ってしまい(あははははは)全種類買えばよかったかと後悔(どんな後悔やねん)。

今回も楽しかった、、クレックスメド
また近々攻めたいと思います。

て、、ここで終わるかと思うでしょう?
私もここで帰って風呂行って、、と思ってたんですが、
帰り道に高速道路を走っていてライノに差し掛かったとき(到着間近やねぇ)
目の端にいつものライノのオスプレイの巣におとんぼちゃんらしきオスプレイがたかっているのが見えた。
見えてもたんです、、、

IMG_4906.jpg

はい、、高速道路を降りて見に行ってしまいましたがな。
婆元気です(あはははははは)。
まぁ、雲が切れて気温がバカスか上がって来ていたのと
ずーーーっと車の運転しっぱなしで疲れていたので(クレックスメド内は車で移動するから)いい休憩にもなるかな、と(オイオイ)。
この写真はおとんぼちゃんです。上手に飛んでました。
兄ちゃんのほうは自力で魚をとっているいるようです。母は見当たらなかったので多分もう南へ移動したんでしょうねぇ。

IMG_5056_201309100003052fe.jpg

おとんぼちゃんも早く漁をしてほしい by父

男前父ちゃん、魚を運んでいました。
が、数時間居て1回ぐらいしかとってこなかった。回数コントロールしておとんぼちゃんの自立をスティミュレイト作戦しているようです。

そしてココは蝶だらけでした、、(なんとも皮肉な)

IMG_4949.jpg

ブラックスワロウテイル Black Swallowtail
美しい黒いアゲハチョウです。イースターンタイガーのメスにも黒い個体がいますが、こちらは黄色の点々ラインがふちに1列しかないので見たらすぐにわかります。

IMG_4735_201309100003014f4.jpg

ヴァイセロイ(Viceroy, Limenitis archippus)
偽モナーク、モナークに似せることで外敵から身をまもっています。モナークより一回り小さく、アンダーウィングに黒いライン、胸部Thoraxはドットではなく白い筋がはいっています。

もちろんマダラをはじめセセリやらシジミやらジャノメやらヒョウモンやらぎょうさん見る事ができました。他の虫も多かったですし、ヘビも多かった。
遠くまで行かんでも近場におるがな、、(笑)

1190744458.jpg

どえらい疲れました。

が、かえりしぃに珍しく砂糖たっぷりのフラペチーノをやっつけて生き返りました。
お腹こわれたけどねぇ(あははは)。
よぅ遊んでます。
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://jubeminnesota.blog20.fc2.com/tb.php/2425-1f4b23f8