FC2ブログ
2013-08-21 00:05 | カテゴリ:Movies
ジャンル:海外情報 テーマ:アメリカ生活
本日最高気温34℃、最低気温21℃、快晴
高温注意報が出ています。「その気温で?」というツッコミが聞こえますが(笑)ミネソタンはこの気温でも熱射病で救急行きになります。
私もすでにボロボロのぐずぐずですが、今年はすでに秋のアレルギーシーズンが始まっていて、さらに例年よりもきつめだそうです。
Fall Allergy Season Already Flaring Up — And It’s A Doozy
窓を開けるな、朝に外に行くな(ブタクサの花粉が一番多く飛ぶのが朝だそうだ)、暑くて風の強い日に外に出るな、、、だそうです。そんなん無理なので(笑)、アンチヒスタミン飲んで痒いの我慢して鼻づまりのままウロウロします(笑)

Families, Doctors Torn Over Lyme Disease
今年は特にダニダニとギャーギャー言うていますが、ほんまにライムディジーズが激増しているそうです。特にディアチックの感染症は爆増していて、今年の感染報告はすでに30万件去年の10倍(ぎゃー)。ミネソタとウィスコンシン西部はキャビンカントリーと言われているぐらいですが、ダニのグラウンドゼロとも言われるようになったようです(いらんー)。WCCOのニュースでレアですが長期型の症状が伝えられ、ゾワっとしました。ダニは軽くみてはいけません。乾燥機で殺せるのでめんどくさがらずに森から帰ったら駆除しましょうーちゅうことです。

さて、
ローリングパークです
ナツーーーーーッ!

IMG_8058_20130809003926dd8.jpg

気分だけでも夏を味わおうと思います。
ヒマワリというのは夏の小道具にもってこい(ぶっ)
耳をすますとセミの声が聞こえてくる、、和歌山の夏、あぢぢ(幻聴)

現実にもどりまして、空を見上げると

IMG_9034.jpg

アカオノスリ(Red-tailed Hawk)のカップルが飛んでいました。
ローリングの木にとまっている事もありますが、最近は彫刻公園かバシリカでたかっていることが多いです。

IMG_9041.jpg

羽かわり、換羽時期なのでスケスケです(笑)
もっとスケスケで飛べるんか?と心配になるような個体も見かけますが、結構飛べるもんです。
水禽なんかの重い鳥は換羽時期はかなり危険なので集団で隠れてこっそり暮らすそうです。なぜか子供の頃に読んだ象の墓場の話を思い出しますが、墓場ではなくて風呂場みたいなもんでしょうか。なんとなく無防備なのでそんな想像をしてしまいます。

IMG_8073_20130809003931cdd.jpg

一人っ子のマガモのあかちゃんもすくすく育っています。
かわいらしい。

IMG_8059_201308090039320c3.jpg

ええガタイのもっさいオッサンがナヨっと横座りをして
鳥達をはべらかしていた、、、
ナヨっと横座りして生き物がまわりにワラワラしている構図というのは美少女でなくてはならない、白雪姫とかリボンの騎士とか。美女でもあかん、美少女でなくてはならない。それなのにオッサンが、、、、いやぁぁぁ(笑、おもろすぎるんじゃ)。
写真では大きなもんしか見えませんが、横座りのオッサンのまわりにはチョウチョなんかも飛んでました。モナークとかキャベツホワイトとか飛んでてどこまでも少女マンガ的なシチュエーション。中年に似合うのはハックベリーエンペラーの筈や(あはははは)。

IMG_8113.jpg

Monarch オオカバマダラ
ちょこちょことモナークは登場するようになりましたが、スワロウテイルがまだ3ほどしか見かけていません。やっぱり変よ、今年。

IMG_8080_20130809005213e0b.jpg

仮面ライダーホッパーキング
グラスホッパーの幼生が蒲にたかってました。
なんかやわらかーい感じ。

IMG_8167.jpg

イエローバンブルビー(yellow bumblebee)とセージ(サルビア)
セージもいろんな種類があるが、ここいらではこのタイプを見かける事が多い。

IMG_8053_201308090052127b2.jpg

ムラサキバレンギク(エキナセア)とスプレンディッドメタリックグリーンビー
Augochlora Sweet Bee
この緑メタリックの派手な蜂はみつけるとなぜか非常に嬉しくなる。ここらへんで見られるのは2種類あって、AugochioraとAgapostemon先月に載せたほうがAgaのほうで尻が違います。ちなみに緑メタリック!!と思って目を凝らすと大抵は銀蝿である(爆)。

