スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

シャーバーン2

シャーバーン続きです。



レフュージの入り口に地図やら色々な情報掲示板があります。
トイレもあちこちにあるので安心(あはは)

IMG_5196_20150502103008170.jpg

メドが沢山ありまして、結構レアバード目撃情報が多いです
ココは特にワーブラーが多い=虫が多い(笑)



イースターンメドラーク
Eastern Meadowlark ヒガシマキバドリ
ほんまに仰山居てまして、見放題ですねぇ、嬉しいですねぇ(笑)

IMG_5198.jpg

なんも居なさそうに見えますが、
そこそこ色んな鳥がいました。水禽少ないなぁ、、。

IMG_5203_20150502103010947.jpg

マッシブな白頭鷲の巣ぅもあります(笑)
巣のカップの直径が2メートル以上なので、縦方向がどんだけデカイかが解ると思います(笑)。
そんでもって、スタート地点に戻って来てブラブラしていると、



ヴェスパスパロウ!!!!!
Vesper Sparrow オジロヒメドリ
それはそれはすこぶる嬉しかったです♪

20090716143131a05s_20150502103031e51.jpg

そして、、またダニを連れて帰ってしまったのだった、、
しかも頭についてたし(ひぃいいい)

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング
本メモ
黒岩重吾著『落日の王子』上下、蘇我入鹿のバイオグラフィ小説、蘇我本宗家滅亡の様子が黒岩視点で描かれる。この時期のヤングな倭の小説てほんまおもしろいねぇ。私的にはどうも中大兄皇子の味方をしてしまうので鎌足は好きではないが、敵目線小説的要素が含まれてさらに楽しく読めた。
黒岩重吾著『中大兄皇子伝』上下、中大兄皇子視点の日記的な伝記。
スポンサーサイト

In One Person

散髪しンに行きました。
コケシのような和風ヘアスタイルにしてもらいました。前回まではアシンメトリーのエッジーでパンクな感じのヘアスタイルだったんですが、今回なかなかに上品なおばさま風で気に入っております。
ある日本人には「和風は和風だが君はコケシではなく鬼太郎だね」と言われました。ヘアスタイルは素敵なんですが、なんとも顔と雰囲気がなぁ、大和撫子にはどこをどう揉んでもなりません。新しく作ったトライフォーカル中遠近両用メガネにとても良くヘアスタイルが合っていて、我ながら納得しまくっています。あ、そういえばトライフォーカルメガネですが、フレームが顔の型に非常に合ったものを選んだのでかけ心地最高ですし、睫毛がメガネに当たらないし、こめかみ痛くならんし曇らんし。それにレンズのほうもスッカリなれて普通に遠くを見たり近くの細かい文字を読んだりコンピューター仕事をしたり、ずーっとメガネをかけっぱなしで頭もバブルヘッドさせずにすっと焦点を合わせられるようになったので動作の間がスムーズ。警戒していた頭痛も結局まったく起きなかったし♪こんなことなら早く遠近両用にしときゃよかったと思ったぐらいです。かなりQOL上がりました。
あ、そうそう、残念ながらカット前と後のヘアスタイルを撮るのを忘れましたが、カット後にウロウロして写真を撮りました(あはははは)。
ヘアサロン、Rue48付近はちょいと雰囲気の良いお店が集まっています。

IMG_8952.jpg

この雑貨屋、結構おもろいものが多くて好きです。
ここで白頭鷲のイヤリングを見つけたのはだいぶ前。
ミネソタグッズも多いです。

IMG_8942_2015032709174673c.jpg

ニットのお店

IMG_8945_20150327091748aa9.jpg

おしゃれペット小物のお店
爺さんが居た頃はこんなお店にいきまくりましたが(笑)
今でも覗くのは好きです。

IMG_8940.jpg

つぶれた靴の修理屋
その横につぶれたファーストフード中華料理屋もあった。
実はカットしてもらったあと、友達と落ち合ってこのあたりでご飯食べようということになってまして、ネットでこの中華屋も見てたんですが(焼きそばが食べたかったから)、ま、つぶれててよかったです。お陰で美味しいものを食べられました。

IMG_8947.jpg

Pepitos
ここも美味しいらしいがまだ未体験。次はここで食べよう。
RIKAちゃんおすすめでソベリンに行きました。

IMG_8951.jpg

Sovereign Grounds←ウェブサイト
店内2つの部屋に分かれていまして、入って手前はとても静かな部屋で、奥の部屋は子供の遊び部屋のようになっていまして、子供つきでもとてもゆっくりできるようになってます。

