スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

メガトン級の重い腰があがった

本日最高気温17℃、最低気温3℃、晴
イースターサンデーです。金曜のグッドフライデーには大きな十字架をしょった行列をみましたので今日は蘇ってくるんでしょう。起こった出来事(もちろん起こったと思わせたい出来事も込みで)を再現したものが儀式化するというのはほとんど全ての文化や宗教にみられますが、キリスト教のような若い宗教は大元からあんまり外れていなさそうで考える余地がなくて面白みに欠けます(母兵衛比)。昨日もあちこちでエッグハントを見かけました。宝探しは好きなので楽しそうだと思います。
野球の話はしたくないです。

さて、

昨日の土曜日

あんまし良い天気ではなかったのですが、
先週のストレスが高じて爆発したので
その爆発のエネルギーを利用してぶっとばして来ました。

約140キロメートル、2時間の旅
自動車の長距離運転が苦手なのでこういうエネルギーでもないことにはメガトン級のおケツがあがりません。

IMG_8146.jpg

ナショナルイーグルセンター
National Eagle Center

ミネソタ州はウァバシャ(Wabasha)にあります。
もちろん野生のゴールデンイーグルと白頭鷲をだっぷりと観察するのが最終目標ですが、まず座学から♪
11時から45分間あるエデュケーションプログラムに間に合うようにミネアポリスを出発しました。

ナショナルイーグルセンターには野生では生きていけない障害がある4羽の白頭鷲(ハリエットエンジェルワッシャカコランビア)、と1羽のゴールデンイーグル(ドナルド)が暮らしています。
ゴールデンイーグルはカナダで営巣してミネソタには冬場に渡ってくるだけなのでなかなか見る事ができないそうです。色々ゴールデンイーグルとボールドイーグル(白頭鷲)の違いも学びました。

ミネソタの自動車のナンバープレートは色々なタイプがありますが、
普通のものと絵柄入り、絵柄入りは少し高価です。

IMG_8211.jpg

こちらのこのナンバープレートの白頭鷲は
ここのハリエット(30歳)がモデルだそうです。

館内はイーグルを中心に鳥情報が満載で体験型の展示も多く面白い。

IMG_8207.jpg

2階には望遠鏡が設置されていて、ミシシッピ川を挟んだ向こう岸にある白頭鷲の巣を観察することができます。
肉眼でも確認できますが、望遠鏡を使うとくっきり巣材までみえます。

講義がはじまるよ~と館内放送があったので
1階の教室へ

色々な情報をプロップを交えて説明してくれます。
プロップはゲスト全員に回されて触って眺めたおせます。

IMG_8166.jpg

白頭鷲の足!ガッシリ。
この爪の先にかけられる力は約180キロだそうだ、、、
一発で骨まで行きます。
たまに鹿を襲う鷲の映像や画像が報道されますが、さもありなんと思う。
そして足首にはこんな認識バンドがつけられています。

IMG_8180.jpg

白頭鷲の羽根~~♪
白頭鷲の羽根は売買及び所持が禁止されています、
なんと罰金は1千万円にもなるそうだ。
白頭鷲の羽根は全てコロラド州のデンバーにある合衆国魚類野生生物局に集められ、そこから許可のあるネイティブ・アメリカンの部族に配布されるそうです。Eagle feather law
というわけで、この写真のような羽根を見つけて拾ってねこばばしたらえらいことになりますね、知らんではとおりません。要注意。もちろんこのナショナルイーグルセンターでも羽根は所持できないのでこの日に見せてもらった羽根ももうすぐコロラドへ送られるそうです。

他にも興味深いお話がもりだくさん。
母兵衛は体重当てクイズでニアピン、隣に座っていたおばあちゃんに褒められました(笑)
そして、メインエベント、
実際に白頭鷲登場

IMG_8190.jpg

エンジェル

2000年にナショナルイーグルセンターにやってきました。グランツバーグで地面に居るところを発見されて保護。当時まだ巣立つ前で羽根­を折った状態だったエンジェルは近くにあった鷺の巣の魚の残飯をあさって生き延びていたらしい。

IMG_8184.jpg

目の前でばさばさと羽ばたいてくれました。
大迫力でした♪

そして、お食事タイム~
白頭鷲は魚が主食で好きなんだろうと思っていましたが、
なんとネズミが一番好きだそうです、その次がウサギで魚は食べるけどあんまり美味しくないと思っているそうだ(笑)。
ちなみにこのセンターの白頭鷲の食べている魚は全て近所のボランティアの釣り人が近所で釣って来るそうです。母兵衛、そんなボランティアがしたいです。
そして、ゴールデンイーグルは魚を食べないそうだ、水辺も嫌いで寄りつかないらしい。ということで私が前に見たゴールデンイーグルだと思っていた鷲は白頭鷲の幼鳥確定。