IMG_8861.jpg

これです(あははは)
銀蝿(グリーンボトルフライ/Common Green Bottle Fly)は目がえび茶色。で、たまーに目も緑色のロングレッグドフライ(足長蠅)がまじっていて、さらにたまーにアブだったりする。

IMG_8348.jpg

レッドアドミラルとアシナガグモとランタナ
Red Admiral and Long-jawed Orbweavers
和名はアシナガ(足長)だけど、英語だとアゴナガ(顎長)
こんなふうにいちいち目の付けるところが違うのが名前をみるにつけても感じる。
花壇には色んなお花が植えられているが、カラフルなほうが虫には人気です。
なぜかランタナをみるとカランコエという文字が脳みそに出てきます、で、すぐにランタナやんと思う。いちいち毎回この手順を踏まないとランタナと言う文字が出て来ない。どこでどう間違ってインプットしたのか、、。

IMG_8146_20130809005218034.jpg

白い花ばかりのセクションはあんまり虫がおらん。
たまにモンシロチョウはふわふわしています。
なるほど、自分の好みの餌(花)の色に合わせて自分を保護色に変化させたんか。美しい蝶は美しい花の擬態でもあるわけで、そりゃ美しさの相乗効果なわけなんやねぇ、、と当たり前の事に妙に感動してしまう。
赤やら黄色のセクションはそりゃもう虫だらけです。
そういえば、ミネソタはワスプ(Wasp)、スズメバチやジカバチが多いのでも有名(いらん、、)ですが、野山に行く時に派手な色や花柄の服は避けるようにと引っ越して来て直ぐの時に先生に教わりました。花柄の服は趣味上着用することはまずないのでさっくり聞き流していましたが、今更思い出されてなるほどと納得しています。

IMG_8171.jpg

タジェツ(Tagetes)
マンジュウギクのつぼみが妙に好き。
このゴム感というかつぼみ具合ちゅうたらないわな。
つぼまっとる(あはははは)

IMG_8174.jpg

この子誰の子?
わかるかいっ(笑)スズメッ子のジュブナイルは判定不可能ですねぇ、親が出てくるのを待つのが一番です。
ちなみにこの子はチャガシラヒメドリ(Chipping Sparrow)の雛。
ローリングパークでも1組営巣してくれていました。

図書館DVD

IMG_0039_201308090133498be.jpg

Abraham Lincoln: Vampire Hunter 邦題は”リンカーン/秘密の書”だったらしい。ちょっとビミョウな題ですねぇ、ハリポタっぽいというかトレジャーハンティングっぽいちゅうか。とにかく、かなりお気に入りのホラーアクション映画です。実はエイブラハム・リンカーンはバンパイヤハンターで南北戦争は人間vsバンパイヤの戦争だったちゅう話し。ものすごく好き嫌いがばっくり割れて結局酷い評価になっていたんですが、”シリアス”系のマニアからは酷評されたので歴史映画とかシリアスな映画だけが好きな人はあかんのやろかい、アクションだけが好きな人もあかんと思う。そうすると中途半端な作品かもしれんけど(笑)。あと原作に嵌った人もちょっと辛いかも。でも、やっぱり結構おもろい映画やとおもうんやけどなぁ、、アメリカ人とちゃうからそうおもうのかも。なんちゅうてもエイブといえば偉大ですし、南北戦争をちゃかすのもあかんのやろかね。モ的”グッドポップコーンムービー”です。細かい事いわんと見ましょう、ちゅう映画です。

1187469490.jpg

爺ちゃんもいつかハリウッドで映画化?
ババキラー十兵衛とか。
あはははは

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://jubeminnesota.blog20.fc2.com/tb.php/2398-f1df111f