スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

老犬十兵衛爺さん発病

本日最高気温-9℃、最低気温ー16℃、晴
学校の帰りに湯たんぽを買いにいった。そして、外を徒歩にて帰宅途中、えらい暑くなってきて帽子も手袋も外してコートの前をはだけて歩いたのにびっしょり汗をかいた。こんな暑いて、いったい、何度なんやろう?と帰って来てから温度計を見ると

-8℃だった、、σ(-公- )

わしゃ、裸の大将か?(爆)。




さて、昨日のログにも書きましたし、

ツイッターでもぼそっと書きましたが、


爺さん、昨日たおれました。



とはいえ、

命に別状はありません。

ご心配なく。


実は昨日爺さんロレロレで

こりゃ脳梗塞か?と疑い

すぐに主治医のグリンドル先生に診せに行きました。




検査&診察の結果


Canine Old Age Vestibular Syndrome

老犬ベスティブラー症候群

簡単にいうと、耳(前庭)の病気です。老犬に多いそうだ。


Dog Health : How to Treat Vestibular Disease in Old Dogs
↑Youtube, マクドナルド先生の大変分かりやすい説明


ベスティブラー症候群の症状はまっすぐに歩けない、バランスがとれない、後ろ足がはちかる、特に振り返った時にふらつき、倒れることもある。もちろんブルブルができない。頭が傾く。ぐるぐると同じ所を回る。酷い症状では動けなくなる。
頭が動かなくても、眼球が横に振動する、など。メニエール病に近い症状も出るので診断には注意が必要だそうだ。

爺さん、もとよりいごきの少ない犬なので分かりづらいが、

昨日の朝の爺さんの様子(病院に行く前)




初めは立てなかったのが、ぼっつら立てるようになったところ。

カメラを構えると用心深く歩いて転倒しない(転倒してほしいわけではない)。



この後、カメラを仕舞った後に、振り向こうとして大転倒

そのままへたりこんだので、

即病院に電話して予約を入れてもらった。


病院につくと、駐車場でふらふらしながらも楽しそうに匂いを嗅いでシッコ&ンコを済ました。

それをみて、、

これは、、たいした事なさそうだ、、と思った。


が、受付しているときに


失禁 (゚Д゚)


そして、その後、バターーンと倒れた。


(゚Д゚)はうああああ


予約時間までまだまだ時間があったが、

看護婦さんが慌ててやってきて、直ぐに診察室に入った。


1207hosp.jpg

爺さん、自分でもどうなっているのか分からず、

とっても不安そうだ。


診察室では微妙にふらつくものの元気よく歩き回っている。

1分前のはなんだったのよ?



ぐるぐるぐるぐる

そんなに回るとバターになるよ。


まあ、爺さん、

大人しくこねくり回されまして、

「初めてこの症状を見るとストロークだと思い、誰でもかなり驚きますが、

心配ないですよ


と言ってもらいました。対処法は症状が落ち着くまで抗炎症剤服用(感染かもしれないので、注意して観察しなくてはならい)。これからまた発作的に同じような症状が出る可能性も高いので、そのときは心配せず、安静にして経過観察するようにと。そして、発症後も症状が緩和せず、酷くなるようだったら抗炎症剤を処方するので診察うけてください。

とのことだった。

かなり詳しく色々な症状(先々重篤化したときにでるであろう症状も含め)を説明してくれまして、さらに対処法なども細かく説明してくれました。


ま、要するに


歳なんで、、、

つことです。

それに、ここ数ヶ月ほど腰が曲がって来たのが気になっていたが、やっぱり腰痛が酷いらしいです。爺さん、いぬにしてはあまり痛みに対して恐怖感がないようで怖がりませんが、やっぱりかなり痛いようです。夜寝る時にパジャマと腹巻きを着せているというと、それは良いアイディアだ、と褒められました。さらに寒い日にはホットパックなども使用しても良いそうだ。優しいマッサージも有効。

いつもやっていることばかりやがな、、だから重篤化を防いでいるのかもしれん。


十兵衛爺さんは、診察中、痛いところをぐりぐりされたり、引き延ばしたりされても黙ってキャンともウーともいわずに耐えていました。その都度顔をしかめてピクピクしていましたが。

グリンドル先生には「このコは頭のいい子だ。何をされているか理解しているようだ。そして我慢強い。」と大変褒められて私も鼻が高かったです。たいていの子は痛い患部を触られると唸ったり、鳴いたりするそうです(そりゃそうだ)。


さて、母兵衛、、


朝から学校も休みまして

十兵衛が緊急で病院へ行くと電話したら、もっそい慌てていました(私よりパニクったバンダコイ)。


お昼前にはすべて落着、


爺さん、やっぱり痛いのと不安感で


1206nozo.jpg

どこへ行くのにもついてきます。


ほんまにベロベロにヨレヨレしながらついてきます。

なんか間違った背後霊のようです。


ここ最近、聞き間違えが多かったのも前駆症状だったのかもしれん。

まあ、どうしようもないので

症状が落ち着くまで無茶なことはせんように、安静

階段の昇降も自粛(転けて怪我しないように)。


1206sofa.jpg


寝かしつけても、

母兵衛が移動すると起きます。




1206nur.jpg

僕、かわいそうなんよ by十兵衛


ああ、かわいそうや、かわいそうや(←棒読み)

でも
まあ、今日明日ちょびっとだけ甘やかします。

ほんまにご心配おかけしました。

爺さんに早く良くなれ応援お願いします↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

絵文字名を入力してくださいこちらも一日ポチ善↓
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
いつも応援ありがとうございます。
アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリス市から発信しております。
にほんブログ村 アメリカ情報
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。