スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ニューオリンズ・ミュージアム編

本日最高気温21℃、最低気温9℃、晴
外を歩いていたら、暑かったです(笑)。
ほんまええ日和、アホほど白頭鷲やら猛禽が飛んでました。


さて、
ヌーオリンズで何を観たかったかというと

カッショクペリカン

ルイジアナ州の州旗と州章からしてペリカンですが、
カッショクペリカン(Brown Pelican)というペリカンの仲間の中で一番小さくてウィングスパンが2メートル13センチほどしかないペリカンがたくさん居ます。ペリカンやワニを見る湿地帯ツアーはルイジアナの観光目玉でもありますが、湿地帯ツアーに参加する時間もなかったのであんまり期待していなかったんです

ところがぎっちょん

美術館の横の池で

IMG_5298.jpg

普通に居ました(笑)。
他にもシロトキ(American White Ibis)とかノバリケンとか黒鳥、白鳥、ガチョウなどの水禽天国。
さらにカタアカノスリとクーパーハイタカも〜。

さらに、ワニまで居てびっくらこきましたが(滝汗)
ちゅうかそんな普通の公園内の池にワニが居るもんなんやねぇ、、。さすが南部。

IMG_5471_20121019231305.jpg

デッカいのが飛んでたし(笑)
カッショクペリカンのペリカン族としては珍しいくちばしからダイブして漁をするところもアホほど観られました。しかし、、脳震盪起こしそうな漁だった(爆)
水しぶきのすごいことすごいこと。まぁ、体長1メートルはね広げて2メートル超える鳥なんでそりゃそうだろうが。
ペリカンのあくびて、、妙に間抜けてて可愛かったです。くちばしの下側のゴムバケツみたいなところがベローンと裏返るん(あはははは)。

実はここへはペリカンを見に行ったんではなくて、

IMG_4695.jpg

ニューオリンズ美術館
New Orleans Museum of Art
小さい美術館ですが疲れないちょうど良いサイズです。
ルイジアナ色が強く嬉しいコレクションも多数

IMG_4789_20121019084413.jpg

有名どころではドガ、レジェ、モネ、ルノアール、ピカソ、マティス、ルドン、ロダン、ゴーギャン、ミロ、シャガール、ポロック、オキーフ、カサット、ピサネロ、ブリューゲル息子などなど
そして
エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン(Marie Élisabeth-Louise Vigée Le Brun)のマリーアントワネットの肖像画が鎮座しておりました。
ミネソタに来てすぐのころにみっちり米史を勉強しましたが、ルイジアナ州は異色で特に興味深かったです。元はフランス領/スペイン領だったこともありますが、ニューオリンズはやっぱりフランス絡み文化が色濃いです。
特別展も面白かったのですが、そちらはもちろん撮影不可。常設展は撮影可、フラッシュ厳禁。

建物の隣に併設されている彫刻公園も必見ですが、

妙に嵌ったのはこの美術館の裏手にある
ボタニカルガーデン

IMG_4810.jpg

New Orleans Botanical Garden

もっそい南国
和歌山っぽい感じ(笑)
さらに

IMG_4815.jpg

ヘルンの庭園が〜〜〜
出雲な感じ(あははははは)
久しぶりに竹がみられた。
そして竹にはスズメ(の一種)が居た(あはは)
つづらがもらえたりして(ふふふ)

IMG_5325.jpg

たわわにみのったこうじ(柑子)の木

ミニチュアのレイルガーデンもありまして、かなり見ごたえありました。
おまけに鳥天国になってまして、各種小鳥がワンサカ。

IMG_5196.jpg

ブルージェイやノーザーンモッキンバードが多かった。
モッキンバードの声がまた聞き惚れます。

この近所にはストーリーランドというマザーグースを題材にしたアミューズメントパークやアンティークで現役の木製カルーセル(メリーゴーラウンド)、ミニチュア列車(乗れます)などがあって子供連れで賑わっていました。マザーグースは好きなんですが、実際にキャラが実体化すると大変怖いです(モ感覚で)。
子供づれならええかも。
Carousel Gardens Amusement Park

モリスト
New Orleans Museums
ニューオリンズミュージアムサイト
Ogden Museum of Southern Art
オグデン南部芸術美術館
Historic New Orleans Collection
ニューオリンス歴史コレクション
Confederate Memorial Hall
アメリカ連合国記念館
New Orleans African American Museum
アフリカンアメリカン博物館
Audubon Nature Institute
オーデュボン/動物園はオーデュボン公園、水族館はリバーウォークとフレンチクオータの間、昆虫館は水族館の近く、キャナル通り沿い
New Orleans Pharmacy Museum
薬局博物館
New Orleans Historic Voodoo Museum
ブードゥー博物館(ここは所謂温泉街秘宝館のようなごさごさした所です、面白いですがキワ)
マルディグラを観た事がない人はマルディグラ博物館でグラ体験しておくのがおすすめです♪

