スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ノルディックなデコレーション♪

本日最高気温-2℃、最低気温ー14℃、晴
これから気温は上がってゆき、明日は氷点上になります♪
現在起きぬけ、スターバックスのモーニングジョー(カフェインたっぷり豆)を飲みながらお送りします。

ゴッファー女子バレーボール、今期終了しました。
ベスト16、思いのほか好戦してくれて嬉しかったです。
でも、くやしいなぁ、、。


さて、

昨日の素晴らしく晴れたさぶい金曜日

kuramaちゃんのおばちゃん(←地元では友達の母のことをこう呼びます)と一緒にスエーデン会館のクリスマスデコレーションを見に行きました♪とても楽しかったです。やっぱり関西ノリはスムーーーth.

IMG_5718.jpg

American Swedish Institute

この豪華マンションは1903年に建てられたThe Turnblad Mansion(ターンブラッド邸)。
現在隣にある駐車場の一角にネルソンカルチャーセンター建築中で、かなりばたばたしていますが。前の玄関は締め切りで、旧馬車寄せの奥に入り口が建て増しされていて、大きな新しいエレベーターも据え付けられています。
建物全体でかなりの変化。地下にあったミーティングルームやホール、カフェがなくなり細かくしきられたお教室がたくさんできています。ダラホースライドは3階へ、3階にあった移民の歴史と服装の展示は現在倉庫へ。一部はネルソンセンターが竣工すればそちらに展示されるそうです。そして、3階の展示室は本来の劇場にもどっていまして、これからはイベントや劇場として使用されるそうです。

このマンションはたまに来ますが、

こんなに混んでたのは初めてです!ものすごい人出でした。

それというのも現在A Nordic Christmas(ア・ノルディック・クリスマス)と題してお部屋ごとに北欧諸国の伝統的なクリスマスツリーや展示、テーブルデコレーションが飾られています。

IMG_5745.jpg

Swedish Christmas Room

スエーデンの部屋。
スエーデンのクリスマスシーズンは冬至に始まり、1月13日のKnut's Dayに終わるそうです。
クリスマスイブの昼飯には”dopp i grytan”(dip in the pot)というパンとコンソメスープだけだった時代を思い出す食事がだされるそうです。そしてクリスマスイブの晩はバイキング式料理。ハム、ルダフェスク、米、プリン、ニシン酢漬け、ソーセージ、チーズ、3種類のパンと堅パンが饗されます。

フェイマス ミネソタン ノトリアス ルダフェスク、、、あはは
(これはまた明日にでも)

そして、家長の前にライスプリンの器が出されて、そのボウルが空になると来年は良い年になるそうな。

IMG_5746.jpg

”dopp i grytan”

やっぱりスエーデン会館だけあって、スエーデンのお部屋が一番充実していました(笑)。

でもノルウェーのお飾りも可愛かったし、デンマークはロイヤルコペンハーゲンな感じで素敵だったし、フィンランドはマリメッコってたし(笑)、モ的にはアイスランドの飾り付けがツボでした。

IMG_5725.jpg

Icelandic Christmas Room

アイスランドのクリスマス
アイスランドでは家族や友達が集まって、"laufabraud"という葉っぱパンを12月に作るそうです。そこらへんキャンドルライトだらけで、外は色んな色の電飾がつけられて長く暗い12月を明るくするそうです。
アイスランドは北欧諸国の中でもすこしかわっていて、”rings in Christmas"クリスマスイブの午後6時に全国の教会でチャイムを鳴らすという伝統があるそうです。さらに、その様子は全国放送のラジオ及びテレビで放映放送されるそうです。ほとんどの国民がクリスマスイブとクリスマス当日に教会へ行くそうです。
クリスマスイブのお食事は"Hangikjöt"という羊肉の薫製にクリームソースをかけて、イモとグリーンピースを添えたものにライスプリン。食後は家族がツリーの周りに集まってギフト交換をして、歌を歌って、ツリーの周りを歩くそうです。
クリスマスの日と”Annar í jólum"(Dec 26)は家族がコーヒーケーキ(シナボンか?)とディナーに集まるそうだ。
さらに、
アイスランドにはクリスマスさんは1人ではなくて13人いるそうだ。クリスマスから13日前に一日に一人づつ山からやってくるらしい。そして一人ずつなんか悪いことをするらしい、そしてクリスマスの後にまた一人づつ山に帰って行くらしい。Jolasveinar←これ

アイスランド、、、

かなりオモロイ国だと思いました。
好きです。この説明を読んで、アイスランドが好きになりました。妙すぎる。
ちゅうよりもここに書いている説明がかなり危険なカホリ漂う感じ(ぎゃはは)。