IMG_8974.jpg

マイフレンド、今回は子供を連れて来なかったので大人の部屋(笑)で座りました。奥に子供が沢山いるのがちらちら見えますがとても静かで落ち着いた雰囲気です。コンピューターで仕事している人やテキストをひろげて勉強している学生さんなんかもとても集中しているようでした。

IMG_8957_20150327093137732.jpg

イモとチーズをベイクしたのと野菜のサイド2種類。
マスターがトルコの人でトルコ風な味付けでものすんごく美味しかったです。色んな種類の野菜料理(サラダとも言うか?)、ベイクものやサンドイッチがありましたんで、また別のんも食べたいと思います。友人は卵がまるごと入ったベーコンのスコーンとカレー味カリフラワーを食べていまして、ちょいと味見させてくれましたが、ものすごく美味しかったです。
それになんといってもコーヒーがウマい!!ここ重要ですねぇ。トルココーヒーを飲みましたがとても気に入りました。特に小さい子供の居るママさんとかにおすすめですねぇ。

IMG_8719_20150327091744734.jpg

John Irving "In One Person"相変わらず不思議に変態なのに普通な感じで大好きです。読ませるねぇ。とりあえず数ヶ月寝かしてもっぺん読もうと思います、ちゅうて数年寝かしたりしてねぇ(笑)。
三浦綾子著『細川ガラシャ夫人』上下 玉子の姿を想像して想像してどうにもこうにもとまりません(笑)。美しいというのはそれだけで価値のあることやとおもいますねぇ。というような事を著者は思ってほしくないとは思いますが。玉子や清原マリアなど美しい女性でてきて耽美的でよろし。ただ、選択的にイベントが描かれているので細川玉子の史実を知りたい人は注意が必要ではある。
浅田次郎著『王妃の館』上下 非常に軽いが登場人物が重すぎるのを語り口を軽すぎるぐらい軽くすることによってバランスをとったのか?登場人物全て悲しい寂しい人々なのに、コミカルにテンポよくめげずに読める。でも、やっぱし痛い話ではあります。どっちかというとその後のラスベガスの話が読みたいです(笑)。
村上春樹著『海辺のカフカ』上下 恐ろしい程内容を覚えていなかったんですが、読みはじめてナカタさんの話だけは思い出しました(笑)。ナカタさんの部分だけ読みたい、さらにいうとナカタさんの話だけでこの全ページの倍ぐらい読みたい。軽いといえば軽いし、軽くないように読もうとすれば軽くない。ちょっとトワイライトゾーンみたいな感じがええですねぇ。

1209237651.jpg

おもろい本が読みたい。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

まだ寒い

まだミネアポリス空港にシロフクロウが居る(あははは)。いつまで居る気ぃなんやろねぇ??
昨日の午前中、かなりフラフラだったんですがお昼から復活しました。なんやったんやろうか?風邪かそれとも単なる更年期か?落ちたもんでも拾て食うたか?(あははは、それはないです)。あ!もしかしたら中◎産の餅菓子を食うたからか?イングリーディエンツによっては(特に化学調味料)結構フラフラになるのでそれか?よぅわからんが、ま、治ったからええわ。
さて、
いつものようにいつものミネソタ川で鳥勘定

IMG_1592.jpg

ミネソタ川、、
結局この冬はここに水禽が集まる事はなかった。
もちろん大規模工事が原因の1つではあるかもしれんが、それにしても鳥少なすぎやったねぇ。

IMG_1593_201503130127206f5.jpg

白頭鷲は居ますが、この場所であんまりフィッシングをしなかった。
魚が減ってたんか?釣り人は相変わらず居ったけど。

IMG_1596_20150313012722e7c.jpg

若い白頭鷲も集まってました。

IMG_1601_20150313012723fd0.jpg

ものすごく静か、今日はキツツキすら騒いでないし。

IMG_1603.jpg

ブラックドック湖がわへ移動
カナダ雁の小規模団体とナキハクチョウの定例メンバー

IMG_1637_20150313013220675.jpg

もっそい霜だらけ

IMG_1608_2015031301321674e.jpg

結晶も生えてた
それなりに寒い



ツララにもはえまくる結晶

IMG_1632_20150313013219791.jpg

たしかに結晶はえまくりだが、
なんとなく真冬とはちがう、どこがちゃうか?と言われても的確に表現できんけど
なんか結晶に気合いが少ないというか(あははは、どんなんやねん)。

