スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ニューオリンズ・エンターテイメント編

本日最高気温12℃、最低気温3℃、雨
この時期に雨てどうよ、やっぱり暖冬のサインか。
Extreme Global Warming May Have Caused Largest Extinction Ever
そんな乾涸びるような記事を読みながらも雨がちミネアポリスでは底冷えしているのでハラを冷やしてしまったようです。昨日からお腹がぴーひゃらら祭りでトイレのそばから離れられない(あははは)。
今日はトイレのそばで出来る仕事に終始したいものですが、そういうわけにもいかない(とほほ)。

さて、
ニューオリンズといえば、
ジャズ

しかも母兵衛はブンチャカしたニューオリンズジャズが大好きでありまして、
コルネ、トロンボーン、クラリネットなどのラッパ好きはここがスタートなのでした。
ヌーオリンズジャズも最近演者とファン双方の高齢化(ぶっ)とともに衰退化が目立つようで(滝汗)
実際こてこてのニューオリンズスタイル(もしくはディキシー)がバンバンかかっているのは観光案内所とか(滝涙)ジャズフューネラル(葬式マーチング)とかだったりしたりして

IMG_4585.jpg

観光船の発着所で流れていたのはキングオリバーだった。
そういえば、先日ディスカバリー番組のダーティジョブ(Dirty Job)でMardi GrasのBladder Bangerというのを作る作業をしていた。マルディグラの山車の上でボンボンどつき鳴らしているアレって牛の膀胱やったんやねぇ。

マルディグラとジャズは置いといて、
ブルース&BBQフェスティバルへ
Blues and BBQ Festival

IMG_4599_20121019050445.jpg

大盛り上がり。
公園内に2つのステージとクラフトショウ、バーベキューエリアなど
お祭りムードむんむんむれむれ

IMG_4597_20121020031526.jpg

こんなんでした♪
Keb' Mo'-Angelina
Larry Burton
Larry Burton
Amedee Frederick
Larry Burton and the Llorens Brothers Playing the Meter's "Cissy Strut"

IMG_4596.jpg

バーベキューももくもく♪
クレセントシティというのはニューオリンズの事
地図をみると一目瞭然ですが、クロワッサンの形です。
お陰で街の東西南北がわかりづらいので、方向音痴の方にはうざい街かもしれません。いや、私の経験から言うと方向音痴の人は東西南北で地図を考えない人が多いように感じるので逆に方向音痴のほうが良いかもしれないです(笑)。
なんというか、陰陽師がみたらひっくりこける都市です。
ブードゥー呪術的に完成されているのかもしれない、ないか、、(笑)

ついでにモ的New Orleans Jazz Club
ヌーオリンズのどこでジャズをきくが良いか?というと
とりあえずはPreservation Hallです。飲み食いはできませんが、聴けます。
Irvin Mayfield's Jazz Playhouse
the Candlelight Lounge 特に水曜
Howlin' Wolf
火曜日のBullet'sでKermit Ruffinsが演ってるとか、色々あるので新聞とか地元紙とかプリザベーションホールとかで尋ねてみると良いでしょう。フレンチクオーターで有名処というとMaison Bourbon Jazz Club, The Spotted Cat, Fritzel's, Palm Court Jazz Cafe, The Krazy Korner, Donna's Bar and Grillなど。観光地化されていて安全でまちがえはないです。

エンターテイメントといえば、カジノがさらにでかく増殖していました。
カトリーナ太りか?

そして、映画の撮影にでっくわしました。

IMG_4708_20121019050445.jpg

来年公開予定のアングリーリトルゴッド
Angry Little God
だそうです。ADさんが色々説明してくれました(暇かいっ)
ラスト・エクソシズムのダニエル・スタン監督で主役はヘルボーイのロン・パールマンだそうだ。ほなホラーなんか?と聞くと、そこらへんは言えんそうだ。なんじゃそりゃ。

IMG_5214_20121019050445.jpg

ちょうど、マーク・ウェバー(Mark Webber)とサブリナ・ジェンナリーノ(Sabrina Gennarino)のシーンが本番直前
マーク・ウェバーはミネアポリス出身(あははは)。

とてもゆったりと殺気のカケラもないような撮影現場でしたが、、
このメンバーなんでやっぱりホラーとか怖い系なんだろうか???気になる。
来年の公開が楽しみです。

ニューオリンズが舞台になっている映画は多いですが、
そういえばペリカン文書も(笑)
今年になってから吸血鬼ハンターのエイブラハムリンカーンを観ましたが、アレもニューオリンズ場面がありました。
そう、吸血鬼といえばインタビューウィズバンパイヤ。アン・ライス大好きです。
ちゅうことであのお宅へ行ってきました。
そこらへんへ続く

IMG_5221.jpg

ブルースといえばブラザーズ(爆)
ヌーオリンズにもハウスオブブルースがあります
House of Blues New Orleans
ジャズやブルースだけでなくありとあらゆる音楽が聴ける街です(でもここでテクノとか聴きたくない)

応援クリック、ころもし嬉しいです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

観光船といえば、汽笛のオルガンが
やたら、うるさかった思い出が・・・  (笑
お祭り楽しそうですね
映画の撮影にも遭遇
公開が楽しみ~♪
by: ロンゲのオヤジ * 2012/10/20 07:50 * URL [ 編集] | TOP↑


シシーストラト、C7一発。
ロス、ニューヨーク、真ん中のヌーオリンズ、
そのヌーオリンズをちょっと北上するとクロスロードでプレスリー、
さらに北へ向かうとボブと、プリンス、だね。
by: kindo1959 * 2012/10/20 20:22 * URL [ 編集] | TOP↑


ニューオリンズと言えば
やっぱりジャズですよね♪
本場で聴くなんてうらやましい~。
しかもBBQ付き(笑)。

映画の撮影が多いってことは、
絵になる町なんでしょうね♪
by: リク * 2012/10/20 20:33 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントありがとうございます

*ロンゲのオヤジさん:たしかに汽笛が五月蝿いです(笑)。どっさり観光船やら牽引船やら色々通行しているのでクラクションと同じようなものなのでしょうか(あはは)。
映画の公開がたのしみです〜〜〜♪

*kindo1959さん:やっぱり南部は色々と違うと実感させられました。
そう、ロサンゼレスにヌーヨーク、そしてヌーオリンズからミシシッピを北上、絹ならぬ鉄、いや音楽ロードですね♪

*リクさん:演奏よりも熱気と実際の気温の暑さ、湿度、匂いが混じってニューオリンズジャズになるようでした。ミネソタジャズとは違うノリです。
絵になる、というよりも絵みたいな景色が多いです(それはまた明日以降に〜〜)
by: 母兵衛 * 2012/10/21 07:14 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。