ヌーオリンズの情報は
New Orleans
このサイトと、数ヶ月前に購入したガイドブックと地元の人から実際に口コミ、そして

IMG_4610_20121019084414.jpg

Where Magazine
大抵の都市にある無料雑誌です。
もちろんツインシティズにもあります♪

そりゃそうと、話しは変わりますが、
滞在中に面白かった事はというと、

ホテルで同衾、いや寝具は違うので同室、
相部屋だったのが



IMG_5305.jpg

これ

ずーーーーっっと一緒
テレビの画面に良くとまっていて、イラっとさせられ、
叩こうかと思ったが、めんどくさくて放置
最終日には、あれ?どこへいったんか?と探してみたりして、
トイレに居たんでほっとしたりして(ぎゃはははは)

不思議なのは自分の気持ちやっちゅうことや(あははは)

IMG_5196.jpg

ジャジーなハエでした(ほんまかい)

応援クリック、ころもし嬉しいです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

首の長い鳥は、畳んで飛ぶんですね
しかし、あんなにデカイのによく飛べるな~

by: ロンゲのオヤジ * 2012/10/22 08:08 * URL [ 編集] | TOP↑


ペリカンってデカイですよね~!!
目の前で口開けられたら怖い!
ハエあの羽音さえ聞こえなかったら
さほど気にならないんやけど
あの音聞くとイラっとするんよね~
by: ふくねえ * 2012/10/22 15:11 * URL [ 編集] | TOP↑


庭園、ラフカディオ・ハーンが関係するの?
どのように?
読んだことは無いのだけれど。
by: kindo1959 * 2012/10/22 20:04 * URL [ 編集] | TOP↑


ペリカンとワニが普通に居る公園って!
ニューオリンズってトロピカルなんですねぇ。
ペリカンのダイビング漁、見てみたいです。
すっごい音がしそうですね(笑)。

アメリカは本当に美術館・博物館天国ですね♪
by: リク * 2012/10/22 20:50 * URL [ 編集] | TOP↑


いろんな博物館おもしろそう♪薬局にブードゥって!
ハエと相部屋ですか!確かに考え方次第ですが、やっぱりぶ~んとこられたら耐えられない。バスルームにいるなら許せますが(笑)
by: はなを * 2012/10/23 00:40 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントありがとうございます

*ロンゲのオヤジさん:サギ、鴫、ペリカンなどは畳んでとびますね♪首が長くてもカモ、雁、白鳥などは伸ばして飛びます。面白いです♪
ペリカン、カーゴ機みたいです(笑)。

*ふくねえさん:でかいです(笑)。あの下くちばしのゴム袋みたいなのんが気持ち悪いんですが、良く進化したもんだ~と感動を覚えます。
ハエて、ほんまに”ぶーーーーん”て音がするんですよねぇ。ぼーーーっと聴いてしまいました(笑)。もう、疲れて追う気もでませんで(あはは)。

*kindo1959さん:ラフカディオ・ハーン『知られざる日本の面影 (Glimpses of Unfamiliar Japan)』がおすすめです。下巻の最初のほうで”日本の庭”というタイトルで松江のヘルン邸の庭の様子が描かれていますが、すばらしい文章です。それにラフカディオ・ハーンは10年近くニューオリンズで記者として仕事をして、その間の万博で日本に嵌って日本に渡る事になったのは有名な話ですが、そんなんでニューオリンズに八雲日本庭園なのだろうと思います。

*リクさん:ペリカンはともかく、ワニがねぇ、びっくらこきました。
もちろん沼に柵もなんもないですし、ちょっと蹴躓いたらどぼんといきそうなところなんですわ。しかも直ぐ隣にはジョギングしているひとがバンバン通る歩道もありまして(滝汗)で、たまにジャボッ!と大きい音をたててワニが潜ったりします。よーーーくみるとあちこちに鼻と目が浮かんでいるんです(あははははは)。
ペリカンのダイブ漁はオモロイですよ♪音も水しぶきも圧巻でした。
なにをおっしゃいますっ、アメリカなんぞは所詮新しい新興国、日本とは歴史が違います。日本のほうが美術館博物館がおそろしいほどたくさんありますよ♪さらに神社仏閣オープンハウスも入れると凄まじいことに。国自体がかなり良い状態でプリザーブドされた歴史博物館です。

*はなをさん:ブードゥーの館、かなり面白いです。私は嫌いではないですが、そりゃもうごちゃごちゃしていて(あははは)。
ハエもそうですが、年々細かいことが気にならなくなってきました(あははは)。
by: 母兵衛 * 2012/10/23 00:58 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。