IMG_1671_201503130132216f1.jpg

一年ボウズの黒助ちゃんたちも、微妙に白い羽根が生えてきました。
もうすぐお兄ちゃんお姉ちゃんになるからねぇ♪

IMG_8720_20150324092148fdc.jpg

The Birder's Handbook: A Field Guide to the Natural History of North American Birds
バーダーズハンドブック、これは素晴らしい、ものすごくわかりやすいです。調べるのにも良いし、調べものの無いときでもさして要らない箇所でもついつい読んでしまいます(笑)。バーディング(Birding)に興味のある人全てにおすすめ。

1205271769.jpg

歩くの楽しい

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

ああ良い天気だこと

もう三月になろうかというのにいつまでの寒いですねぇ。1月が春みたいな気温だっただけになんか変な感じです。昨日白頭鷲のハーモン邸のライブカムがはじまったと告知しましたが、そのハーモン邸にて頭がごま塩になった推定3歳のヤングが巣のカップの中で卵はまだないですがネストボールをフラッフィング、抱卵態勢などを見せて45分間ほど座っているのが観察されました。ハーモン母が隣でそれをみていたんですが、帰宅した父が追い出してしまいましたが、、そのゴマ塩頭がハーモンではないか??とものすんごく盛り上がったんですが、年齢からして多分ハーモニーかピースだと思われるんですが、、、。でも、ハーモンファンとしてはスーパースターハーモンであってほしいなぁ、、という話しで(笑)、それよりなにより白頭鷲てほんまおもろいねぇ。本能の部分控えめな感じで(あはは)。
さて、
気温が下がると空が青くなります。

IMG_0170.jpg

近所で散歩
なんもおらん(笑)
バシリカにアカオさんはたかっていましたが

IMG_0174_20150220061335d63.jpg

彫刻公園にスケート場ができてました。
ま、枠つくって水まいたら簡単に出来るので、自宅の裏にスケート練習スペースを作る人も多いですし、枠の作り方もよく知られていますしマテリアルもそこらへんで売ってます。