動画を撮りました。
こんな感じです、実際目の前1メートル以内に近寄ってみる事ができます。

↓モチュウブ
ライブイーグルプログラム

食べ終わった後にくちばしを磨く白頭鷲←MouTube

IMG_8200.jpg

講義が終わった後、マイプールでtake bathしていました。
綺麗好きです。
館内にガラス張りの一区があって、中ではイーグル達と館員さんが居ます。
色々な質問に答えてくれますが、
おっちゃんが美人の館員さんへの質問ばっかりして、イーグルの質問をしろ~と突っ込まれていました(あははははは)。

入り口にはショップもあります。

IMG_8260.jpg

イーグルの鑑札が売っていました♪
講義で見せてもらった野生の鷲の個体識別プレートです、未使用品で99セント。
嬉しいお土産~。
で、気分良くなって、
雀サイズの木彫りの白頭鷲
ミネソタの野鳥ハンドブック
イーグルセンターオリジナルエコバック
オリジナルエコバックは50ドル以上の買い物をしたらただでくれるそうです。
購入しました♪

ナショナルイーグルセンター、、
楽しかった~~~。
思ったよりも近かったのでまた天気のいい日に行きたいと思います。


birdlover.jpg

こんだけデカい鳥はあかんか?
あかんやろねぇ、、(あははは)

長くなったのでウァバシャの様子は後日~
ポチ応援励みになります。1日1クリックお願いします↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
にほんブログ村 アメリカ中西部情報日本ぶろぐ村アメリカ中西部

4歳のころのワッシャカ
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

こんにちは~~(^0^*)ノ

ぎゃーー!!!
なんて可愛いんでしょう!!!
肉をむしり取り食べるっ!!むしり取り食べるっ!!
くちばし、かしかし(笑)

でも、本当にめっちゃでかいっっ!!!
これは目の前で見たら
そりゃあもう大迫力ですよね~~~!!!
良いなあ~~~・・・・・見たい・・・
羨ましいです~~~o(≧Д≦)o

十兵衛じいちゃん、
とりさん好きでしたっけね(^^*)
白頭鷲ちゃんはでか過ぎか(笑)
by: かじぺた * 2012/04/09 01:07 * URL [ 編集] | TOP↑


罰金は1千万円~
ネコババは出来ません
しかし、白頭鷲デカイですね~
by: ロンゲのオヤジ * 2012/04/09 08:12 * URL [ 編集] | TOP↑


白頭鷲の羽所持1千万円!!
いっいっせんまんって!!
絶対ねこばばなんてしません(笑)
白頭鷲カッコいいですね~
爪がすごい!!
こんな目の前で見せてくれたら
感動ですね~
鳥を見つめる十兵衛くん可愛いな~♪
でも小鳥がイイかな(笑)
by: ふくねえ * 2012/04/09 15:16 * URL [ 編集] | TOP↑


v-22美しい・・・です
羽をもっているだけで一千万円の罰金、いいですねぇ
日本だと、○○円以下の罰金、それもめっちゃ安っ、ってのが多いので、これ位のがあってもいいです
でも、逆にモグリで、どっかで売買されそう?
by: 葉っぱ * 2012/04/09 18:08 * URL [ 編集] | TOP↑


白頭鷲の脚も羽もでっかい!!!
なんだか想像しているよりずっと大きかったです。
そして、羽にはそんな法律があるんですね。
ちゃんと白頭鷲さんの羽かどうかきちんと見分けられるかな
(って日本住みの私には関係ないか(笑))
by: リク * 2012/04/09 18:48 * URL [ 編集] | TOP↑


足と爪・・・デカっ!!迫力満点ですね~♪楽しそう♪罰金1000万ですか!?誰か払った人はいるんですかね~?
by: はなを * 2012/04/09 20:49 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントありがとうございます

*かじぺたさん:白頭鷲、美しかったです。この爪とくちばしでどつかれてみたいです(笑)。これはミネソタ観光の中に組み込みたい施設です。
爺さん、鳥好きでしたがカナダガンは苦手だったので大きい鳥はだめかなとはおもいましたが、みせてみたい気もしました。でも十兵衛サイズでも十分餌サイズなので恐いです(笑)。

*ロンゲのオヤジさん:知らないとえらい目に合いそうです(笑)。
白頭鷲、たまに鹿も襲うそうです。さもありなんと思いました。

*ふくねえさん:私も初めて知った時は拾う前で良かった~と思いました(笑)。とはいえ、見つけたことすらないですが(笑)。
ほんとうに美しい鳥で感動します♪

*葉っぱさん:密猟が多いので取り締まりも厳しくなるのでしょう。
ネイティブアメリカンの近代史も関係しています。

*リクさん:ものすごく大きいのですが、私が想像していたよりも軽くてびっくりしました。実は七面鳥ぐらいの重さかとおもっていたので(あははは、そりゃないですね)。
白頭鷲の羽根、見分ける以前に怪しいサイズ&柄のものは拾わないのがいちばんでしょうね(笑)。

*はなをさん:爪が攻撃の唯一の手段だそうです(くちばしでは攻撃しないそうです)。
by: 母兵衛 * 2012/04/10 00:20 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。