もっそいおもしろかったです。
kuramaちゃんも来れなくてとっても残念~。
来年はKちゃんも連れて一緒に行こね。

たっぷり見学した後に、ショップに寄りました。
ショップスペースも増えて、現在クリスマスグッズだらけで素敵です。

IMG_5735.jpg

ちょっとお高いですが、全部欲しいです(笑)

1900年初頭ビンテージっぽいツリーがまたここに置いてあると素敵。
(うちに置いたらビンボ臭いだけになりそうだけど、爆)

館内に飾られているツリーがおうちで再現できます。
オーナメントもいいのばっかり。

IMG_5732.jpg

Jul Bock(藁のヤギ)ちゃんたちがたくさん~♪

ツリーの下にものすごく大きいものも飾ってありました♪
なんとなく、郷愁な感じ。

IMG_5741.jpg

茹でユールニッセ?(笑)

か、、かわいい♪

なんとなく素敵ホリデー気分になりましたので♪

たまには真面目な十兵衛ちゃん。

middle_1197865103.jpg

おとこまえちゃんです。

ミネソタ移民の歴史のはじまりはスカンジナビアンが作りました。
とても魅力的な国々です。

そうそう、この日のお昼はソマリア料理を食べました。
スークスーク!その様子は明日にでも

ちょいとおされなクリスマスにポチっと点灯おねがいします↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
にほんブログ村 アメリカ中西部情報日本ぶろぐ村アメリカ中西部
関連記事
スポンサーサイト
コメント:

わーい。ああいうクリスマスっぽい写真大好きです。
そして私もあの意味不明なアイスランドの文化にハマります。面白い国ですよね。
ミネソタはスカンジナビアの移民でしたかー。スカンジナビア系もとても魅力的です。
真面目な十兵衛ちゃんもかわいいです。

それにしても母兵衛さんの笑のセンスが悪いという家族って かなりレベルの高い家族何ですねぇ。
by: KEIKO * 2011/12/11 03:18 * URL [ 編集] | TOP↑

今日の・・・
爺ちゃん、ムッチャ男前
凛とした中にちょっぴりお茶目が出て・・・  (笑
コレこそ紳士。
by: ロンゲのオヤジ * 2011/12/11 07:54 * URL [ 編集] | TOP↑


トナカイさんじゃないのかな?

なんで、Jul Boc(藁のヤギ)kなのかな?

ワラ(笑)?

メェ~
by: 華やぎ * 2011/12/11 11:13 * URL [ 編集] | TOP↑


とても素敵なデコレーションですねえ。豪華で素晴らしいです。
宝塚の舞台を思い出してしまいました、すいません。
もうクリスマスなんて一年は早いですね。
赤いリボンの十兵衛君、素敵です。
by: マッチャン * 2011/12/11 11:25 * URL [ 編集] | TOP↑


いろんな国に色んなクリスマスがあるものですね!
アイスランド、とっても個性的なクリスマスかも♪
ヤギさん、藁でできてるんですね。これまたちょっと日本の注連縄チックな(笑)。

十兵衛君、きゅっと口角も上がって男前さんです♪
素敵なモデルさんだわ~。
by: リク * 2011/12/11 20:06 * URL [ 編集] | TOP↑


素敵な飾り付けですね~。昔から続く風習?いいですね。13人のサンタもおもしろい♪
十兵衛ちゃん・・・王子様みたいよぉ~ステキ♪
by: はなを * 2011/12/11 22:36 * URL [ 編集] | TOP↑

偏頭痛ぎみです。
コメントありがとうございます

*KEIKOさん:アイスランド、不思議で面白い国です(笑)。そして近いだけあって、スカンジナビアは面白いです。しかも本国では失われつつある習慣がミネソタでは残っていたりするらしいです(笑)。
うちの家族にはよく泣くまで笑わされます(私は橋の下でひらわれた子なのでまともなんです、笑)。

*ロンゲのオヤジさん:ありがとうございます。まさに馬子にも衣装(笑)。

*華やぎさん:説明しだすと果てしなく長くなるので簡単に、ユールボック(Jul Bock)は今ではキリスト教にのみこまれてしまいクリスマスのシンボルとなっていますが、北欧の土地神のようなもので死と再生の象徴であるようです。日本神話と似たところが多いです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Yule_Goat

*マッチャンさん:宝塚♪舞台がみたいです。この写真で見ると豪華にみえますが、宝塚のほうがもっと豪華です(笑)。
ほんとうに一年またたくまです。
ありがとうございます>十兵衛

*リクさん:このユールボックは地元の神様なのですが、私も日本神話を連想します。興味深いです。
ありがとうございます>十兵衛

*はなをさん:13人のサンタクロースではなくて、13人のクリスマス人というような奇妙な表現をしていました。多分もとは違うものなのでしょう(笑)。
ありがとうございます>王子様
by: 母兵衛 * 2011/12/12 02:42 * URL [ 編集] | TOP↑


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。