FC2ブログ
2013-06-18 00:05 | カテゴリ:walking/birding
ジャンル:海外情報 テーマ:アメリカ生活
本日最高気温26℃、最低気温14℃、晴
おやつ時あたりにサンダーストームが来るかもしれません。
暑いです〜〜、ミネアポリスにも夏がきました。
昨日ビーチ(池とか湖の)ではどっさり湖水浴の人達、賑わってました。
スーパーで売り出しだったので寄ってきました。355ml12本入りが4箱で8ドル88セントだったので4箱、それにジンジャーエール(最近お気に入りSeagram's)1箱の計5箱、それにゲーターレードの約600mlペットボトル8本で3ドル80セント、、メンチ肉とかチョコレートとか他にも色々買いましたが、激安でした。
アパートに帰ってから一旦部屋にもどってカートを出して来ようかとも思ったのですが、面倒だったので大エコバックに全部詰めて、駐車場から歩いて、しかも階段で部屋に戻りました。さすがに途中でぶつけちゃろか!!と思うぐらい重かったです(あはははは)。量ってみたら全部で30キロちょい、細いハンドルのエコバックとはいえ、あかん、体がなまっとるねぇ、、。

さて、
とうとう今年もオスプレイ(ミサゴ)のシーズンです。そろそろ孵化しだして楽しくなってきました。
週末はカーバー保護区あたりまで足をのばしています。
やっぱりミネトンカ周辺は良いねぇ。

IMG_4969_20130608103531.jpg

ミサゴは面白い鳥やねぇ。
大きいし(笑)
カーバー保護区近隣全域、ものすごい数のミサゴの巣があります。
これは父ちゃん

IMG_4978.jpg

こちらが母ちゃん
猛禽は母ちゃんのほうがでかくて強かったりします。
ミサゴの母ちゃんも胸元にフリフリがついていて素敵です。
ミサゴの他にもアカオさんやらチュウヒやら白頭鷲やら白鳥やら鶴やら色々観られました。
が、小さい鳥を見つけるのが本当に難しくなってきています。

IMG_49804.jpg

ムラサキマシコ(Purple FInch)とヒメドリ(Field Sparrow)
もう草に埋まっていて、、
これでもトレイルのちゃんと刈られた草の部分です。トレイルから外れたところだと鳩ですら全身見えません。
ムラサキマシコとメキシコマシコの識別はむつかしいです。私にはぱっとみて一発で断言できません。ズアカマシコ(Cassin's Finch)も良くにているがこれはミネソタには来ないので除外できる。
このときこの場所はもう色んなフィンチとスズメが入り乱れていて、さらにムシクイにハエトリやら、、全部識別しちゃろ!と鼻息荒く望遠鏡を覗いていましたが、見落としまくりでした(涙)。

IMG_5003_20130608104742.jpg

どっさりヒメレンジャク(Cedar Waxwing)が沸いてます。
ローリング界隈にもぎょーさんきてまして、
この宇宙的な容姿に宇宙っぽい声で啼いています。宇宙っぽいちゅうのもナニやけど、そんな感じやからしゃーないのよ。昔のアーケードーゲーっぽいというか(笑)

IMG_4975.jpg

オウサマがどっさり居った。
オウサマタイランチョウ、でっかいです。いちおうフライキャッチャーやけど、解り易すぎるので困らない鳥(笑)。
そして

IMG_5026.jpg

ボボ発見!!
ボボリンク、ぎょうさん居る鳥らしいがなにせうちの近所では観られないので発見すると非常に嬉しい。やっぱりローリングはハゴロモが多すぎて他のんが入り込む余地がないんかな。

IMG_5087_20130608111630.jpg

茸もぼーぼーになっていた。
なんかこれまたもっそい美味しそうなジューシーそうな茸、、
生で醤油かけて食うたら美味かろう、、、
いやいやいやいや、食べませんよ。それに保護区での採集は禁止です。

IMG_5115.jpg

水の中をばかでかいカミツキガメがぬーーーっと移動していた。
甲羅だけで50センチぐらいあったので、水中で更に大きく見えました。
じーっと良くみると大きな頭が写っています。

IMG_5182.jpg

こちらはアカオさん
美形のヤングなアカオさんです。ぴちぴち。
カミツキガメ写真もアカオさん写真もクリックで大きくなりますので、どぞ。

で、お昼頃にカーバー保護区の南詰にあるデイリークイーンへ

IMG_5081.jpg

鳥フライ、エビフライ、オニオンリング、トースト
揚げモン万歳油モン天国の昼食を頂いていると、
近くの席に座っていた2家族、6〜10歳ぐらいの男児5人と父2人。
悪ガキ、店内を走り回っているが誰も見てないし(笑)。子供があまり得意でない私もなぜかあまり腹がたたなかった。多分朝から鳥を見てノッパラ歩きまわって精神バランスが良くなっていたからだろう。ダウンタウンだったら一発退場やろねぇ(イライラした大人が多いし)。
でも郊外は違う、そう、なんかノッパラでウサギとかがさーっと通り過ぎるのに似ている(あはははは)
話を戻して2家族@DQ
父2人は2人席に座り新聞を読んだり釣りの話をしたりしていて、ボックス席に座らせた悪童5人野放し。で、男児のうちの6歳児ぐらいのが立ち上がって父席の横に立って自分の父とちゃうほうの男性に話かけた。
男児「あのな、僕の友達の◎◎君がな、頭に大きなダニ2個もつけてたんやで。血ぃすうてこんなにデッカくなっててん!」と自分の人差し指の第一関節から上を指し示しながら言うた。
男性「そーか、そーか」と聞き流している。
なんら珍しくない話題の様子。
母兵衛、その話を盗み聞きしながら気持ちわるいけどオモロイなぁ、、と思っていた。

するとその男性のほうのおとんぼらしき息子が
「ぼく、なんか頭痒いー」と言い出した。
年上の子2人がどれどれと頭の毛をかきわけ検査しだした、
間もなく
「あー!お前ダニつけてるやん。ホレ、ホレホレ、3匹も居ったで!」

母兵衛(ひぃぃぃぃぃぃぃぃ)

面白そうに子供らが頭からダニをとっているうえに、父二人はまったく気にせず。
ま、ミネソタンにとってダニは身近な存在らしいし、気にしやへん人は気にしーひんねろね。
吸われるまえに見つけよう、だそうで、、(笑)
どっちにしろ、目が悪くてよかった、、と思った。
もし私の視力がサンコンさんみたいだったら、バッチリとダニが見えたでしょう。
ほんまよかった、みえんで。
ていうか、ダニつけてた子、私の横を走りぬけてたやん!!(あははははは)。
こっそり車に戻る前にダニチェックをしなおした私です(爆)。ファーストフード店ですらワイルドな郊外ミネソタです(あははは)。

IMG_5080_20130608111634.jpg

保護区内の道路はゆっくり走りましょう。
ルリツグミが止まってました。

1213886990.jpg

ダニと文字に書くだけで、
なんか背中をもぞもぞと這うような気がします。
かーゆーーいーーーー。
応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



秘密

トラックバックURL
→http://jubeminnesota.blog20.fc2.com/tb.php/2333-b937d7ed