IMG_0176.jpg

ここからみる景色は好きです。
踏み板が木材なのでドキドキしますが。

IMG_0177_20150220061339c55.jpg

歩道橋はふきっさらしなのでさぶいです。
本気で寒いです。
ほんまに木材なので凍ったり融けたり重いスノウプラウと雪融剤で強度が非常に心配。

IMG_0178.jpg

ローリングパーク

IMG_0179_201502200621256f7.jpg

ああ良い天気だこと



チカディがブーブー言うてました。
Black-capped Chickadee
可愛い、、もんのすごく可愛い。

IMG_4001_20150220062127101.jpg

最近あちこち読み散らかしたり再読ばっかりでメモしてなかったが、印象に残った本を、
*VSラマチャンドラン著『脳のなかの幽霊』10年ぶりぐらいに再読しました。かなり古い内容もありますが、やっぱりこのラマチャンドラン先生のインドノリはおもしろいです。ビデオでレクチャーをみたことがありますが、テンポがええのね。とにかく、とても面白い一般書ですが、シークレットライフオブミッティをどこか畑ちがいのところで目にしたという記憶があって、でもどこで見たのか全く思い出せなかったんですが、この本でした。それがわかってスッキリした(笑)。
*浅倉卓弥著『四日間の奇蹟』東野圭吾の秘密(娘のガワに母が入ってるやつ)のような話し。チオリとケイスケに終始してなんかの奇蹟でチオリの脳が活動を始める、という話しだったらものすごくおもしろかったと思うんだが、真理子というのがチオリの体に入ってしまうところがガッカリ。そしてそこらへんがこの本のサビんところとなっているのがさらに残念。もったいないなぁ。最近レナードの朝とか猿の惑星Rise of the Planet of the Apesとか脳系の治療薬系統のんが読みたいなぁと思っているんだけど。
*ジョン・アーヴィング『未亡人の一年』John Irving "A Widow for One Year".
アーヴィングの変態っぷりが大好きです。この本、10年程前によんでたんですが再読してみると、今回はエディの変態っぷりに嫌悪感よりもエンターテイメント性を感じる事ができました。やっぱり気持ち悪いことは気持ち悪いけど、ま、変態もいろんな種類が居るというのをすんなりと受け入れられます(どんなんやねん)。
*Pittacus Lore"The Power of Six", "I am Number four". "The Lost files Hidden Enemy." 映画化もされましたI am Number Fourを含むエイリアンの若者が活躍するロリアンレガシーシリーズ。パワーオブシックスは4と6とサムが7を探す。ロストファイルシリーズはロリアンレガシーのバックグラウンドについて書かれているシリーズでこういう本筋に並列して出てくると非常に楽しいですねぇ。とても軽くて読み易いので中高校生から読めます。原作を読みたいと思っている人は最初にとっかかるのに良い本やと思います。
*永井路子『流星お市の方』上下、お市の方が現代女性やったら、、て感じ。なにせエキセントリックで思い込みが激しい能力値の低い女性として描かれてしまっている。中途半端に今の時代ではこうだが戦国時代の女性はこうだったのよ的な誰でも知ってるようなプチ蘊蓄がしつこく入っているにも関わらず、その戦国大名家女性のお市を普通の現代ねーちゃん的な思考をさせ、さらにコテコテの江戸以降でもない所謂WW2後な女性視点で描かれるのは違和感、いっそ誰でも知ってるような蘊蓄なしのほうが作者の人物解釈を楽しめると思うが。歴史部分と人物描写を分けて、単に女性向きハーレクインとして読むもんだろうと思うが、うざー。そして人物像が単に私の解釈と全く違うというだけなので、否定はせんがわしゃ嫌いじゃ、、という本でした。
*黒岩重吾『茜に燃ゆ』上下、久しぶりに黒岩本、なんというか黒岩ルポはすばらしいがこういう色気のある内容なのにとても色気が無い文章なのがとてもインタレスティングです(笑)。大化改新後の中大兄皇子大海人皇子額田王を中心に描かれる人間模様。ここらへんの話てほんまロマンよの。井上靖の額田王もっぺん読もうっと。
ここ最近、これはーーーーおもろーーー!!というのに遭遇していないです。ま、アマゾってもないのでノーチョイスで有りものを読んでいるので仕方ないんですが(笑)。

20100208061500386_2015022006212980a.jpg

ま、ええか(爆)

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

The Beauty in the Beast

ミネソタ州ダルース市に来ています。

IMG_0658_2015011600083503e.jpg

オナガガモ(Northern Pintail)
どうしても目が行くのは初動が素晴らしく良いからだと思います。
いつも先陣をきるのはオナガガモ、マガモのほうが遥かに大きいですが機動力でアドバンテージ。

IMG_0708_20150116000839dac.jpg

白変種のマガモが居た。
albinismとは違い Leucism。アルビノとちがってメラニン生産能力が正常なので瞳孔が赤く透けないので目が赤くない。
広義ではカモメもLeucismの集団で、白いちゅうのはそういうことらしい。保護色の一種やねぇ。

IMG_0664_20150116000836823.jpg

ちゅうて白くないサイヤーズの若いの
とてもかわいらしい。

IMG_0679_20150116000837466.jpg

もめているカモとカモメ
ヘリングは美形だが美形が怒ると怖い(あははは)

IMG_0652.jpg

ここにもサイヤーズの若いの
Thayer's Gull(カナダカモメ)



飛んでいるカモメは非常に美しい。
グラウコウス(シロカモメ/Gloucaus Gull)の若いのが混じってました。
しかし、、アイスランドは来ない〜
スペリオールで冷やされた風がビュービュー抜けるので寒いのなんのて、
しゃーないのでたまに車に戻って休憩&暖をとります。

IMG_7059_201501160017057ee.jpg

車の中から空を伺いつつも、お菓子食ってテルモスの中のあったかいコーヒーを飲んで、
そして、本を読む(オイオイ)
"The Beauty in the Beast" Hugh Warwick
ネイチャーウォッチ系英国に住むいろんな動物のストーリーです。英国での動物の接し方てアメリカとは随分違うんですが、おもろいなぁ、と思います。細かくクスリと笑えます。
"There is a very small space between cute and ridiculous, 〜"
”かわいい”と”ぶさいく”は紙一重

20100130070033df9_2015011600170611b.jpg

もうちょっとがんまります。
アイスランドやーーーい。

応援クリツクころもし嬉しです↓
Blog Rankingへ人気ブログランキング

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。